祝 《 武器よ。 さらば 》

( 複数の新聞 6-28

に よります )

、、、、、、、、、、、、、、、、

『  武器よ  さらば 。

争いよ  さらば 。

平和よ こんにちは 。 』

『  我々は 二度と

政治に 武器を

持ち込まない    』

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

国連 監視団は

< 7132 丁 >の

銃器 の 回収を 終えたと

発表 。

放棄された 武器は

平和のために

記念碑に 作り替えられる 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

南米 コロンビア にて

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

すばらしい

お祝いである

一歩 一歩

進めたいことで

ございます。

他の、わたしたち人間が

住んでいる 大地にて 。

 

、、、、、、、、、、、、、、、

酬恩庵 ( 一休寺 ) 京田辺市

・ 恩( おん )に、酬いる( 報いる )

・ 禅師が、師匠の師匠の師匠の師匠

の師匠( 南浦禅師 ・大応国師 )

の道場( 妙勝寺 )跡地に

建立。

輿にのり

八十一 さい

いざ 都

仏心は ここ

忘れる なかれ

、、、、、、、、、、、、、、、、、

境( きょう )を すて

根( こん )識( しき )

すてて

いかが せん

・ この世は 浄土

諸芸に あそぶ

・ 乱世 は 乱世

人は 人なり

、、、、、、、、、、、、、、、、

茶道 の 千 利休 の

師匠が  武野 ・鷗

その 師匠が 村田 珠光 。

茶人  珠光 の

禅の師匠が 一休禅師でした。

お能・ 能楽とも 関係深い。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

失礼いたします

末筆ながら よき一日で

ございますように。

無能  無知

厚顔  無恥

小生  愚僧

合掌  握手

<   CIRCLE   HERE

CROSS   NOW

I   LOVE   YOU    >

[   JUST   NOW

I   THINK   ABOUT   COLOMBIA

VERY   HAPPY    ]

JOIN   OUR   HANDS   TOGETHER

ENLIGHTENMENT   WITH   YOU

on  mt.arashiyama

by  a   small   monk

see   you   ♪  ♪  ♪

< 愛するために、信じる > 1

信じる ・ 疑う  とは ?

、、、、、、、、、、、、、、、

信じながら 、疑う

疑いながら、信じる

むずかしい

だから、やるべし

へえー

すこし ずつ

中途 半端( ちゅうと はんぱ )

優柔 不断( ゆうじゅう ふだん )

いい加減

日和見 主義 ( ひよりみ しゅぎ )

・ 環境、状況、情勢、・・次第

・ 利得 ある か どうか

愛する また 信じる

・ 利得( りとく )とは ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

< 愛するために、信じる >

< 信じきるために、

絶えず 疑い

疑問点を、克服する >

< 愛する ・ 信じる ・ 疑う >

いや、

これが いい。

≪  愛する ・ 信じる ・ 考える  ≫

この 3つを

バランス よく 、保ちたい

もので ございます。

、、、、、、、、、、、、、、、、

そのために どうしたら

いいので しょうか ?

つづき ます

WELCOME

MY  NEW  FRIENDS  , MEXICO

THANK   YOU  VERY  MUCH

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

何を 信じるか ?

