真理の 一つ

雑誌などで、よく引用されています

欧米の 先人の お言葉で

ございます。

よく 講演なのでも

ご紹介されて います。

この正月、見かけました、

やはり、すばらしい。

( 日本語ですが )

、、、、、、、、、、、、、

わたしたちは

・ 信じる事で 若く

疑う事で 老いる

・ 自分を信じる人は 若く

不安を持つ人は 老いる

・ 希望が あれば 若く

失望とともに 老いる

大地より

人々 より

そして、神より

美 と 歓び

勇気 と 雄大

そして、

力の 何かを

心で 感じる 限り

人間は 若い、のである。

、、、、、、、、、、、、、、、

わたしたちは、

死ぬまで 若くありたい

もので ございます。

また、一歩すすめて

若く あるべきで

ございます。

また、

おそらく、

死ぬ瞬間まで、若いなら、

『 死んでも 死なない 』

と、感じおもえること

でしょう。

あこがれます。

、、、、、、

《 永遠の 命 》となったと

表現されたり、

《 解脱・さとり・菩提・・ 》と

いい表わされたりする事かも

しれません。( 微笑 )

、、、、、、、、、、

あらゆる 宗教・

芸術・学問・技術は

ここで いう、

《 疑い 》

《 不安 ( 恐怖 ) 》

《 失望 》を、

解消・克服 するために

あるように 思えます。

あらゆる事から

小さな事から

些細な事から、

《 美しさ 》

《 よろこび 》を

感じきれる

自分・心を 持ててこそ、

、、、、、、、、、、、、

生れて 来た、

いえ、産んでいただいた、

守って いただいた

そして

育てて いただいた、

( 家族・親戚・町内・地域・・ )

( みんな・社会・世界・先人・・)

( 友だち・先輩・先生・師匠・・)。

、、、、、、、、、、、

自分自身を

こう 自覚でき

心から 感謝できるような

気が いたします。

、、、、、、、、、、、、

そのために、・・

つづき ます

、、、、、、、、、、、、、

修道者たち ( 大合掌 )

どん どどん

法鼓は こだます

あらしやま

しんねん しんせい

よろこび あふる

、、、、、、、、、、、、、、、

WELCOME

MY  NEW  FRIENDS

FROM   DJAKARTA ,

INDONESIA

(  ジャカルタ、インドネシア )

WELCOME

MY  NEW   FRIENDS

FROM   IOWA,  U.S.A..

(  アイオワ 、アメリカ )

、、、、、、、、、、、、、、、、

土地神さま

《 松尾 大明神 》なり

、、、、、、、、、、、、、、、

< SDGs の17の ゴール >

⑦ 『 エネルギーを みんな に

そして、クリーンに 』

・ エネルギーの 節約、節約

電気なくても、

暮らせる 覚悟

・『 水は 足り

草も 足るなり

今ここぞ

なにを もとめて

汝、さまよう 』( 大笑 )

・ 足る( たる )

・ 満足( まんぞく )

( 不満なし )

・ 古人いう

《 最低生活

最高感謝 》( 黙 )

、、、、、、、、、、、、、、

時間切れです

また

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です