< 私たちの 目標( ゴール ) > 5

全てを、

敬い、愛し

ともに 生きて行く

ために 、信じる 。

、、、、、、、、、、、、

何を ?

、、、、、、、、、、、

『  人類は 一家

人間は 兄弟・姉妹

父は お日さま

母は お月さま

万物は お星の 子  』

、、、、、、、、、、、、、、、

え ?

理想 、 夢さ ?

え ?

ちがう

目的 さ

ゴール だ

不可能 、 ありえない

だから、

個人の、わたしの、

快楽 ・ 快適 ・・・の 追究さ

エンジン 全開

思い の 実現

欲しい 物・事・人・・の

獲得さ

なるほど、 なるほど

、、、、、、、、、、、、、、

それに 、 長く生きる こと

できるだけ、

《 自分 》 を 維持すること

え ?

この 《 心 》 いや

この 《 思い 》、 と

この 《 身体 》 いや

この 《 肉体 》 さ 。

、、、、、、、、、、、、、

なるほど 、 なるほど

、、、、、、、、、、、、、

1000 年前 だと

どうだろう ?

そんな 事は、 考えない から

『  快楽( かいらく ) 主義

快適( かいてき )主義

刹那( せつな )主義

である 、

《 私 》《 自分 》で

ございます 。  』

 

いいな

これで いい

、、、、、、、、、、、、、、、、

1000年前

また

1000キロ先 は

≪ 地獄( じごく ) ≫かも

しれない 。

わたしは、

あなたは、

わたしたちは 、

、、、、、、、、、、、、、、、

どうして いるのか ?

、、、、、、、、、、、、、、

阿鼻叫喚( あびきょうかん )

苦悩 ・ 苦痛 ・ 悲鳴

( くのう ・ くつう ・ ひめい )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

天国( てんごく )

浄土( じょうど )

理想世界( りそう せかい )は

ないの か ?

私たち、

《 人類 》は

《 人間 》は

《 個人 》は

《  私  》は

、、、、、、、、、、、、、

作れ ないのか ?

造れない のでしょうか ?

、、、、、、、

まさに、 駄弁

まさに、 饒舌 ・ 蛇足

されど、 敬と 愛と ともに

嵐山 残月 、合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、

ようこそ ようこそ

だんな さまは、 昔( 改修前 )

の客殿を

ご存知だそうです。

「 何度か、 来てます

高野山からの 帰りです 」

大合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

すみれ は、きちんと

よく 手を そろえています ( 爆笑 )

おじょうどは

ちかくに あるぞ

あらしやま

つらい このよに

しばし あそばん

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

無能  無知

厚顔  無恥

愚僧  萬拝

合掌  握手

<   CIRCLE   HERE

CROSS    NOW

I   LOVE   YOU ,  YOU   >

JOIN   OUR  HANDS   TOGETHER

ENLIGHTENMENT   WITH   YOU

[   THE   MOUNTAIN   IS

THE   OCEAN   ,   HOT   IS  COLD  .

NEVER   GIVE   UP .  ]

on   mt.arashiyama

by  a   small   monk

see   you   ♪  ♪  ♪

TEACHING OF BUDDHA ( 28-7 )

『  (  28-6  )

①  THERE   IS   DOUBT  IN

THE   BUDDHA ,S  WISDOM  .

、、、、、、、、、、、、、、、

(   BUDDHA   IS  AWAKENING   TO  TRUTH  )

(   ブツダ とは、命の 心の

真理の自覚<の人> )

・ 真理は、色々な分野の 真理がある

ここでは、「 命 」と「 心 」の

分野 です。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

②  THERE   IS   DOUBT   IN

BUDDHA,S  TEACHING

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

③  THERE   IS   DOUBT   IN

THE   PERSON   WHO  EXPLAINS

THE   BUDDHA,S  TEACHINGS  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

④  THERE  IS   DOUBT   AS

TO  WHETHER   THE   WAYS  AND

METHODS   SUGGESTED   FOR

FOLLOWING   THE  NOBLE   PATH

ARE  RELIABLE  .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

⑤  THERE   IS   A  PERSON   WHO,

BECAUSE  OF  HIS   ARROGANT   AND

IMPATIENT  MIND  ,  MAY   DOUBT   THE

SINCERITY   OF  OTHERS    WHO

UNDERSTAND  AND  FOLLOW   THE

BUDDHA,S   TEACHINGS .

