紅葉・RED LEAVES

変化をば

楽しめること

幸せよ

秋の もみじ葉

公孫樹 ( いちょう )

さくら葉

、、、、、、、

明日 死ぬ

いや、今死ぬぞ

このオレは

< 裏をみせ

表をみせて

散る もみじ >

、、、、、、、、、、

錦 にしき

TEACHING OF BUDDHA( 50-10 )

< 11月30日 分です >

『 TRUE   OFFERING

SPRINGS   SPONTANEOUSLY

FROM   ONE,S   PURE

COMPASSIONATE   HEART

WITH   NO  THOUGHT  OF   ANY

RETURN  ,   WISHING  TO  ENTER

INTO   A  LIFE  OF  ENLIGHTENMENT

TOGETHER  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

< 本当の、正しい

《 ほどこし・施し 》>は、

人々の

純粋な 情け憐み深い

同情・同感・共鳴・・の

心から、自然と 湧き出て

来るものであり、

、、、、、

見返り、報い、お返し・・を

思い・願うことは なく、

、、、、、、

ただ

安心・満足・喜びに 満ちて

日々の 務めに精進できるような

《 さとり ・ 光に包まれた 》

生活・世界に

共に 生きようと 願うものなので

ございます。 』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語・解釈、残月 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、

苦しみ・悲しみ

不安・不満 が 無くなるのが

《 さとり 》の生活・世界

《 光明 》の 生活・世界と

いうわけではない、

苦しみは 苦しみの まま

悲しみは 悲しみの まま

受け入れながら

味会いながら

最善を

全力を

誠( まこと )を

尽くすのみで ある。

、、、、、、、

集団的、組織的

社会的、国家的

《 悲しみ・苦しみ 》を

問題に しているのでは

ございません、

あくまで、

< 命 と 心 >の問題であり

《 死 》の問題

< 自分が 死ぬ >という

( 個人的 不安・不満・恐怖

強欲・怒り・あせり・

イライラ・嫉妬 しっと

・・・・・ )

問題の 解決が、

《 さとり・光明 》なので

ございます。

、、、、、、、、、

社会的問題は、

また 考えましょう

つづき ます

紅葉・RED LEAVES

変化を 味会う

心の よゆう

、、、、、、、、

こころ の よゆう とは ?

じぶん から はなれる ?

たいしょう を

すべて うけいれる こと ?

、、、、、、、、、、、

うつくしさ とは

じぶん が きえること ?

、、、、、、、、

うつくしさ は

だれもが おなじ かな ?

、、、、、、、、、

くろい おちば も

うつくしい

( ばくしょう )

、、、、、、、、、、、

NEW FRIENDS ( 28 th )

WELCOME

MY  NEW  FRIENDS,

ようこそ

ともだち

、、、、、、、、、

なんと 黒松くん だ

ありがとう ございます。

、、、、、、、、、、、、

ニューヨーク から

近くの 寺院より

「 若いころ

よく来ましたよ。

ため池 ?

へび さん ? 」

( ございます )

滴水 禅師

峨山 禅師

の お名前が

でました、

牧翁 禅師

無文 禅師

そして

精耕 禅師、

もう どなたも

この世には いない。

小生・愚僧も 消えて行く

でしょう。

なすべき事を なして

いかなくては、・・・

、、、、、、、、、

禅師 も 消えていく

何が 残るのか ?

法( ほう )

真理( しんり )である

、、、、、、、、

< 命と心 > の 真理で ある

この 真理とは 何か ?

不安・恐怖・不信・不満 を 消し

< 心 と 命 >の

喜び・歓喜・安心・満足を

生み出す ものである。

、、、、、、、、、、、

ありがとうございました。

中国人を 相手にしている時

すみれ の 面倒をみてて

くだされ ました。合掌

、、、、、、、、、

その中国人は

《 山水勝處、藝文養心 》と

名刺に 記入してました。

「 ここの ことです

小生の 願いの ことです。」

、、、、、、、、、

《 養心 》とは

どういう ことなのか ?