色々 あります、あることでしょう。

先ずは、

『  広い 宇宙

小さな 地球

人類は 一家

人間は 兄弟 姉妹

父は  太陽・ お日さま

母は  お月さま  』

信じたい

このようで あらねば ならない。

≪  弱肉 強食 を 止める ≫

≪  世界中の子に、

( 純な心 )を

保てますように。

つまり、一つの価値に

縛られない 心を

育む 生活環境を  ≫

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

無能  無知

厚顔  無恥

小生  愚僧

合掌  握手

<   CIRCLE   HERE

CROSS    NOW

I   LOVE   YOU   >

ENLIGHTENMENT  WITH   YOU

on  mt.arashiyama

by  a  small  monk

see   you   ♬ ♬   ♪

未来( 明日のために ) ⑮

『  広い 宇宙

小さい 地球

人類は 一家

人間は 兄弟 姉妹

父は お日さま

母は お月さま  』

、、、、、、、、、、、、、、、、、

『  荒れた 町

壊れた 家

仲間は バラバラ

家族は つらい

父は  兵隊

母は  疲れ苦しい 』

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

昨日は

携帯電話の 調子が悪い

日本語の プリントのコピー

野菜のため、土の購入

などで、一日バタバタしてました

、、、、、、、、、、、、、、、、

雨なので

午前中、つづき を

したいと 存じます。

昨日の写真の、説明も

してませんでした。

・ 午後 2時 現在

昨日の写真に 説明いれました

少少。

夕刻、京田辺市へ 向かいます

ああ、かの一休禅師さまが

いらした 所だ。

ここにいて、

大徳寺を 再興されました。

なんと。

なぜ、ここに いたのか ?

これも、つづき ます。

、、、、、、、、、、、、、、

つづく

嵐山 残月 、合掌

TEACHING OF BUDDHA ( 26 – 5 )

『  THE  BUDDHA,S   TEACHING  CONTAINS

WHAT  IS  IMPORTANT   TO  KNOW  AND

NOT  WHAT  IS  UNIMPORTANT  .

仏陀( ブツダ ・ 真理に目覚めた命、心 )

( 釈尊 シャカ族 の 聖尊者 ・ 最初祖 )の

教えは、大切な事だけを 語り伝え、

大切でない事は 語り伝えなかった 。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

THAT  IS  ,  IT  TEACHES   PEOPLE  THAT

THEY   MUST  LEARN

WHAT   THEY   SHOULD   LEARN  ,

REMOVE   WHAT  THEY   REMOVE   ,

TRAIN   FOR   WHAT   THEY   SHOULD

BECOME   ENLIGHTENED   ABOUT  .

その 教えは( 言葉 )、

学び 理解し 知らなければ ならない事、

見つめ 見きわめ 明らめ

止め 断たねばならぬ事、

さとり ( 光明 ・ 安心 ・・ )を

味会うために 修めなければ

ならない事 、だけで ございます。 』

 

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

この庭も、

現 日本銀行 にあった

京・角倉家 本屋敷 から 移設

除幕式 前( 微笑 )

平成の了以像

ここ数年は

・ 嵯峨・角倉家 屋敷

現在の 『 花のいえ 』角倉町

の 御殿に いらっしゃいました。

・  先日までは、

祇園に いらっしゃいました。

・  今回、

京・角倉家 本屋敷

( 現在の 『 日本銀行 』 )の

香雲亭に。

・  保津川 開き

3月10日 に、ここ2年

乗船してられます。

・   9月の 高瀬川の 祭りに

参加させていただく 予定です。

・  商店街にも

、、、、、、、、、、、

『  現代を

走りて 尽くす

了以翁

富士に 天龍

駆けて行こうぞ  』

『  はい  』

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

半夏生 、山芍薬

やまのなか

やまみずのみて  やものひと ( 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、

午後に 続けます

信じること と 疑うこと ( 13 )

信じる こと

愛する こと

捧げる こと

手伝う こと

思う こと

、、、、、、、、、、、、、、

疑う こと

憎む こと

奪う こと

無視する こと

忘れる こと

、、、、、、、、、、、、、、

『 人類は 一家

人間は 兄弟 姉妹

父は お日さま

母は お月さま  』

という

言葉 を 《 信じる 》

、、、、、、、、、、、、、、、、

『 人類は 一家

人間は 兄弟 姉妹

父 は お日さま

母 は お月さま 』

という

言葉 を 《 疑う 》

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

愛するために、 信じる

兄弟 ケンカ

姉妹 ケンカ

が、あろうとも 。

・ きれいな 水を

・ あたたかな 食べ物を

・ 子どもに おもちゃ を

・ 幼き子に 学校を

・ ・・・・・・・・・・・

・ ・・・・・・・・・・・・

どうしたら いい ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、

ようこそ ようこそ

ありごとうございます

以上 三画像 は

昨日分です( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、

WELCOME   MY  NEW  FAMILY

NICE  TO  MEET  AND  TALK ,

MEDITATE   WITH  YOU  .

