TEACHING OF BUDDHA ( 40-8 )

今、ここ 2日間の 写真に

説明を 加えてました 。

、、、、、、、、、、、、、、、、

『 (  40-7 )

IT   MAKES  MUSIC   ONLY

WHEN   THE   STRINGS   ARE

STRETCHED   JUST  RIGHT  .

わが子 、シャロ―ナ よ。

お琴の 音色は、

その 糸の張り 具合に  よる。

強すぎず、 弱すぎでなくて

こそ、いい音楽が 生れる

ものである 。

THE  TRAINING

FOR  ENLIGHTENMENT   IS   JUST

LIKE   ADJUSTING   THE  HARP

STRINGS  .

≪ さとり ≫

≪ EN-LIGHT EN -MENT  ≫

≪ 心が 軽くなり、

晴れ晴れ とし、

光が 差し込み

静かな 活気に あふれた

境地 ・ 自覚 ・ 気分 ≫

≪ ニルバーナ ( 古代インド語 )

ニル・・・・ 無い・存在しない

バーナ・・・ 炎 ほのを ・ 火

炎 が 消える

激しい 感情・欲望が、

消える こと・

・ < 感情 ・ 欲望 >が

無くなる ことではなく、

自分自身の

日常 わき出て来る

< 感情 ・ 欲望 >に

振り回されない ・ 支配されない

『 心 ・ 魂 ・ 自分 』を

確立することである。

修行上、

まだ 半分である( 大笑 )

え、?

これからさ

え、え、 ?

( 微笑 ) ≫

おさとり を もとめてる 訓練・練習

鍛錬・ 修行 は、

ちょうど この弦 の 張り具合 ・度合い

のように

頑張りすぎても

怠け過ぎても よくなく、

さわやかな 境地・ 気分 には

なれない、のである。

YOU   CAN   NOT  ATTAIN

ENLIGHTENMENT   IF  YOU  STRETCH

THE  STRINGS   OF   YOUR   MIND

TOO   LOOSELY   OR

TOO   TIGHTLY  .

・・・・・・・・・・   』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄 日本語 ・ 解釈 、残月 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

SEE   YOU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です