NEW family . friends(11-29)

WELCOME

MY  NEW   FAMILY

AND   FRIENDS

NICE  TO  MEET  AND   TALK.

ようこそ

YOUKOSO

熱烈 歓迎

、、、、、、、、、、、、、

月待台 と 山門

鐘楼から 山門を

、、、、、、、、、、、

お久しぶり

元気だったみたい、微笑

哲学を 学び始めた彼女

彼は、脳科学。

般若心経の

梵語・漢字・日本読み

現代語・詩・・を渡す

英訳は 忘れてました

種種 ございます。

最後に、

ラーマクリシュナ という

諸宗教を 超越した 人物に

ついて、語り伝える。

また、おいで 。 大合掌

、、、、、、、、、、、、

まだ、いそがしくて

すみません

 

NEW family . friends(11-28)

WELCOME   MY  NEW

FAMILY  AND  FRIENDS

NICE   TO  MEET  AND  TALK

THANK   YOU  .

ようこそ 、ようこそ、

遠くまで

渡月橋から 1000M

階段 坂道 200M

合計 1200M

『 花の山

二町のばれば

大悲閣 』( はせお )

、、、、、、、、、、、、、

あたらしい 家族の写真は

撮り忘れてしまいました。

景色が 美しすぎて ( 微笑 )

反省 。

客殿でも 集中しすぎて ( 大笑 )

忘れてました。

反省 。

、、、、、、、、、、、、、、、、

兵庫から

FROM   BATH ,ENGLAND

バース 、イギリス

尼崎の 仲間

もう、15年以上前から

遊びに来てくれてます。

秋の国宝展には

四回行ったほどの お方です。

いつも

ありがとうございます。

合掌

、、、、、、、、、、

つづきます

帆船( はんせん )・FRIENDS

帆船に 乗り、

日本列島を 一周している

若い友だちがいる 。

長崎 と 熊本から 通信が

ございました。

まさに、嬉しからずや 。

「 海員の訓練は、

昼の肉体の酷使と、

夜の休息に分けられています 。

・・・・・・ 」

外大を 1月足らずで 辞め

哲学を 志向してましたが

船乗りを めざしています。

、、、、、、、、、、、、、、、、

帆船は この山寺と

関係深いです。

帆船 角倉船 なり

東南アジアと 交易(こうえき)

する。

アジアの 仲間が 来てくれました。

ベトナム ・ インドネシア

タイ・中国・香港 。

WELCOME

YOUKOSO

ようこそ

熱烈 歓迎

、、、、、、、、、

東アジアの 平和友好

発展繁栄を 目指しましょう

共に。

、、、、、、、、、、、、、、、

熊本城なり

ありがとうございます

われらが 友よ

十二分に 気をつけて

海の上だから。

合掌

つづきます。

NEW family ・friends (11-27)

WELCOME

MY  NEW   FAMILY  AND

FRIENDS ,

NICE  TO  MEET   AND  TALK .

THANK   YOU   VERY  MUCH

YOUKOSO

ようこそ

熱烈 歓迎

、、、、、、、、、、、、、、

MY  NEW  FAMILY

FROM  U.S.A.  BY  G.C.C..

NICE  TO  MEET  AND  TALK

THANK   YOU   VERY   MUCH .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

朝の 亀嵐峡

、、、、、、、、、、

高校生たち

般若心経 の 《 空の心 》

宮城県 名取より

FLENZE ,  ITALY

イタリア、フレンチェの

おかあさん たち

ようこそ

「 夢窓国師の お庭が好きです。

多治見 にも お寺が・・ 」

「 虎渓山 の 道場です ・・」

国師の 坐禅石が

ここの 境内にございます。

すみれが・・・

ありがとう わん

、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、

本日は、もう一つ

《 無限 の 何か 》⑫

その 昔、

「 ゴミ 拾い

トイレ 掃除 」に、ついて

文章を 書いたことがございます。

、、、、、、、、、、、

「 私たちには

《 無限 の 美意識 》が 必要である 」

という、結論でした。

、、、、、、、、、、、

無限の 、限り無い

ゴミ に対して

挫けない ためには、

心の中に、

外界でなく、内界に、

《 無限 の 美意識 》が

必要である。と 。

、、、、、、、、、、、、

みんな、みんな

美しい 紅葉を 好きになり

愛します。

このことは、

みんな、みんな

《 無限 の 美 》を

もとめて いるように

小生には 感じます。

、、、、、、、、、、、、、

「 その 龍に 乗って

アメリカに おいでよ 」

「  はい  」( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、

かほ かあさん と

お友だち。

いつも、

ありがとうございます。

TEACHING OF BUDDHA( 40-15)

