TEACHING OF BUDDHA ( 47 – 7 )

『 WHATEVER   WORDS

WE   UTTER   SHOULD   BE   CHOSEN

WITH   CARE   FOR   PEOPLE

WILL   HEAR   THEM   AND

BE   INFLUENCED   BY   THEM

FOR   GOOD   OR  ILL  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

このような

いい場合、わるい場合 が

ある、

五組( 五対 )の

色々な 言葉で、

話しかけ られたとしても、

影響を 受けることは 無い。

( いい場合、わるい場合で

わたしの

心は

姿勢は、

態度は

変わらない 。 )

( これは、

むずかしい、大笑。

できたら、

達人 だ、爆笑。

聖人 か ?

だれも、

ののしらないか ?

いや、微笑

バカ か ?

バカ に なれと

それも 大バカが

いい そうです。

超爆笑  )

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

IF   OUR   MINDS

ARE    FILLED

WITH   SYMPATHY

AND   COMPASSION  ,

THEY   WILL   BE  RESISTANT

TO   THE   EVIL   WORDS

WE   HEAR   .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

もし、

私たちの 心が

共感 と 同情 に

満ちている ならば、

、、、、、、、

( 受け入れることが でき、

忍耐することが でき、

過剰の 反応を せず  )

耳にする

あらい・きたない

心のない、

よくない 言葉には、

影響( えいきょう )

されない でしょう。

、、、、、、、、、、、、

WE   MUST   NOT   LET

WILD   WORDS   PASS   OUR

LIPS   LEST    THEY   AROUSE

FEELINGS   OF

ANGER    AND   HATRED   .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

私たちは、

怒り と 憎しみ の

感情を 、刺激し駆り立てる

ような

荒々しい、

乱暴な、

( 狂った )、

わがまま( 自己中心 )な、

言葉を 口から 発してはならない。

( 言葉に くちびる を

使っては 、ならない )

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

THE   WORDS WE   SPEAK

SHOULD   ALWAYS BE

WORDS   OF

SYMPATHY   AND   WISDOM   .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

わたしたちの

話し・語り・交わる

《 言葉 》は、

、、、、、、、

いつも、常に

、、、、、、、

相手に 対する

< 共感・同情・愛情 >と

< 智慧( ちえ )>が

含( ふく )まれた、

《 言葉 ことば 》で

なければ ならない。  』

( 仏教聖典からの

引用です、駄駄日本語

嵐山 残月 、合掌 )

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

わたしたち人間には

言葉に対する、教訓・教え

は、多いです。

客殿に ある プリントも

そうです、また、解説いたします。

、、、、、、、、、、、、

< 智慧 ある 言葉 >とは

何か ?

( 疲れました、またに

いたします。爆笑 )

、、、、、、、、、、、、

また

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です