THANK   YOU  VERY  MUCH

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

笑死会 ( 毎月 25日 )

「  6か月 入院してました

笑って 死にたい  」 ( 大笑 )

坐禅 とは ?

死ぬ 練習です

え ?

心 と 体を 捨てる

え ?

「 美しく 生きるために 」

え ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

お久しぶりです

ようこそ 父娘さま

( 東京 )

角倉家の 江戸屋敷の跡地に

行っていただきましたね。

( 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

幽邃( ゆう すい ) ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

末筆ながら よき一日で

ございますように

・ 不平・ 不満・不服 のまえに

一工夫、 二工夫、 三工夫

[   JUST   NOW

I   THINK   ABOUT  THE  WORLD

NEVER   GIVE  UP    ]

JOIN  OUR   HANDS  TOGETHER

ENLIGHTENMENT  WITH   YOU

<   CIRCLE   HERE

CROSS   NOW

I   LOVE   YOU   >

on  mt.arashiyama

by   a  small   monk

see   you   ♪   ♬♬

白沙村荘( はくさ そんそう )

昨日、

白沙村荘 ( はくさ そんそう )

造営 100周年 記念

祝賀会 が 開催 されました。

、、、、、、、、、、、、、、、、、

京都  東山

哲学の道 の側 に

ございます。

現在、正式な 名称は

『  白沙村荘 、

橋本 関雪( かんせつ )記念館

GARDEN   and MUSEUM   』

左京区 浄土寺 石橋町 37

でございます 。

、、、、、、、、、、、、、、、、

橋本 関雪 ( 1883 - 1945 )

日本画家

絵画 創作 のように 庭園を

こつこつ 築きあげる 。

蒐集した 石造美術品 を 配置 。

《 存古楼 》( ぞんこ ろう )という

すばらしい 画室が中央に位置して

ございます。

コレクションを 収納されたという

洋館( 現在、レストラン )も、

小生は、とても すばらしいと

存じています。

、、、、、、、、、、、、、、、、

学生時代から

時々 お邪魔させていただいて

おります。

いつも、有難く存じます

ありがとうございます。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

みなさまも、是非、一度

御体験くださいませ 。

水田の広がる村の中、

30年数年かけての 作品で

ございます。

、、、、、、、、、、、、、、、

絵画の すばらしさは、

語るまでも ございません。

( またの、機会に )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

失礼いたします

末筆ながら よき一日で

ございますように。

・  人間がもとめるもの

水 に、食べ物

愛情 ・ やさしさ

娯楽 ( 微笑 )

そして、

≪ 真 ・ 善 ・ 美 ≫

≪  聖  ≫ 、

、、、、、、、、、、、、、、

≪ 美 ≫とは なにか ?

( 大笑 )

たえず、原点に 、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

今朝は、 あえて

写真( 山寺 )の 掲載は やめてみたい

と、存じます 。

・ 今月 最終の

海外交流日です。

時間切れ、失礼いたします。

嵐山  残月 、合掌

未来( 明日のために ) ⑭

『  広い 宇宙

小さい 地球

人類は 一家

人間は 兄弟 姉妹  』

、、、、、、、、、、、、、、、

『  分からぬ  宇宙

乱れた  地球

人類は  弱肉 強食

人間は  闘争  』

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

『  無限 の 宇宙

有限 の 地球

無限 の 心

有限 の 私  』

、、、、、、、、、、、、、、、、

無限 の 心

有限 の 私

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

無限 の 命

有限 の 我

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

無限 の 無我

有限 の 個人

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

無限 の 真我

有限 の 肉体

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

無限 の 魂( たましい )

