PICTURE 2 – 29 – 2016

       [   THE   TEACHING   OF   BUDDHA    ]  
    <   HUMAN   DEFILEMENTS   AND
              BUDDHA ,S   VOWS   >  NO,  23

   <   わたしの 心の チリ と アカ 、
    心の奥の奥の奥の奥の 《 何か 》
   ( み仏さまの、やさしい 誓願 )

  「 ENLIGHTENMENT    EXISTS   SOLELY  BECAUSE
      OF   DELUSION   AND   IGNORANCE  .
       IF   THEY   DISAPPEAR  ,   SO   WILL  ENLIGHTENMENT.

        AND   THE   OPPOSITE   IS   TURE   ALSO  ,
      THERE   IS   NO  ENLIGHTENMENT   APART   FROM
       DELUSION    AND   IGNORANCE  ,   NO   DELUSION
       AND    IGNORANCE   APART   FROM   ENLIGHTENMENT  .

      < さとり >( 安らぎ ・ やさしさ )は、
  《 妄想 ・ 思い違い ・ 思い込み ・・・・ 》
  《 無知 ( 正しい 道理 みちすじ ・ 真理を知らない )》
  ことが 、あるから < さとり >( 理想の 心 )が
  あるので あって 、

  《 妄想 》《 無知 》が なくなれば、
  < さとり >も なくなる 。

    ・ 《 妄想・ 無知 》 を
     < 迷い ( 惑い )・まよい、まどい >という。

    ・  どうしたら いいのか わからない 事
    ・  判断 ・ 決定 できない 事
    ・  ためらい・ まごつく 事
    ・  こころ を うばわれる 事     

   迷い を はなれて  覚り( さとり )なく
   覚り( さとり )を はなれて 迷い は ない 。

   ENLIGHTENMENT    HAS   NO   DEFINITE   FORM
     OR   NATURE   BY   WHICH   IT   CAN   MANIFEST
     ITSELF   ,   SO   IN   ENLIGHTENMENT   ITSELF  ,
     THERE   IS   NOTHING    TO  BE   ENLIGHTENED  .

    < さとり >( やすらぎ ・やさしさ )には
  きまった 形( 相 ・すがた )や 性質 が無いから 、

 < さとる ( 悟 ・ 覚 )>ことは あるが、
 ( 自覚 する が )
 < さとらる もの >は 無い 。     」

(  仏教聖典からの引用です、
        日本語 ほぼ 残月 合掌 )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   ・  < さとられる もの >は 、
     各自、各々、おのおの 、
     状況・環境・
     天命・使命 、役割は
     ちがますから、
     おのずと 、異なることと
     存じます。

      ≪ さとる ≫ことが
    『 人間の 天命 』です が、

   < ( やすらぎ と やさしさ  )の
      自覚・体得する こと が
      天命であり 、
      他は 全て 枝葉である 。 >

     その過程で 、
     色々なことを
     経験し、経験させられ、
     体験し、体験させられながら
     ・・・・・・・・
     ・・・・・・  ・・・・・・

     

     どなたも みんな
     この方向の 道を
     進んでいます 。

    ・  世界中の 人間の
     < 衣食住 >の 安定が
     なされて いない 今 。

       大きな声で
          語れない。

       せめて、個人の身辺から
     進めたいもので ございます。

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   003.JPG 

      イノシシ の 侵入です ( ああ )

   001.JPG

         ようこそ 、ようこそ ( 大阪から )

  、、、、、、、、、、、、、、、

   008.JPG 

   010.JPG

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   014.JPG

   004.JPG

   [    JUST    NOW
             I   THINK   ABOUT    PARIS   AND   SYRIA
                      SPRING  ,   SPRING   ,  SPRING    ]

               GOOD   DAY
                 GOOD    LUCK

                HANDS    TOGETHER

          <   ENLIGHTEN  MENT    WITH   YOU    >

            a   small   and    little   monk

               SEE    YOU   AGAIN    ♪  ♪♪

                    &nbs
p;               ]

