真心( まごころ )③

新聞記事 に、

ある信者の 手紙によると、

、、、、、、、、、

『  「 自己の 覚醒 」と

「 人類に 救済 」を

掲げ 、若者を 惹きつけた。 』

そのくらい、

若者は 、純粋である

人間は 、すばらしい

、、、、、、、、

自分だけの 利益の 追求なんて

できない。

エゴ には、走れない、

本来は 。

若者も、大人も

みんな、みんな。

、、、、、、、、、、、、、、

「 自己の 利益 」を

追求せよ、追求せよ

追求しあい、競い、争い

結果、

いい世界・いい国・いい社会

いい職場・いい学校・・・

が できる のだから、と

みんなで、急き立てる、

( せきたてる )

( ほうび を みせる )

( きそわせ つかれさせる )

、、、、、、、

お、 いい家庭

お、 いい人間に

なれると とは 言わない。( 爆笑 )

、、、、、、、、、、、、

「 自己の 覚醒 と

人類の 救済 」という

言葉・目的・理念・使命

こころ ざし ・ ねがい

希望 、

、、、、、、、、、

ここを、

自分 の

わたしたちの

社会の

力・動きを 生み出す 元・源

と したいもので

ございます。

、、、、、、、、、、、、、

この世・この世界で

すばらしい ものは、

価値あるものは、

全て、 《 愛情 》

あるもので ございます。

これは、

確かな 、事。

、、、、、、、、、、、、、、

しかし、

若者・わたしたち人間を

苦しめ つづけ

悲しませ つづけ

ているのも、

事実なので

ございます。

、、、、、、、、、、、、

だから、 どうするのか ?

、、、、、、、、、、、

①  古今東西

②  澄心

③  日常生活( 消費・衣食住・・ )

④  社会活動( 生産・職場 ・・ )

⑤  ・・・・・・・

どう バランス良く

どう

、、、、、、、、、、、、

つづき ます

、、、、、、、、、、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です