『 THE  TEACHING  OF   THIS   FABLE

IS   TO  ENCOURAGE   DISCIPLES   TO

PERSEVERE   IN   THEIR   EFFORTS

AND   TO  UNDAUNTED

IN   THE  FACE   OF  MANY  SET  BACKS  .

,,,,,,,,,,,,,,,,

この お話 の 教えは、

《 努力・精進 》を 、

屈せずに やりとうそう 、

また、

臆せず めんどうがらず

《 よくない事柄 》を

遠ざけようとする、

弟子・門人・( 仏弟子 )を

元気づけ、

勇気づけ、

はげます

もので ございます 。  』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語・解釈、残月 合掌 )

・ なぜならば、

・・・・・・・ 。

つづき ます。

、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、

《 坐禅 と 写経の 仲間 》

朱印に おわれて、

写真は撮れませんでした。

25分 を 3回( 境内にて )

般若心経 二巻 ( 留学生 )

、、、、、、、、、、、、

「 写経は いくらですか ? 」

「 当然、 無料 」

、、、、、、、、、、、、

ようこそ

犬好き の お方( 中国 )

ベトナム より

、、、、、、、、、、、、

倒木 の 処理

この前の 台風により

奇跡的に トイレは 無事。

ありがたや、ありがたや、

ありがたや、、、。

大合掌

過去の 整理・整頓

大切だ ( 反省 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、

急ぎます

失礼いたします

<   CIRCLE   HERE

CROSS   NOW

I   LOVE   YOU , YOU   >

JOIN   HANDS   TOGETHER

ENLIGHTENMENT   WITH   YOU

・  昨夜、

《 キツネ 》を 見ました。

万歳 歓喜

NEW family ・friends ( 11-24)

ようこそ

WELCOME

YOUKOSO

熱烈 歓迎

、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、

合気道 40年

7段 師範 、合掌

( 和歌山 より )

いいね

お似合いです

ようこそ

秋田より

今日、なんと 3人も

秋田県から

すばらしい

若者たち。

人気お菓子 メーカーの

女性も。

「 ふるさと五島の

塩を 使ってくれてますね、

うれしい 」( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、、

「 御守りは

ありませんか ? 」

( 男性 )

、、、、

彼女も 秋田から

居合わせた、テレビの

撮影隊の デレクターも

秋田出身 。

なんと、まあ。

計、3人

よき 母娘さま

時々、

寄ってくださる お方。

( 大阪、中国・大連 )

ありがとうございました。

「 昨年は

これませんでした 」

( 奈良より )

、、、、、、、、、、、

・ 面白い事に

日本人の 行楽シーズンには

欧米系 の 方々は

極端に 少ないです ( 微笑 )

《 無限 の 何か 》⑪

わたしは 消える

あなたは 消える

彼は 消える

彼女は 消える

150年前に 生きていた

人々は、方々は

全て、全員、消えている 。

どこに、行かれたのでしょう 。

わたしも、

あなたも、

彼も、彼女も、

どこに、行くのでしょう ?

いや、

どこから、来たのでしょう ?

、、、、、、、、、、、、、

ある 、子どもむけ人気 アニメの

テーマ曲を、思い出しました。

「 なんのために 生れて

なにをして よろこぶ

わからない まま

おわる、

そんなのは いやだ 。」 と 。

、、、、、、、、、、、、

『 わからない、まま

おわる 』 のが、

ふつうの 生活かもしれません、

生活に 追われ

本能に 振り回され

世間に 負け

本分を 忘れやすい かも

しれません。

、、、、、、、、、、、、

《 本分 》( ほんぶん )

《 本来の 面目 》( ほんらいの めんぼく )

とは、何か ?