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

①  シッダルタ ( 2500年前 、実在 )の

存在 を うたがい、

真理 を  自覚 した

慈悲 の 智慧 を うたがう。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

②  智慧から

あふれ出た 、慈悲の

姿勢 ・ 態度 ・ 行為

≪ 言葉 ≫を

うたがう

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

③ 「  ブッダ の ≪ 言葉 ≫ 」を

説明する 人 ( 先生 ・ 僧侶 ・・ )を

うたがう

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

つづき  ます

、、、、、、、、、、、、、、

少しだけ  ・・・・・・・・

④   方法に 迷う

信じていいのか ?

これで いいのか ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

まさに、 8月末

まさに、 夏が 過ぎて行く

( ほんとうは、地球が回ってる )

( なにを ? )

( お日さま を )

( らしい 、 微笑 )

( 大笑 )

街角にて

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

< 私たちの 目標( ゴール ) > 4

『  人類 は 一家

人間 は 兄弟 姉妹

父 は お日さま

母 は お月さま

万物 は お星の子  』

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

< 私たち ( 生物 ) >

< 私たち ( 動物 ) >

< 私たち ( 哺乳類 ) >

< 私たち ( 人類 ) >

< 私たち ( アジア人 ) >

< 私たち ( 日本人 ) >

、、、、、、、、、、、、、、、

< 私たち ( 九州人 ) >

< 私たち ( 長崎人 ) >

< 私たち ( 五島人 ) >

、、、、、、、、、、、、、、、、、

< 私たち ( 現代人 ) >

、、、、、、、、、、、、、、、、

< 私たち ( ネット 人 ) >

< 私たち ( ロケット 人 ) >

< 私たち ( ヒコーキ 人 ) >

< 私たち ( デンワ 人 ) >

< 私たち ( テレビ 人 ) >

< 私たち ( ラジオ 人 )

< 私たち ( デンキ 人 ) >

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

≪ 私たち ≫の

しあわせ ・ 満足 ・ 安心

やすらぎ ・・・・・・・・・・

とは、

何なの でしょうか ?

、、、、、、、、、、、、、、

駄弁、 饒舌・蛇足、多謝

されど

敬と 愛と ともに

嵐山 残月 、合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

ようこそ、ようこそ

ご朱印 郵便一家 ( 東京より )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

また

時間切れ

 

TEACHING OF BUDDHA ( 28-6 )

『  THUS   FAITH   IS   FRUITFUL

AND   SACRED  .   BUT ≪  FAITH  ≫ IS

HARD   TO  AWAKEN   IN   AN   IDLE

MIND  .

IN   PARTICULAR  ,   THERE   ARE

FIVE   DOUBT   THAT   LURK   IN   THE

SHADOWS   OF  THE  HUMAN   MIND

AND  TEND  TO  DISCOURAGE   FAITH  .

(   NEXT   TIME  )

、、、、、、、、、、、、、、、、

INDEED  ,

THERE   IS  NOTHING   MORE

DREADFUL   THAN ≪ DOUBT ≫  .

DOUBT   SEPARATES   PEOPLE .

IT  IS  A   POISON   THAT

DISINTEGRATES  FRIENDSHIPS

AND  BREAKS  UP  PLEASANT

RELATIONS  .

IT  IS   A  THORN   THAT

IRRITATES   AND  HURTS  ,

IT  IS   A   SWORD   THAT  KILLS  .

