TEACHING OF BUDDHA (40-11)

以前 引用した お話です。

面白いので、再びで ございます。

『  THE  PRINCE  ATTACKED

THE  MONSTER  WITH  HIS   FISTS

AND  FEET  BUT  TO  NO  PURPOSE  ,

FOR   THE  MONSTER   CLUTCHED

HIM   IN  HIS  GIANT   ARMS  AND

HELD   HIM  FAST  .

THE   THE  PRINCE   TRIED  TO

USE   HIS  HEAD   AS  A  WEAPON

BUT  IN  VAIN   .   』

(  仏教聖典からの 引用です、

駄駄 日本語は これからです。

秋の行楽時期の ため

なにかと、小用事の

追われています。

なるべく、早くにいたします。 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

まだ、完全な 《 赤 》ではございません

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です