TEACHING OF BUDDHA ( 30-3 )

今夜は 仲秋の 名月

宇宙

( 無限 の 時間

無限 の 空間 )

の 中の

≪ 自分 ≫を

感じたいと 存じます 。

、、、、、、、、、、、、、

それで  どうなるのさ

知らない ので ございます

、、、、、、、、、、、、、、

さあ

嵐山 渡月橋 から

1200 メートル

、、、、、、、、、、、、、

この 距離 が

≪ 関門 ≫で

ございます。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

TEACHING   OF  BUDDHA

『  THE  VILLAGERS   FELL  UPON

HIM  AND   BEAT   HIM   SEVERELY  ,

BUT   HE  WENT  BACK   TO

THE   BLESSED   ONE   WITH

HIS   BODY  STILL   BLEEDING  ,

FALLING  AT   HIS   FEET   AND

THANKING   HIM  FOR   THE

OPPORTUNITY   THAT   HAD   COME

TO  HIM   TO   SUFFER   FOR

HIS   FORMER   CRUEL   DEEDS   .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

ある時、

村人に 取り囲まれて、

ひどく 殴られ、叩かれた 。

しかし、彼は 打たれ 血を流しながら、

世尊( ブツダ ・ 仏陀 ・ 覚者 )の元へ

帰り来て、

< 今までの 冷酷・ 無慈悲の 自分の行いに

より 生じる 「 苦痛 」 >を

< 受け 味会う > 機会( きかい )を

与えて いただいた ことに

感謝したのでした。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

HE   SAID  ,

<   BLESSED   ONE  ,

MY   NAME   ORIGINALLY   WAS

(   NO  HARMING  ),  BUT

BECAUSE   OF  MY  IGNORANCE  ,

I   TOOK   MANY   PRECIOUS   LIVES  ,

AND   FROM   EACH   I   TOOK  A   FINGER,

BECAUSE   OF   THAT   ,

I   CAME   TO   BE  CALLED

<   ANGULIMALYA   > ,

THE   COLLECTOR   OF  FINGERS   // .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

アングリマーラ は、こう述べた。

『 世尊 ( せそん・ 仏さま )、

私は 本来の名前は

< 無害 むがい ・

なにものをも 害しない >で ありながら、

愚かで 智慧がないために、

多くの 尊い 命を 奪い、

指を切り取っていました、

人々からは 指を集める 悪鬼

アングリマーラ( 指鬘 しまん )

と 呼ばれて いました 。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

ようこそ

京都 再発見 の会 さま

大合掌

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

WELCOME   MY  NEW   FRIENDS

FROM   TEL  AVIV-YAFO  ( テルアビブ).

ISRAEL   ( イスラエル)

・ 《 SHALOM  》( シャロ―ム )

HELLO ,  PEACE 、平和

WELCOME   MY  NEW  FRIEND

FROM   KOCHI   ( コーチ). INDIA

I   AM   WORKING   AT  HONG KONG

(  香港 )

魂( たましい ・TAMASII  ・ SOUL  )

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

18   00

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

SEE    YOU

I   HAVE   TO   GO   OUT   NOW .

SORRY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です