TEACHING OF BUDDHA ( 41-1)

『 IN   TRAINING   FOR   ENLIGHTENMENT   ,

SOME  MAY  SUCCEED  QUICKER

THAN   OTHERS  .

THEREFORE  ,   ONE  SHOULD   NOT

BE   DISCOURAGED   TO   SEE

OTHER   BECOMING   ENLIGHTENED

FIRST  .

、、、、、、、、、、

《 さとり 》

《 安心 》《 救い 》

《 不安・恐怖 の 克服 》

《 生きている 満足感 》

《 最高 感謝 》

《 自分が 無い 、安らぎ 》

《 天地 との 一体感 》

《 万物 への 慈愛 》

《 生命を 尊ぶ心 》

《 光る に 包まれる感覚 》

《 ・・・・・・・・・  》を

もとめる、

修行( しゅぎょう )

・鍛錬( たんれん )・・に

おいて、

少しの修行者は、

他の人々より 早く

《 安心・満足 ・・ 》を

達成すかも しれない、

しかし、けれども、

わたしたちは、早く 達成する人を

見て、落胆・気落ちし

やる気を 失くしては ならない。 』

( 仏教聖典からの引用です、

駄駄日本語・解釈は 残月、合掌 )

 

、、、、、、、、、、、、、、

伏見 稲荷の

キツネ ちゃんたち

、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、

秋田の高校生たち

ようこそ、ようこそ

、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、

後で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です