< INFORMATION > 2 – 29 – 2016

       <    INFORMATION     > 

    ・ 9  DAYS   『   CLOSE   』

  .   UNDER   CONSTRUCTION
      《 ROAD  》 TO  THIS  TEMPLE

         about   1ooom

    、、、、、、、、、、、、、、、、

         2 –  29 (  MON  )    CLOSE  1
         3 –    1                   CLOSE  2
                 2                   CLOSE  3
                 3                   CLOSE  4
                 4                   CLOSE  5

                 5 (  STA )      OPEN
                 6 (  SUN )      OPEN

        3 –    7  (  MON )     CLOSE  6
                8                    CLOSE  7
                9                    CLOSE  8
              10                    CLOSE  9 (  last  )

       3 –   11  ( FRI  )       OPEN
              12  ( STA )       OPEN
              13  ( SUN )       OPEN

    
     ・   I   AM   VERY   SORRY  .
             SEE   YOU   ・・・・・・

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   <   CIRCLE    HERE
                CROSS    NOW
                    WE    LOVE   YOU  >
        on  mt.arashi   with  dragons

        by   a  small   monk ,zangetu
                     嵐山  残月 、 合掌

      

2月28日(日)  随想 12


  質問  「 昨日の 詞 は 引用ですか ? 」  

  迷答  「 自作です 、
        でも、 自分と 言いましても
        不変の自分は 無いですし
        無限の 、無量の 、無料( 微笑 )の
        条件・原因・状況・環境 の中で

        生かされていますので、
        厳密には 、
        < 自作である、 しかし 自作でない >
        < 自作でない、 しかし 自作である >
        ( 大笑 ) 。

        評価 は 、恥じるだけ、
        責任 は 、ございます 。
      ( どなたかを、 苦しめたり
        悲しめたりしたら、 悪であり・
         罪です。 注意いたします 。)

        一昨日、昨日を 見てみます 。

        《   気 を 澄まし
           心 を 深め
           思い  切り
           生きてみたいな
           この世界かな

            気 を 正し
           心 を 広め
           思い  断ち
           生きてみたいな
           この世界にて

            気 を 合わせ
           心 を 捨てて
           思い  無し
           生きてる みたい
           死んでる みたい ( 大笑 ) 》

        《    こだわりや
           こだわりこそが
           わたしなり
           おおきな わたし
           おおきな ほとけ ( 微笑 )

      
            こだわりて
           こだわりつくし
           のりこえる
           こだわりつくし
           無我をあじあう  ( 大笑 ) 》

           一応、
         < 5 7 5 7 7 音 >に
          合わせて いるつもりです。
           ( 成ってしまう )( 微笑 )

          自然 の リズム
          心 の 調子
          命 の 旋律
          なの でしょうか ?

          日本人 特有なのでしょうか ?

          日本文化( 歴史 )には
         < 道歌 >< 和讃 >の伝統が
          ございますが、
          異端でしょうが、そのような流れ
          かもしれません ( 大笑 ) 。

          本日は、
         ( 気まま に 、
           心 のままに 、思いのままに )
          いたしました ( 微笑 )

          < いつもでは ないか >
              (   爆笑   )    」

     駄弁 駄歌、饒舌 蛇足。 多謝
        敬と愛とともに
   
       愚僧 萬拝

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   004.JPG

       裏の 斜面の 椿の大木( ? )

   013.JPG

        桃 (もも) 梅(うめ) 桜(さくら )、合掌

            まさに 三春 ( 微笑 )

  005.JPG

      WELCOME   MY  NEW   FRIENDS
                  FROM   PHILIPPINES   AND   INDIA

                   NICE   TO   MEET    YOU

    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

    001.JPG

              当寺の ありがたい 
         居士・大姉さま ご夫婦  ( 合掌 )

 002.JPG

   「 愛犬の供養のために、・・・・ 。
      ペット ロス です・・・  」 ( 合掌 )

     ようこそ 、 ようこそ

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 009.JPG

     おかめ桜 と 白梅( 13歳 )

 029.JPG

     日日 精進 、あるのみ  ( 大合掌 )

 025.JPG

     失礼いたします
   末筆ながら よき一日で ございますように

  ・ < 私利私欲 >は 武士の 恥
    < 私利私欲  >は 菩薩の 罪
    < 私利私欲  >は 人間の 業
    < 私利私欲  >は 本心の 苦

    < 私利私欲  >は 自我の 喜
    < 私利私欲  >は 自分の 楽

   ・   ONE   IS    ALL
                ALL    IS    ONE

    
            I    LOVE    ONE
                I    LOVE    ALL

                ?   ?   ?

