TEACHING OF BUDDHA(41-2)

『 WHEN   A  MAN   IS  PRACTICING

ARCHERY  ,   HE  DOSE  NOT  EXPECT

QUICK   SUCCESS   BUT   KNOWS

THAT   IF  HE  PRACTICES   PATIENTLY  ,

HE  WILL   BECOME

MORE   AND   MORE   ACCURATE  .

弓( ゆみ )

・弓道( きゅうどう )を

学び・修練する場合・

鍛錬( たんれん )する時、

最初から 的( まと )に

命中( めいちゅう )することは

期待できない、

しかし、忍耐( にんたい )つよく、

目的( もくてき )を あきらめずに、

練習・修練・鍛錬していると、

だんだん、少しづつ

的に 当( あ )たるように

なるので ございます 。 』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語・解釈、残月 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、

道場の 仲間たち・後輩たちは

つらい ことでしょう。

、、、、、、、、

さむい

いたい

ねむい

たべたい

うごきたい

、、、、、、、、

でも、

食事を いただけ

茶 菓 を いただき

夜食の うどん をいただき

深夜の 甘酒を いただき

まことに

ありがたい ことでした

もったいない ことでした

、、、、、、

数百年間の 歴史・伝統に

支えられての 《 修行 》だった

ということを、

改めて 感じ、

涙が 溢れそに なってきました。( 微笑 )

、、、、、、、、、、

みなさまにも、

少しでも 体験していただきたい

そのような

場所を 確立しなくては、、、、。

、、、、、、、、、、、、

どこにでも

あるぞ 。

そうかも。

つづき ます。

、、、、、、、、、、、、、、

午後一時 過ぎから

読経( 法話 )でした、

小生、朱印で 忙しく

仲間に 皆さまだけで 修行して

いただきました。

お傍で 拝聴、

たいしたものです、

臨済禅の フルコースの

読経です。

もう、

みなさん、

自分の葬儀が できます。( 大笑 )

・ 写真撮れませんでした

記録に無い、

しかし、ございました。

証言。( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、

読経後、

《 月待ち 》なされて ました。

なかなか、出て来ません。

すると、・・・・。

、、、、、、、、、、、、、、、

すばらしい、お月さま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です