TEACHING OF BUDDHA ( 29-9 )

『  BUDDHA   IS   WAITING

ON   THE  OTHER   SHORE  ,  THAT  IS  ,

HIS   WORLD   OF  ENLIGHTENMENT  ,

WHEREIN   THERE   IS

NO   GREED  ,

NO   ANGER  ,

NO   IGNORANCE  ,

NO    SUFFERING  ,

NO    AGONY  ,

BUT  WHERE  THERE  ARE  ONLY

THE   LIGHT  OF  WISDOM   AND

THE   RAIN   OF  COMPASSION  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

向うの岸辺( きしべ )( 彼岸 ひがん )

( 安らぎの場所 ・ こころ ・ 心地 ・・ )で、

仏さま ( 仏陀 ・ ブツダ ・ 目覚めた人 ・・ )は

待っている。

そこは 《 さとり 》

《 理想 の 心 》 《 理想 の 社会 》

《 真理に 支えられた 人々 》 の

世界 である。

そこは、・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

智慧( ちえ ) 光が

照らし そそぎ 、

また、

慈悲( じひ ・ 同情 共感 )の 雨が

人々を やさしく包む ので

ございます。

、、、、、、、、、、、、、、、、

IT   IS   A   LAND  OF   PEACE ,

A  REFUGE   FOR  THOSE   WHO   SUFFER

AND  WHO  ARE   IN  SORROW   AND   AGONY  ,

A   PLACE   OF   REST   FOR   THOSE

WHO   TAKE  A   BREAK

IN   THEIR   SPREADING   OF

THE   TEACHINGS   OF

《 THE  DHARMA (  truth  of  life  and  heart  )  》.

、、、、、、、、、、、、、、、

そこ は、

< 苦悩 の 人々 >

< 悲しむ 人々 >

< 激痛に たえてる 人々 > の

安らぐ 場所である。

また、

< 真 の 僧侶 > が

小休止 して、 寛( くつろ )ぐ所でも

ございます 。 」

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄駄 日本語、 残月 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

お久しぶり

ようこそ ようこそ

台湾 より

( 法話を 聞いてくれて

ました、ありがとう )

TAKE   A   BREAK

寛( くつろ ) ぐ

、、、、、、、、、、、、、、、、、

SORRY

JUST   NOW ,

MUST   GO  OUT   ,

SEE   YOU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です