TEACHING OF BUDDHA ( 42-11 )

前回と 同じく

二回目の 内容でございます。

、、、、、、、、、、

『 ONCE

THERE  WAS   A  MAN   WHO

GOT  A   THORN STUCK   IN  HIS  FOOT.

HE   FELT  THE   SHARP   PAIN

AND   A   THOUGHT   COME  TO  HIM  ,

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

かつて、

歩いていて、足の裏に

棘( とげ )が 刺さった

男の人が いました。

彼は、するどい 痛みを感じた、

すると、次のような 思いが

湧いて来た。

、、、、、、、、、、、、、

THAT   PAIN   WAS

ONLY   A   REACTION

OF  THE   MIND  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

この 痛み

《 痛い 》という

感じ・思いは 、

単なる < 反作用 >に

すぎない 、と。

、、、、、、、、、、、、、、

・ つまり、

反作用は 反作用であり

《 こころ 》

《 本当の 心 》

《 真の 心 》では ない、

という事で ございます。』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄 日本語・解釈、残月 合掌 )

・ わたくしたちは、

刺激に

感覚に

反応し過ぎている と

いわれます。

疲れやすく なります ( 微笑 )

当然、感じる

しかし、あまり 気にしない

できないよ ( 大笑 )

工夫( くふう )

精進 ( しょうじん )

ある のみ ( 爆笑 )

できないよ

どうしましょ

・・・・・

、、、、、、、、、、、、、、、、

平野神社 の 桜

、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、

I    AM    SORRY

HAVE   TO   GO  OUT  ,  SOON

SEE    YOU    LATER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です