TEACHING OF BUDDHA ( 27-11 )

『 WHEN  A  FIRE  OF  PASSION   IS

ENDANGERING   THE  WORLD  ,

THE  COMPOSITION   OF  MATTERS   LITTLE  ,

WHAT  IS  THE  IDEAL  FORM   FOR   THE

HUMAN   COMMUNITY   IS

NOT   SO  IMPORTANT   TO  DEAL   WITH  .

≪ 苦悩の 炎 ≫が

( 生・老・病・死 の 苦悩 )

自分の < 心・肉体 >に

迫っている時、

、、、、、、、、、、、、

宇宙の しくみ・ 組み立て が

どうであろうと、  この社会の理想の

すがたが どうであるべきか、

など 重要な 問題では ない、

のでございます。

( 思い、考えて られない )

( いても 、立っても おれない )

( さあ、どうするか ? )

( ここから、

『 題目 ・ 念仏 ・・・ 』

『 写経 ・ 読経 ・・・・ 』

『 坐禅 ・ 修行 ・・・・ 』

が、始る  )

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

A   PERSON   SEEKS   A  PATH

THAT   WILL   LEAD   HIM   AWAY   FROM

<   BIRTH   > <   OLD   AGE  >  <  SICKNESS  >

AND  <   DEATH  >  ,   OR   FROM

<  MISERY  > < SORROW >  <  SUFFERING  >

AND  <   AGONY  > .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

人間 は

≪ 生きる ・ 生れる ≫

≪ 老いていく ( 精神・肉体が 弱り 滅びる ) ≫

≪  病む ( 弱り 朽ち 滅びていく ) ≫

≪  死ぬ

( 弱り ・ 朽ち 滅び 消えて行く ) ≫

ことを

、、、、、、、、、、、、、、、、、

≪ 愁い ・ うれい ≫

≪ 悲しみ ・ つらさ ≫

≪ 苦しみ ・ なやみ ≫

≪ 激痛 ・ いたみ ≫  を

、、、、、、、、、、、、、、、、、

のがれる たい ( さけたい ・こくふくしたい )、

だから

道 ( 方法 ・ 手段 ・ 対策 )を

求める のである 。

、、、、、、、、、、、

( 求めざる おえない )

( あがき、もだえ、苦悩する )

( ここから、

始る  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

つづき ます

すみません

SORRY,

I  HAVE  TO  GO  OUT ,  NOW .

SEE   YOU .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です