TEACHING OF BUDDHA( 42-21)

今、前回分の 日本語が

半分だったので、つづきと

何日か分に

手を 入れてました。

、、、、、、、、、、

ブログの流れは

2つ ございますが

この頃の 内容は、『 信 』

『 信じること 』で

同じ ような事になっている

気が いたします。

、、、、、、、、、、、、、

そして

『 信じること 』を 支える

『 疑うこと 』を

ともに 考えていこうとしています。

、、、、、、、、、、、、、

( 8時過ぎたので

途中ですが 掲載しながら

いたします。

わが ブログの友が

100人くらい いて

くれたら うれしいなー。

欲ですね、反省 )

、、、、、、、、、、、、、、

友人からの メール

「 疑って 疑って、

疑いきれない 何か を

信じる、のでは ないでしょうか ? 」

なるほど、

なるほど、いいですね。

、、、、、、、、、、、、、、、

《 TEACHING  OF  BUDDHA  》

< 42-21   >

二回目 内容です

SECOND  CONTENT

、、、、、、、、、、、、

『 《 FAITH   》 HAS

THREE   SIGNIFICANT  ASPECTS  ,

①  REPENTANCE  ,

②  A   REJOICING   AND   SINCERE

RESPECT   FOR   THE   VIRTUES

OF  OTHERS  ,     AND

③ A   GRATEFUL    ACCEPTANCE

OF   BUDDHA,S    APPEARANCE  .

、、、、、、、、、、、、、、

《 信 》は、

《 人々を、自分自身を

信じること 》は、

《 命 と 心 を

産み出し 守り 育て

何か を 信じること 》は、

《 あらゆる 出来事、

さまざまな 現象、

いろいろな 存在、

ふくざつな 思い、を

離れた

脱した

超えた

< 何か >を

信じる ・

求める

探す

懇願する 》は、

《 ある 偉大なる

何かに

自分を 捧げ

尽くしたい、と

思うこと 》は、

、、、、、、、、、、、

わたしたちの

三つ 意味深い 姿( すがた )

相( そう )・ 形( かたち )

日常( にちじょう )

生活( せいかつ )として

現われる・表われる。

① 懺悔( ざんげ )

反省( はんせい )

悔い改める

( こうかいして あらためる )

( 再生・新生 なり )

② よろこび、歓喜

( 存在する 喜び

所有する 喜びでない

行為する 喜びでない )

( 自分以外の 方々の

よきこと、よき行い

よき心を 賞賛し ほめ

感嘆し よろこぶ )

③ 仏陀・み仏さま・覚者

如来さま・菩薩さま

の お姿・お像・

あらわれ・謦咳( けいがい )

墨蹟( すみのあと )

などに ・・・・・

心が 惹かれる

仰ぎ 敬う

( 貴き 尊像を

敬う、

また、祈り 願い

救いを もとめる )』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄駄日本語・解釈、残月 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、

あとで

( 12日に なりました、反省 )

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

今朝は、零下 10度

沢山 いただきました

雪で 凍ってました。

大合掌

( 大の 男 三人で )

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

上の 三枚は

同じ地点からの、180度

三方向で ございます。

( 京北町より 寒い嵐山、

川の側 だから ? )

、、、、、、、、、、、、、

<   CIRCLE    HERE

空っぽの 心

CROSS    NOW

ありがとう ごめん

I    LOVE   YOU  ,  YOU

どうしてる いっしょに >

JOIN   OUR   HANDS  TOGETHER

ENLIGHTENMENT   WITH    YOU

SEE    YOU    ♬  ♬♬  ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です