まことに、

私たちの 人の世に、

《 疑い( うたがい ) 》ほど、

≪ 恐( おそ )ろしい ≫ものは、無い。

《 疑い 》は、

人と人、 私と あなた を

彼 と 彼女 を バラバラに

してしまう。

友情を こわし

信頼関係を 引き裂く 、

《 毒 ( どく ) 》であり、

また、

イライラさせ、心を痛める

《 棘( とげ ) 》であり 、

生命を うばう

《 刃( やいば ) 》でも

ございます。    」

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語・解釈、 残月 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

京都府 木津市 加茂町

五重塔 ( 鎌倉 ・ 国宝 )

海住山寺( かいじゅう せんじ )

( 東大寺建立のための 観音寺 )

( 解脱上人  再興  )

、、、、、、、、、、、、、、、、

SORRY

I  HAVE   TO  GO  OUT   ,  NOW

SEE   YOU

< 私たちの 目標( ゴール ) > 3

愛する ために 信じる

信じる ために 愛する

愛して どうする

自分が 消える

信じて どうする

自分が 消える

消えて どうなる

さびしく ないか ?

爆笑

愛して 愛する

信じて 信じる

なんのために

不識 ( ふしき )

不中 ( ふちゅう )

愛して 愛して 愛する

信じて 信じて 信じる

バカ か

バカ さ

、、、、、、、、、、、、、、、、

『  人類は 一家

人間は  兄弟・姉妹

父は お日さま

母は お月さま

万物は お星の 子  』

、、、、、、、、、、、、、、、、

⑬  気候変動に 具体的な 対策を

< 私たちは 滅びるのか ? >

⑭  海の 豊かさを 守ろう

< 私たちは 滅びるのか ? >

⑮  陸の 豊かさを 守ろう

< 私たちは 滅びるのか ? >

⑯  平和 と 公正を すべての人に

< 私たちは 自滅するのか ? >

⑰  パートナーシップ で

目標を達成しよう

< ほんとうだ、これだ >

・ 身辺( しいぺん )から

・  また、勇気だし 一歩

・  捨て身から

・  損得を こえよ

・  考え 過ぎない

それは、 欲 だ

それは、 保身( ほしん )

小さな 実践 おこない

・  保心 ( ほしん ) ? 大笑

保魂 ( ほこん ) ? 微笑

、、、、、、、、、、、、、、

まさに

駄弁 、饒舌・蛇足 、多謝

されど

敬と 愛と ともに

嵐山  残月 、 合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

巌( いわ )に 立つ

松( まつ )の お姿

嵐( あらし ) 山

ようこそ

同じ 九州人 です

なんだか うれしい、

うれしかと です( 微笑 )

テレビで 《 月待犬 すみれ 》 を

ご存知でした。

ご子息は 学生さま( 京都住 )

( 遊びに 来て いいぞ

あそびに こんね 、ただ よ )

、、、、、、、、、、、、、、、

瑠璃堂 ( お薬師さまの 光 )

大合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

WELCOME   NEW  FRIENDS

FROM   SHEFFIELD  シェフィールド

THE  UNITED   KINGDOM  OF

GREAT   BRITAIN  (   ENGLAND  )

[   HOW   LONG  ?

ONE   MONTH   .

OH      ]

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

18  00

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

失礼いたします

末筆ながら よき一日で

ございますように。

無能  無知

厚顔  無恥

愚僧  萬拝

合掌  握手

、、、、、、、、、、、、、

JOIN   OUR  HANDS   TOGETHER

ENLIGHTENMENT   WITH  YOU

<   CIRCLE   HERE

CROSS    NOW

I   LOVE   YOU ,  YOU   >

on   mt.arashiyama

by  a   small   monk

see   you   ♬   ♪♪

TEACHING OF BUDDHA ( 28-5 )

『  IT   IS  FOUNDED   AND  BUILT   UP

OUT  OF   THE   DESIRES   OF

THE   MIND  ,  OUT   OF  ITS  SUFFERINGS

AND   STRUGGLES   INCIDENTAL

TO   THE   PAIN   CAUSED   BY   ITS

OWN   GREED  ,  ANGER  AND  FOOLISHNESS .