有限 の 手足

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

無限 の 友情

有限 の 友達

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

無限 の やさしさ

有限 の わがまま

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

無限 の  ・・・・・

有限 の  ・・・・

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

無限 の  ・・・・

有限 の  ・・・・・   』

、、、、、、、、、、、、、

≪   無限から

有限 の 町へ

遊び来て

無限に 帰る

わたしたち かな  ≫

 

≪  よき 町を

作って 帰り

また戻る

世界は 広い

心は 知れぬ  ≫( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

WELCOME  MY  NEW  FAMILY

NICE  TO  MEET   AND  TALK,

MEDITATE  WITH   YOU  .

THANK   YOU   VERY   MUCH

16名 全員 、なんと

ご一族、ご家族でした 。

すばらしい 御祖 父母 さま。

( お孫さん、高校生 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

若い 仲間が、 遊びに ( 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

至福 夕暮

境心 一致

寂光 世界

勿溺 嵐山

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

失礼いたします

末筆ながら、よき一日で

ございますように

無能  無知

厚顔  無恥

小生  愚僧

合掌  握手

、、、、、、、、、、、、、、、、、

[   JUST   NOW

I   THINK   ABOUT   THE  WORLD  .

WE   NEVER   GIVE  UP   ]

<   CIRCLE   HERE

CROSS    NOW

I    LOVE   YOU   >

on  mt.arashiyama

by  a   small   monk

see   you    ♪♪♪

TEACHING OF BUDDHA ( 26-4 )

「 THE  QUESTION   OF

WHETHER   THE  UNIVERSE  HAS

LIMITS  OR  IS  ETERNAL  CAN  WAIT

UNTIL   SOME  WAY  IS  FOUND  TO

EXTINGUISH   THE  FIRE  OF

BIRTH  ,  OLD  AGE  ,  SICKNESS  AND

DEATH  ,  IN  THE  PRESENCE  OF

MISERY  ,  SORROW  ,  SUFFERING

AND  AGONY  ,

,,,,,,,,,,,,,,   ,,,,,,,,

ONE   SHOULD  FIRST   SEARCH   FOR

A  WAY   TO  SOLVE   THESE  PROBLEMS

DEVOTE  ONESELF   TO

THE  PRACTICE  OF  THAT  WAY  .

この 宇宙が

限りが あろうが、 無限で あろうが、

自分自身に せまってくる、

生 ・ 老 ・ 病 ・ 死 、

今ある、 愁い ・ 悲しみ・ 悩み ・ 苦しみ

の 解決する 方法 ・

仕方 ・ 手段 ・ 道 ( みち ・ 進み方 )を

さがし 見つけ、

その方法 ・ 道 を 、

( 謙虚に ・ 素直に )

聞き・ 読み ・知り ・ 尋ね

学び

全力を 尽くさなければ ならない、

ので ございます 。  」

( 仏教聖典からの 引用です、

駄駄日本語 、残月、反省 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

ようこそ、

苔寺 ・ 鈴虫寺の

帰り道に 、

、、、、、、、、、

馬に 乗って

山を 駆けることが

できるそうです。

いいなー

小生の 夢は

《 乗馬 》です。( 大笑 )

竹が 一日で

200センチ 以上

伸びてます ( 驚き )

、、、、、、、、、、、、、、、

SORRY

I   HAVE  TO  GO  OUT  ,  NOW

SEE   YOU   ♬   ♪♪

6月22日 ( 寛永9年 )

角倉( 吉田 ) 素庵

< 了以翁 嫡子 >

寛永 九年 ( 1632 年 )

