TEACHING OF BUDDHA ( 46-5 )

( この項は

2回目かもしれません

でも、重要なので

何度でも。 )

『 TO   BELIEVE   THAT

THINGS   CREATED   BY

AN   INCALCULABLE   SERIES

OF   CAUSES    CAN   LAST

FOREVER   IS

A   SERIOUS   MISTAKE   AND   IS

CALLED   THE   THEORY  OF

PERMANENCY  ,

、、、、、、、、、、、、

数えきれない

原因・要素の 集まり

連続によって

生み出されたもの

( 物・人・事・理・・・ )が、

永遠に 存在できると

信じることは、

( わたしたち 人間の )

重大な・深刻な・軽々しく扱えない

ゆゆしき、< 間違い・あやまり・

克服すべきこと >なので

ございます。

、、、、、、、、、

( 仏陀< 目覚めた人 >は )

これを

「 常見( じょうけん )論 」と

名つけ 呼んでいる 。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

BUT   IT  IS   JUST   AS

GREAT   A   MISTAKE   TO   BELIEVE

THAT  THINGS   COMPLETELY

DISAPPEAR  ,   THIS  IS

CALLED   THE   THEORY   OF

NON – EXISTENCE  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

また、

ものこと( 物・人・事・理・・・ )は

完全に 消えて滅して、現れなく

なって しまう、と 考えることも

大きな < まちがい >で ある。

、、、、、、、、、、、

これを

「 断見( だんけん )論 」と

名つけ 呼んでいる。  』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語、解釈、残月、合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、

・ 数えきれない こと

《 無量 》。

はかり きれない こと

考えきれない

・ 「 なら、なんなのさ 」

「 きめこみ、

おもいこむ、

ことは できない 」

「 なら、なんなのさ 」

「 あまり、

ものごと に

( 物・事・人・・・ )

こだわらない  」

「 こだわらない とは

なんなのさ 。

いい かげん ? 」

、、、、、、、、、、、、

また

つづき ます

アザミ です

鹿が 食べていない

棘( とげ )がある。

山芍薬の おもしろい実

、、、、、、、、、、、、、、

仏 曰く

「 有 では なく

無 では なく

生 でも なく

滅 でも ない 」

なら、

なんなのさ ?

人生の 意味は ?

人生の 目的は ?

《 わたし 》は 何 ?

、、、、、、、、

《 わたし 》は

何を したら いい ?

いい 質問 。

先ずは、

質問を 大切に する こと。

( 爆笑 )

、、、、、、、、、

また

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です