≪ 愁い ・ 悲しむ 心 ≫は、

《 個体 維持・拡大 》 の 我欲 、

そして

《 貪り ( むさぼり ) 》

《 怒り ( いかり ) 》

《 愚かさ ( おろかさ ) 》

から 生じる

≪ 痛み ( いたみ ) ≫に

ついて 回る、

≪ もがき ・ 苦悩 ≫に

他ならない、ので ございます。

、、、、、、、、、、、、、、、

MEN   WHO   SEEK  THE  WAY   TO

ENLIGHTENMENT   SHOULD   BE  READY

TO  FIGHT   SUCH   A   MIND   TO

ATTAIN   THEIR   GOAL  .

≪ さとり・ 証 ≫を

、、、、、、、、、

≪ 我執 がしゅう 、を 克服したい ≫

≪  妄想 もうそう 、を 捨てたい ≫

( 自分にたいする

強すぎる こだわりが 嫌い )

( 自分を 捨てて

自分を 生きたい )

( 欲望に 振り回されたく ない )

(  自分だけのために 生きれない )

(  人を 大切にし やさしくありたい )

(  光を 浴びて、

身心を 清め軽くしたい )

( 人として 命をいただいた事を

神仏に 感謝したい )

(  個人としての、

宿命 ・ 業 ごう ・

定め が あるのなら、

今生 こんしょう で

解決し 解脱したい )

(  解脱し 菩提を 得て

神仏になり

一切万物を 守りたい  )

(  絶対の満足 ・ 安心が ほしい )

(  無 だ、絶対無 を )

・・・・・・・・・・・

などを

、、、、、、、、、、、、、

探し 求めて いるのであれば、

自分自身の 心 が

作り出す

自分自身の 心 に

負けないよう、

戦えるよう、

絶えず・いつも、

その覚悟で

その用意で

いなくては ならない

ので ございます 。   」

(  仏教聖典からの 引用です、

駄駄駄 日本語 解釈、 残月 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

・  「  絶対 が ほしい 」

「  え 」

「  永遠 が ほしい 」

「  え  」

「  無限 が ほしい 」

「  え  」

「  欲が 強い

強欲 だぞ 」

「  道 が ほしい 」

「  貪欲 か ? 」

「  それで、 いい 」

、、、、、、、、、、、、、、

「  仏 が みたい 」( 大笑 )

「  神 が みたい 」( 大笑 )

「  みたい 人だけが

人に なれる  」( 爆笑 )

大合掌

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

右端 、京都タワー

もう数年で、見えなくなるでしょう

なぜ ?

樹木の 散髪を しないから

どなたの ?

国民の ( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

梵文、般若心経

友人の 作

( 平成 15年 1月 )

合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

瑠璃堂 ( 禅堂 )にて

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

つづき  ます

今日中に ( 微笑 )

< 私たちの 目標( ゴール ) > 2

『   人類は 一家

人間は 兄弟・姉妹

父は  お日さま

母は  お月さま

万物は  お星の 子  』

の、 気持ちで

の、 気分で

の、 心 で

の、 覚悟 で 、

生きて行く 、

生き続ける 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、

<  目標( ゴール ) > その 2

我執 ・ 個体 ・

宿命 ( しゅくめい )・

個人を はなれて 、

自分を 脱して 、

《 心に 思い えがく事 》

よく 生き抜くために

、、、、、、、、、、、、、、、

⑦  エネルギーを みんなに

そして クリーンに

< 節約 ・ 無駄にしない >

⑧  働きがいも、経済成長も

< ただ、みんなのために >

⑩  産業と技術革新の 基盤つくり

< 目先をこえて、先の先の先・・ >

⑪  住み続けられる まちづくりを

< 子の子の子の子の子・・ >

⑫  つくる 責任 、つかう 責任

< つながっている、目覚めよ >

、、、、、、、、、、、、、、、

つづき ます

、、、、、、、、、、、、、、、、

京都は 日中、

35℃ から 37℃ みたいで

縁側も 熱くなってた そう

です。

(  故郷、日本列島 最西端、

五島列島も

残暑が きついと

母を 介護している 姉が

いっていました。 )