    [    JUST    NOW
             I   THINK   ABOUT   PARIS   AND   SYRIA
                  NEVER   NEVER   GIVE   UP    ]

        厚顔  無恥 
     愚僧  萬拝

PICTURE 2 – 27 – 2016

   [    THE    TEACHING    OF    BUDDHA    ]   
<   HUMAN    DEFILEMENTS   AND
        BUDDHA ,S    VOWS   >   NO ,  22

<    わたしの 心の チリ と アカ 、
    心の 奥の奥の奥 の 何か  
   ( み仏さまの やさしい 望みと 願い ) >

   ・ 心 …. 意識
  ・ 心の奥 …. マナ識
  ・ 心の奥の奥 …. アラヤ識
  ・ 心の奥の奥の奥 …. アンマラ識
         

 「   THINGS    DO   NOT   COME   AND   GO  ,
       NEITHER   DO   THEY   APPEAR   AND
       DISAPPEAR   ,   THEREFORE   ,   ONE   DOES
       NOT   GET   THINGS   OR   LOSE   THINGS  .

         全てもの( 物 人 事 理 利 ・・・・・・ )は、
   < 来ることもなく 、去ることもなし >
   < 生じることもなく 、 滅することもなし >
    したがって、
   全てに 対して、
   < 得ることもなく 、失うこともない >のである。

     ・ このように 思うと 
      心の チリ と アカ が 減っていきそうな
      気が いたします 。

     < 強欲 >も < 怒り > も 
    < 怠け( なまけ )>
     も 、感じ  持つことが 無くなって 
     いくかもしれません 。

    TO   ADHERE   TO   A   THING   BECAUSE   OF
      ITS   FORM   IS   THE   SOURCE   OF   DELUSION  .
    IF   THE   FORM   IS   NOT   GRASPED   AND
      ADHERED   TO  ,   THIS   FALSE   IMAGINATION   AND
      ABSURD   DELUSION    WILL   NOT   OCCUR  .

        ENLIGHTENMENT    IS   SEEING   THIS   TRUTH
      AND   BEING   FREE   SUCH   A    FOOLISH 
       DELUSION   .

          < もの >に 、執着( しゅうちゃく ・ こだわる )
    するのは 、< 思い違い ・ 妄想 >の
    源(みなもと)である 。

     もし 、
    < もの >のありさま( 姿・相・形・型・・・・)
    を見ても、 ぎゅとにぎりしめ・ とりつかなければ
    ( 執着しなければ )、あやまった想像や
    道理に反した
    妄想は おこらない。

     < さとり >
    ( 清く こだわり の ない心 ・ 慈悲の心 )
    ( 光に てらされた 身心 )とは
     正しい 道理( 真理 )を 見て 、
     このような 、おろかな 妄想から
    ( 余計なことは 考えること )
    ( はからい の 心 ) 離れることである 。」

   ( 仏教聖典からの 引用です。
            愚日本語  残月  )

       こだわりや
      こだわりこそが
      わたしなり
      おおきな わたし
      おおきな ほとけ ( 微笑 )

       こだわりて
      こだわりつくし
      のりこえる
      こだわりつくし
      無我をあじあう  ( 大笑 )

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   001.JPG

   014.JPG

   018.JPG

   009.JPG

   013.JPG

       ありがとうございます。
     先の戦争について、色々教えていただく 。
    ありがとうございました 、
     いい国家・いい世界を 築きたいもので
       こざいます。 ( 合掌 )

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   020.JPG

        
   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   [     JUST  NOW
          I   THINK   ABOUT   PARIS   AND   SYRIA  .
               NEVER   GIVE   UP   THE   WORLD  .    ]

      <   CIRCLE   HERE  ,   CROSS   NOW
                 WE    LOVE   YOU     >
        on   mt.arashi    with   dragons

       ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

        GOOD     DAY
           GOOD    LUCK

          HANDS    TOGETHER

      <    EN   LIGHT  EN   MENT ,   WITH  YOU    >

       
a   small   and   little   monk

          SEE   YOU   AGAIN    ♪   ♪♪
 

2月26日(金) no,2 、  随想 11

   気のままに 
 生きていけるか
 この世界
 きびしい 自然
 命は 弱し

  心 まま
 生きていけるか
 この世界
 千変万化( せんへん ばんか )
 千差万別( せんさ ばんべつ )

  思い まま
 生きていけるか
 この世界
 複雑怪奇( ふくざつ かいき )
 矛盾葛藤( むじゅん かっとう )

 、、、、、、、、、、、、、、、、

  気を 澄まし
  心を 深め
  思い 切り
  生きてみたいな
  この世界かな

  気を 正し
  心を 広め
  思い 断ち
  生きてみたいな
  この世界にて

  気を 合わせ
  心を 捨てて
  思い 無く
  生きてるみたい
  死んでるみたい ( 大笑 )

  駄弁 駄歌、 饒舌 蛇足 、多謝
 されど、 敬と愛と ともに

   残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  005.JPG

  004.JPG

  003.JPG

     ことば すて   
      うごきを たちて
       ただござる
        春の光が 心を照らす
              ( 合掌 )
   、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  007.JPG

  008.JPG

  015.JPG

      鐘楼(しょうろう)の屋根 と
           緑色の道心池

  014.JPG

     京都タワー
   ( 樹木が 剪定伐採されず、どんどん
      見えなくなってます 。
       人間の怠慢か? 自然のことか? )
    鐘楼屋根の 撮影の所と 同じです。
   < 客殿 縁側、左端 
         ( もう限界 )( 微笑 )>

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  021.JPG

   [   JUST   NOW
         I   THINK   ABOUT   PARIS  AND  SYRIA
               I    LOVE   OUR   THE   WORLD .  ]

        失礼いたします
  末筆ながら よき一日で

  ・ 気のままや 
     心のままを 
       やめてみる 
         思いのままも
          やめる この春
              ( 大笑 )

  ・ < 私利私欲 >は 武士の恥
    < 私利私欲 >は 菩薩の罪
    < 私利私欲 >は 人間の業
    < 私利私欲 >は 本心の苦

    < 私利私欲 >は 自我の喜

    厚顔  無恥
      愚僧  萬拝
   

  

2月26日(金) no,1  緊急< 休日 >の 連絡

   
     、、、、、、、、 、、、、 お知らせ 、、、、、、、、、、 

     緊急< 閉門 ( お休み ) >日 
        9日間 だけ です。  

   ・ 「 大悲閣道 」 改修工事のため 
    非常に 残念ながら 公開中止と 
    なります 。

   2月 29日 ( 月 )
   3月  1日 ( 火 )
        2日 ( 水 )
        3日 ( 木 )
        4日 ( 金 )

    公開<   5日 ( 土 )>開門
    公開<   6日 ( 日 )>開門

        7日 ( 月 )
        8日 ( 火 )
        9日 ( 水 )
       10日 ( 木 )までの

      9日間で ございます 。

    どうか、御理解、御容赦を
   衷心より お願い申し上げます 。

        住職  合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

       小生 は 、久方ぶりに
     ・ 渡月橋 上 の 托鉢

     ・ 鹿・イノシシ よけの
       柵作り 

     ・ 竹 を いただく 
       段取り  など

     いたす 所存にございます。

    何か ご用がございましたら
 <    090 2062 9710  >
       まで   
     お気楽に 、どうぞ

        嵐山 残月

    

PICTURE 2 – 25 – 2016


     [    THE   TEACHING    OF   BUDDHA     ]     
  <    HUMAN    DEFILEMENTS
             AND    BUDDHA,S    VOWS  > NO,  21

  <    わたくしの 心の チリ と アカ 、
      みホトケさまの やさしい 心 
    ( 心の 奥の奥の奥の 何か ) >

  「  JUST   AS   TREASURES   ARE   UNCOVERED
      FROM   THE   EARTH  ,  SO  VIRTUE   APPEARS
      FROM   GOOD   DEEDS  ,  

        AND   WISDOM   APPEARS   FROM   A   PURE
      AND    PEACEFUL   MIND  .