知らないよ ( 爆笑 )

家庭に、 学校に 、 会社に

職場に、 地域に 、

国家に、 世界に 、

、、、、、、、、、

言われる ままに

命令される ままに

指示どうりに、

暗示どうりに、

生活 している 、かも 。

いい、

これで いい 、

しかし、時には、

《 いとこ の 紅葉 》を

《 分身の 山を 川を 》を

なにも 考えず、

見て 味会いたいもので

ございます。

、、、、、、、、、、、、、

音でも いい

山の 谷川の 流れ

その ひびき

、、、、、、、、、、、、、

落ち葉 香りでも

いい

、、、、、、、、、、、

肌に 伝わる 冷気でも

いい

、、、、、、、、、、、、、

《 無限 の 何か 》

知らない

感じてる

生きている

、、、、、、、、、、、、、、

駄弁、饒舌・蛇足、多謝

されど 敬と 愛と ともに

嵐山 朝霧 、合掌

、、、、、、、、、、、、

不可思議

ふかしぎ

考えられない

DO NOT  THINK

CAN  NOT   THINK

WONDER

WONDERFUL

MYSTERIOUS

、、、、、、、、、、、

よき一日で

ございますように

失礼いたします。

寒い、

もっと 寒かろう

合掌 握手

TEACHING OF BUDDHA(40-14)

『 THEN    THE   MONSTER   RELEASED

HIM  AND   BEGGED  FOR   HIS

INSTRUCTION  IN  THE   TRUTH  .

そこで、

おそろしき 怪物は 、

勇気に 満ちた 彼を 離し、

《 真理 》の 言葉・教えを

乞い求めた 。  』

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語・解釈は、残月、合掌 )

・ 《 真理 》 とは 何か ?

色々 あるでしょう。

この場合は、

《 命 と 心 の 真理 》

《 生きている 私

死ぬであろう 私 の真理 》

《 やすらぎ ・ しあわせ に

導く 真理 》

《 恐怖 ・ 不安を

消し去る 真理 》

《 苦しみは あるが

苦しみに とらわれない

真理 》

《 人に やさしく なる 真理 》

《 お腹が ふくれない 真理 》

かもね ( 爆笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、

WELCOME  MY  NEW

FAMILY  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

ベトナム

ハノイ・フエ

ようこそ

高知の高校生たち

同級生( 奥さん )

、、、、、、、、、、、、、、、、

明日( 未来 )

の、ために 。

大合掌

、、、、、、、、、

また

よき一日で

ございますように

<   CIRCLE   HERE

CROSS   NOW

I   LOVE  YOU  ,  YOU   >

ENLIGHTENMENT   WITH   YOU

SEE   YOU

《 無限 の 何か 》⑩

無限 の 何か

永遠 の 何か

不滅 の 何か

を もとめてる

だれもが みんな

もとめてる。

、、、、、、、、、、、、、

これを、

愛( あい )したい

敬( うやまい )たい

尊( とうとび )たい

貴( たっとび )たい

信( しんじ )たい

認( みとめ )たい

まさに、

無限( むげん )なるもの

永遠( えいえん )なるもの

不滅( ふめつ )なるもの を。

、、、、、、、、、、、、

あるのか ?

あるさ

なければ、生きていけないぞ ( 大笑 )

なくても、生きていけるぞ ( 爆笑 )

どっちが ほんとうなのか ?( 微笑 )

、、、、、、、、、、

自分を 愛し

人を 愛し

人々を 愛し

自分を 信じ

人を 信じ

人々を 信じ

生きて 行くのなら

生きて 行きたいのなら

、、、、、、、、、

自分を 嫌い

人を 嫌い

人々を 嫌い

生きて 行くのなら

生きて 行かざる おえないのなら

、、、、、、、、、、、

やはり

紅葉を 見て

流水を 見て

先人を 見て

古人を 見て

また

自然を 感じ

宇宙を 感じ

命を 感じ

魂を 感じ

《 無限なる もの 》を

もとめる 心を

育みたいもので

ございます。

、、、、、、、、、、、、、

駄弁、饒舌・蛇足、多謝

されど、敬と 愛と ともに

嵐山 朝霧、合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、

大悲閣道

、、、、、、、、、、、、、、

ベトナムから

『 感 恩 』かん おん

《 ありがとう 》

宝徳寺さま( 桐生 )

ご朱印

、、、、、、、、、、、、、

ようこそ

また、ね

、、、、、、、、、

失礼いたします