( 私事ながら 、・・ )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

・  龍画伯 、一舟 師

登場、数年がかりで

今の本堂の 天井画を

描いて いただいて

おります。

( 大合掌 )

神道 夢想流 杖術家

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

失礼いたします

また

 

 

TEACHING OF BUDDHA ( 28-4 )

『  IT  IS  NOT  SOMETHING   EXTERNAL

ABOUT   WHICH  THE  MIND   HAS   FALSE

CONCEPTIONS  .   IT   HAS   NO

SUBSTANCE   WHATEVER  .

、、、、、、、、、、、、、、

《 無知 ・ 誤解 ・ 貪欲 ・ 心酔 》は

実在( じつざい ・ 本当に あるもの )

するのでなく、

<( 自分自身 )の 心の 中の >

< 間違った・正しくない ・その時その場 >の

《 思い・気分 》の 表われであり、

《 妄想( もうそう ) 夢想( むそう ) 》の

現われであり、

、、、、、、、、、、

わたしたちは、

< 自分自身の 《 心 》 >に

振り回されては ならない 。

絶対( ぜつたい )

( 変化しないもの )と

思い込んでは ならない 。

、、、、、、、、、、、、、

IT   HAS   COME  INTO  APPEARANCE

BY  THE   PROCESSES   OF  THE

MIND   ITSELF  ,  MANIFESTING   ITS

OWN   DELUSIONS  .    」

(  仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語・解釈、残月 合掌 )

・  わたしたち 人間は

≪ 妄想( もうそう ) ≫

≪ 執着( しゅうちゃく ) ≫

に、振り回され、

苦しみ 悲しみ、

しかも、

一日一日 の

≪ 無責任 ( むせきにん ) ≫さに

より、

より 悲苦を 味会い。

≪  慈悲( じひ ) ≫の

大道( だいどう )を

歩み 生きれず

もがき ・ あがく 、

人生に なりやすい 、

用心したい ものでございます。

、、、、、、、、、、、、、

一日 一生 ( 微笑 、むずかしい )

一日 一善 ( 大笑、 当然だ 。

できない、 爆笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

ようこそ、お久しぶり

空港のお仕事の 男性

( 泉佐野 と 尼崎 より )

SORRY

I   HAVE  TO  GO  OUT   NOW  .

また ごめん

 

< 私たちの 目標( ゴール ) > 1

個人・個人は、

一人・一人は、

おのおの の立場、

状況、

家庭 ・ 仕事 ・ 職場

地域 、

体調 ・ 気分、

今の 人間関係、

今の 精神状態、

今の 経済状況 などに

よって、

≪ 目標 ( ゴール ) ≫は

変化し、変わっつて 行くものだと

存じます。

、、、、、、、、、、、、、、、

以前、お話いたしました

「 ≪ SDG s ≫GOALS  2015  」

を 、時々 思い出して

「 わたしたち 人類の 理想 」の

を 心に 思い描き、

日常生活( にちじょう せいかつ )の

煩雑 ( はんざつ )さ、

個人の < 苦しみ ・ 悲しみ >などを

乗り越えて 行きたいもので

ございます 。

、、、、、、、、、、、、、

また、日々の< 世界情勢 >も

混沌( こんとん )として、

何が何だか ?

