TEACHING OF BUDDHA( 42-23 )

( 42-22 )の

残りの 日本語を

仕上げました 。

ちょと 解説文が 長く

なりました。

あえて、ちょと

踏み込みました、

批判に さらされ、

ともに 成長・向上する ために。

( 大笑 )

まだ、まだ 浅いぞ ( 反省 )

、、、、、、、、、、、、、、

『 INDEED   ,

THERE   IS  NOTHING   MORE

DREADFUL   THAN   DOUBT  .

DOUBT   SEPARATES    PEOPLE  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

まことに

《 うたがい

・疑惑 ぎわく 》

《 懐疑 かいぎ 》

《 猜疑 さいぎ 》ほど

( 不安 ・ 恐怖 )ほど

この世に

この 人生に

< こわい もの >は ない。

< よくない もの >は ない。

、、、、、、、、、、、、、、、

THE   BEGINNING   OF   FAITH

WERE LONG   AGO   PLANTED

BY   THE   COMPASSION   OF  BUDDHA   .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

《 信を はじめて

感じた人 》は、

遠い むかしに

以前から

《 み 仏 さま 》の

( 真 心 ・ まごころ )

考え、おみちびき

やさしさ、慈悲 よるので

ございます。

、、、、、、、、、、、、

WHEN   ONE   HAS   FAITH  ,

ONE   SHOULD   REALIZE   THIS  FACT

AND   BE   VERY   GRATEFUL  TO

《 BUDDHA   FOR   HIS  GOODNESS 》 .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

つづき ます

、、、、、、、、、、、、

水鳥さん たち

ご一族かな ?

、、、、、、、、、、、、、、、

ようこそ 元気な 若者たち

( 鎌倉 より )

、、、、、、、、、、、、、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です