< 愛するために、信じる > 2

< 愛する ために 信じる >

信じる ために 考える

疑いを 無くすために 、考える

、、、、、、、、、、、、、、、、

< 考える >とは 何か ?

現実から、この世界から

離れる こと 。

今 ・ ここ の 世界から

脱する こと 。

今 ・ ここ の 自分から

間( ま )を 置くこと 。

、、、、、、、、、、、、

今 ・ ここ の 自分 の

≪ 感情 ・ 快不快 ・

好き嫌い ・ 損得 ・ ・ >

から、

縛られない こと 。

すぐ、動かされないこと 。

、、、、、、、、、、、、、、、、

《  愛する  》

《  信じる  》

《  考える  》

《  行う  》

、、、、、、、、、、、、、、、

《  食べる  》

《  休む  》

《  動く  》

《  寝る  》

、、、、、、、、、、、、、、、、

《 坐禅 》 は ?

《 ヨーガ 》 は ?

《 冥想 ( めいそう ) 》 は ?

どこに、

位置づけ れるでしょうか ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

昨日分の ブログに、手を入れてたら

遅くなりました。

カメラ は、別のカバンみたい

後に いたします 。

、、、、、、、、、、、、、、

駄弁、饒舌・蛇足、多謝

されど 敬と愛と ともに

嵐山  残月 、合掌

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

祇園( ぎおん )とは

お釈迦さま との

お話で

人の こころの

すばらしき かな

現代作家( 在京 ) 歴史作品

『 等伯( とうはく ) 』を

読ましていただく 。

絵画師 長谷川 等伯 なり

古本で 安く 、合掌

無窮花 ( むくげ )咲く

夏の京都は

了以( りょうい )さま

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

大合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です