TEACHING OF BUDDHA( 48-22 )

( 48 – 21 ) は

9月9日です。

重陽の節句 でした。

ちょうど、その日、

また、天変地異( てんぺんちい )の

現代 日本国に おいて、

『 浄土思想・阿弥陀信仰 』の

基礎を 語れたことを

つらい 環境の 方々と ともに

意義深く 感じたいと 存じます。

、、、、、、、、、、

9日からの

天変地異 の 被害が

日本社会では ひどくて、

ゆっくり 時間をとれません

でした。

、、、、、、、、、、、

もしかしたら、

英文を お待ちのお方が

いらっしゃるかも しれないので

今夜、進めたいと存じます。

、、、、、、、、、、、、、、

( 48- 22 )

『 THEY   KNOW

THE  HINDRANCES

AND  DIFFICULTIES   OF

WORLDLY   LIVING   BUT   THEY  KNOW,

ALSO  ,  THE  BOUNDLESS

POTENTIALITIES  OF

BUDDHA,S   COMPASSION  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

< 願い と 誓い >

《 全ての 人々の幸福と

あらゆる存在の 平安 》を

願い誓い、その実現へ

歩を 進める 人々 は

、、、、、、、、、

この世 の

私たちの 人生の

日常生活の、

問題・障害 や 困難・苦労 を

理解し知っては いるけれども、

、、、、、、、、、、、、

仏陀( 生命と心の 真理に覚醒した

存在・また 『 真理そのもの 』)の

《 苦悩 絶望 》に、共鳴共感し

救済( きゅうさい )したい、

しよう という

、、、、、、、、、、、

《 慈悲心 》< 抜苦与楽 >に

無限の力( 可能性 )がある、

という事も、

また、理解し知っているので ある。

、、、、、、、、、、、、

THEY   ARE   FREE  TO

GO  OR  COME  ,

THEY   ARE   FREE   TO

ADVANCE  OR   STOP

AS  THEY  WISH  ,

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

彼らは

< 誓願を 立てた人 >は、

< 菩提( ぼだい )を

( 自分の安心 と

人々の安心 )を

もとめる 人々 >は、

< 菩薩( ぼさつ )さま >は

< ほんとうの わたし >は

< みんな みんな >は、

、、、、、、、、、、、、

「 行く ・ 来る 」

「 進む ・ 止まる 」と

自分の思う ままに 自由である。

、、、、、、、、、、、、、

BUT   THEY  CHOOSE  TO

REMAIN   WITH   THOSE  UPON

WHOM   BUDDHA   HAS   COMPASSION .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

けれども、

彼らは、

仏陀( み仏さま )と共に

慈悲の 心で

皆と共に 生きて行こう、

とするので ある。 』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄駄 日本語、残月合掌 )

、、、、、、、、、、

共に

命 尽きる まで

心 消える まで、

生きていきたく

存じます。

、、、、、、、、

( まだ、

あまり、

役に立ててないぞ。

反省、反省、

精進、精進 )

大合掌

、、、、、

無能  無知

厚顔  無恥

愚僧  萬拝

合掌  握手

、、、、、、、、

お休みなさいませ。

嵐山 残月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です