頭の中が 、混乱してしまいます。

ここでも、

「 私たち 人類の 理想( 目的 ) 」を

思い起こし、

心に 思い 描いて

心を 安定させ 、安心し 、

心を 燃やして、

生きて行きたいと 存じます 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、

仏教でいう 「 四弘誓願 」

( しぐ せいがん )、

4つの 広く 大きな

≪ 誓い と 願い ≫よりも、

より より、

具体的で

いいもので ございます。( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

①  貧困を なくそう

< オレも 苦しい >

②  飢餓を ゼロに

< お腹が すいた >

③  すべての人に 健康と福祉を

< 体調 悪い >

④  質の高い教育を みんなに

< オレも  若ければ >

⑤  ジェンダー平等を 実現しよう

<  助け合い さ >

⑥  安全な水 とトイレを 世界中に

< 甘えるな 日本人 >

つづき ます

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

お盆の 慌( あわ )ただしさが

治まりましたが、まだ、色々です。

しかし、

≪ 原点 と 終点 ≫を 忘れず

≪  無限 の 心  ≫

≪  無量 の 命  ≫で

生き抜きたい ものでございます。

 

駄弁、饒舌・蛇足、多謝

されど 敬と愛と ともに

嵐山  残月  、合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、

「 このごろ

エゴ と 自我 の

違いが わかってきました。

・・・・・  ・・・・

今朝、ここに 来れて

よかった  」( 女性 )

今から、お互いの 家族で

会食です 。

< おめでとうございます  >

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

WELCOME  NEW   FRIENDS

FROM   VIETNAM  (  SAIGON  )

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

ようこそ ようこそ

18日に 来られた

女性 3人組 の ご友人です

( 横浜より )

静岡 御殿場 付近 出身

でしたら

「 花園 妙心寺 の 法堂 」へ

いかが ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

寺の 若者が

比叡山の あじゃり 様に

お会いしてきました。 ( 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、

今朝、 G.C.C.の

海外からの お客さまが

見えます 、

急ぎます

失礼いたします。

、、、、、、、、、、、

互いに よき一日で

ございますように

TEACHING OF BUDDHA ( 28-3 )

『 THE  WORLD  HAS  NO  SUBSTANNCE

OF  ITS  OWN  .

《 世界 ・ 世間 ・

この世 ・ 現実社会 ・・ 》は、

それそのもの・ それ自体の、

実質( じつひつ )・

実体( じつたい )・

中身( なかみ )を、

持っている わけではない。

( 持ってないのである )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

IT   IS  SIMPLY  A  VAST

CONCORDANCE  OF   CAUSES  AND

CONDITIONS   THAT   HAVE  HAD

THEIR  ORIGIN   ,   SOLELY   AND

EXCLUSIVELY  ,

IN   THE  ACTIVITIES   OF  THE  MIND

THAT   HAS  BEEN   STIMULATES   BY

IGNORANCE ,  FALSE   IMAGINATION  ,

DESIRES   AND  INFATUATION  .

、、、、、、、、、、、、

まったく 《 この世 ・ 世間 ・・・ ・

自分を取り巻く 環境 、状況 》は、

自分の 心の中の、

≪ 無知( 真理に対する ) ≫

≪ 妄想( 自分中心の 思い ) ≫

≪ 欲望( 自己維持・拡大 ) ≫

≪ 心酔( 自惚れ ・夢中 ) ≫で

刺激され 産み出された

( それぞれ・かくかく・独特 の )

原因 と 条件の 集まった

環境( 状況 ・ 境涯 ・・ )、

世界であり、

または、

広大な 原因と 条件に

よって 形成された

≪ 世界 ・ 現実社会 ・・・ ≫

なのである 。  」

(  仏教聖典からの 引用です、

駄駄駄 日本語、残月、 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

・ 心 が 作ったものは

心 で 変えることが できる。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

ようこそ、ようこそ、

不思議や  不思議、

昨日と 同じ、

「 若者 3人、男性、名古屋から 」

( 『 空・ゼロ 』を 伝える )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

《 健脚 祈願 》

仏足跡 の お守り

思案、試行錯誤 中

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

[   JUST   NOW

I  THINK   ABOUT   THE  PEACE.

NEVER   GIVE   UP     ]

<   CIRCLE   HERE

CROSS    NOW

I   LOVE   YOU ,  YOU  >

JOIN  OUR  HANDS   TOGETHER

ENLIGHTENMENT   WITH   YOU

see   you   ♪  ♬ ♬