6月 22日  命日

春秋 六十 有 二 歳

、、、、、、、、、、、、、、

寛永 九年 < 三月 >

「 我 死すれば 則ち

西山の 麓に 葬り

貞子元の 墓と 書せと 云う、

地理の 書、

風水の 術、

兼学を 以っての 故なり 」

・ あだし野 念仏寺 に あり。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

寛永 八年

「 嵐麓 の 勝境を 択び

読書堂を 構え、常に

門人と 遊憩す 」

、、、、、、、、、、、、、、、、、

寛永 七年

「 羅浮子 に 請い、

先考 碑銘 を 作り、

石に ( ・ )って、

嵐山 大悲閣に 建つ 」

・ 父、 了以翁 17回忌

林 羅山、撰文

建碑

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

『 儒学 教授 兼

両河 転運使

吉田 子元 、 行状 』

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

最後に

『 鶴林 玉露 』という 書物を 読み、

《 理 と 心 の 通じる 》ことを

考えて いたみたいです。

この中には、

「 火 必 有 光 、

心 必 有 思、

聖人 無思 、非 無思也 。

外 無物、 内 無我 、

物我 既 盡 、

心 全 而 不乱  」

、、、、、、、、、、、、、、、、、

・  素庵さま

安らかに お休みくださいませ 。

わたしたちも、

全力を 尽くして

現代を 生き抜きます。

素庵さま、

嵐山 大悲閣の おかげで、

僧侶として どうにか

生きて来れました、

心から 感謝するもので

ございます。

素庵さま

儒学 ・ 道教 ・ 神道

仏教 ・ キリスト教 ・イスラム教

・・・・・・・・

あらゆる 諸学・諸教 から

人類の 人間の

《 心の 学問 》《 心学 》を

築きたいもので ございます。

わたしたち、

個々人の 《 幸福 》の

ために 。

世界 人類 の 《 平和 》の

ために 。

つまり、

< 心 ・ 物 ・ 血 ・ 金( キン ) >

の< 円満 なる 流通 >の ために

≪ 円通 ≫ のために、

≪ 闘争 ・ 貧困 ・ 病気 ・ 不安 ≫

の 解消の ために、

< 命を ・ 心を ・ 己を ・ 力を >

尽くし きりたく 存じます

どうか、

御見守り くださいませ

お導き くださいませ 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

平成 二十九年 ( 2017 )

仏暦 2560 年

現 住持職  道忠  萬拝

信じること と 疑うこと ( 12 )

《 愛する 》ために、《 信じる 》

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

《 愛する 》とは、どういう事 ?

・ 大切に する

・ 守る

・ 手伝う

・ 見つめる

・ 思う

・ 思い続ける

・ 気にする

・ 忘れない

・ 忘れられない

・ ・・・・・・

、、、、、、

・ 自分を 捨てる

・ 自分の ために、しない

・ 自分の ために、できない

・ 自分を ささげる

・ ・・・・・

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

≪ 永遠 ( えいえん ) ≫

≪ 無限 ( むげん ) ≫

≪ 無相 ( むそう )

( 形の無い もの ) ≫ を

、、、、、、、、

知る者 のみ が

求める者 のみ が

信じる者 のみ が

、、、、、、、、

≪ 瞬間 ( しゅんかん ) ≫

≪ 有限 ( ゆうげん ) ≫

≪ 有相 ( うそう ・ 形あるもの ) ≫を

、、、、、、、、、、、、

愛する ことが できる。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

駄弁、 饒舌・蛇足、 多謝

されど、敬と愛と ともに

嵐山  残月、 合掌

次の次の 世代

大合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

節子 大姉 さま

「 心から

感謝いたしております

ありがとうございます 」( 合掌 )

五十鈴 大姉 さま

「  心から

感謝いたしております

ありがとうございます 」

、、、、、、、、、、、、、、、、、

京都  二条城

清流園 内

香雲亭 ( こううん てい ) より

・  詳細 ご案内は 後日

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

末筆ながら  よき一日で

ございますように 。

失礼いたします

無能  無知

厚顔  無恥

愚僧  萬拝

合掌  握手

<   CIRCLE   HERE

CROSS   NOW

I   LOVE   YOU   >

on  mt.arashiyama

by  a  small   monk

see   you   ♬ ♬   ♪