「 一の 私が

ゼロに 成り

無限と 一に

なること 」かも、ね

ここは 歓喜・至福 なり

文・藝 の 根源かも

しれません。

、、、、、、、、、

駄弁を弄してます

反省 反省、

今日は 運転免許の更新に

行きます、急げ

< 悠々と 急げ >

( はい )

( 人生も )

( はい、

でも むずかしい )

大笑

NEW FAMILY ( 28 th )

WELCOME

MY  NEW  FAMILY

FROM  U.S.A. BY  G.C.C..

NICE  TO  MEET  AND  TALK

THANK   YOU  VERY  MUCH

I   AM  VERY   HAPPY  .

ENLIGHTENMENT  WITH  YOU .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

お舟の 到着

犬アレルギーの お方が乗船

急遽、すみれ を・・・

、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、

SEE   YOU

・ 本年、残り 数回です

『 一時間半で、

目覚めていただく

仏陀に 成って

いただく 』

( うそー )微笑

( ほんとさ )大笑

、、、、、、、

『 一 の 私が

ゼロ 〇 と 成り

無限 ∞ と

一つ に 成る 。』

( なって どうなる ? )

( しりません )爆笑

、、、、、、

< ここから >、

現実世界、現実社会

現実個人 に おける

《 実践・実行 》が 始る。

、、、、、、、、、、、

ほう

どんな ?

、、、、、、、、、、、

つづき ます

NEW FRIENDS ( 27 th )

youkoso

ようこそ

WELCOME

熱烈  歓迎

、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、

台湾より

 

「 三島 由紀夫の

作品を 日本語で読みたいです 」

( フランスの お方 、

日本語ぺらぺら

、お茶・空手家 )

、、、、、、、、、、、

SEE   YOU

 

NEW FAMILY ( 27 th )

WELCOME

MY  NEW   FAMILY

NICE   TO  MEET   AND  TALK

THANK   YOU  SO  MUCH

I   AM   VERY   HAPPY

ENLIGHTENMENT  WITH  YOU  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

この秋は、

渡し船が ありませんでした

台風の 影響だと、思います。

ここは、砂が沢山たまりました。

、、、、、、、、、

紅葉・RED LEAVES

なぜ あかい

はる のためさ

もう いいや

きいろ あかいろ

ぽろり ひらひら

、、、、、、、、、

かくご だぜ

からだ と こころ

ありがとう

いろいろ あれど

おさらばさ いま

、、、、、、、、、、

どこへ いく

どこも いかない

ここにいる

されど しずかに

すべて あいする

、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、

ともだち

FRIENDS  は

午後に いたします。

、、、、、、、

失礼いたします

よき一日でございますように

忠 萬拝

 

TEACHING OF BUDDHA ( 50-9 )

『 NEITHER   IS  IT

A   TRUE  OFFERING

IF  AFTER   THE  ACT

THERE   ARE  FEELINGS  OF

REGRET  OR  OF  SELF – PRAISE ,

A 《 TRUE  OFFERING 》IS

ONE  THAT  IS  GIVEN

WITH  PLEASURE  ,  FORGETTING

ONESELF   AS  THE   GIVER  ,

THE  ONE  WHO  RECIVES  IT

AND   THE  GIFT  ITSELF  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

本当の

《 ほどこし

( 愛情・慈愛・プレゼント

・親愛の情の表われ・・)》は、

、、、、、、、、

行った後で、

後悔( こうかい )したり、

自己満足・自賛 するものでは

ない。

、、、、、、、、、、

《 おこなう 》ことで

喜び、

、、、、、、、

《 おこなう( ほどこし )》

自分自身を 忘れ、

《 おこない 》を 受けた人を

忘れ、

《 おこない

の 内容・贈り物 》を

忘れるもので ある。』

( 仏教聖典からの

引用です、駄駄日本語

残月 合掌 )

、、、、、、、、、

このことは

『 三輪 空寂

( さんりん くうじゃく )』

と言われる。

< 送り手、受け手、その物事・・>

この三つ、三輪に

空寂、こだわるな、と

いうこと。

、、、、、、、、

私たちは、

《 ご恩を 忘れない 》

ことは 当然ですが、・・。

、、、、、、、、

知恩 ちおん

報恩 ほうおん

忘恩 ぼうおん

、、、、、、、、

「 何もすることが ない 」と言う

若者がいる。

ある 96歳の 老翁は

「 報恩 で

オレは 忙しい、

電話で 話せないよ。」

「 はい 」( 微笑 )

、、、、、、、、、

急ぎます。