         宝石は 大地から 生まれ 、
     人徳( 人間の 価値 )は 、善から 現われ
     智慧( ちえ )は 、< 清らかで 静かな 心 >
     から 、生みだされる 。
     

        TO   WALK   SAFELY    THROUGH   THE   MAZE
     OF   HUMAN   LIFE  ,   ONE   NEEDS   THE   LIGHT
     OF   WISDOM    AND   THE   GUIDANCE   OF   VIRTUE  .

    広い 迷いの路 ( 迷路 )のような人生を、
  無事に 歩んでいくためには < 智慧の 光 >と
  人徳 ( 人間の価値 )を 大切に しながらで
  進むこと ある 。

       THE    BUDDHA,S   TEACHING   ,   WHICH   TELLS
     PEOPLE    HOW    TO   ELIMINATE    GREED  , ANGER
     AND    FOOLISHNESS   ,   IS   A   GOOD   TEACHING
     AND   THOSE    WHO   FOLLOW    IT    ATTAIN    THE
     HAPPINESS    OF   A   GOOD    LIFE   .

    むさぼり ( 貪欲 ・どんよく ・ 強過ぎる欲望 )と
   怒り( いかり )・ おろかさ ( 愚かさ ・真理をもとめない )
   という
    わたしたちの 心の 毒( どく・ 身心を苦しめるもの )を
   取り除きなさい、捨てなさい という 大覚者 ( 仏 )の
   言葉は よい教えであり 、その 道を進むものは 、
   よい生活という 幸福を 味会うことが できるのである。」

   (  仏教聖典からの 引用です。
          愚日本語  残月 、合掌  )

     ・  三毒 < 貪 ・ 怒 ・ 愚(痴) >

     ・  三学 < 戒 ・ 定 ・ 慧 >

     ・  三観 < 仮 ・ 空 ・ 中 >
         現象世界を どう考えるか ?
         に、ついての 一つ考え( 思想 )

   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

      008.JPG  

      003.JPG  

     WELCOME    MY   NEW    FRIENDS
          (  STUDENTS   ) FROM   SAO  PAULO , BRAZIL

       004.JPG

     011.JPG

     010.JPG 

          「  ひろし くん 、久しぶり  」
   十年以上前に 亡くなった 、愛犬 タロウを
   よく可愛がってくれました。

    『  タロウは どこで 眠ってるですか ? 』
    「  ありがとう、 こっち です  」

    009.JPG

     この春 、社会人に なります 。
    <  おめでとう ございます  >

     「 仏さま、 ご両親に 感謝の
        お線香を ・・・・・・・  」  「 はい 」

          ( 微笑 )( 合掌 )

    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

  [      JUST    NOW
              I   THINK   ABOUT   PARIS  AND  SYRIA  .
                  NEVER   GIVE  UP    ME     ]

   <    CIRCLE    HERE   ,   CROSS   NOW
            WE    LOVE    YOU    >
         on   mt.  arashi   with   white  dragon

  <     仮 ・ 空 ・ 中  >

   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

         GOOD     DAY
            GOOD    LUCK

          HANDS    TOGETHER

    <    EN –  LIGHT –  EN –  MENT    WITH   YOU    >

         a   small   and   little   monk

        SEE    YOU   AGAIN    ♪  ♪♪   ]

2月24日(水)  随想  10

     「 気 の まま 」 に  
   手足 うごかす
   おもしろや
   指が 五本も 
   いとありがたや

   「 心  まま 」 
   感じています
   この 自然
   雨も嵐も
   美しきかな

   「 思い まま 」
   生きて いますぞ
   この 世界
   一万年の
   恩を 返すぞ

  、、、、、、、、、、、、、、、

   「  気 の まま 」 に
  動いてくれる
  肉体( にくたい )を
  甘え無くして
  鍛えて 守る
    

   「 心  まま 」
  感じる 自然
  たのしいな
  自然の 子ども
  わが 心かな

   「 思い まま 」
  生きて いきたい
  この 世界
  一万年を 
  感謝し 学ぶ

 、、、、、、、、、、、、、、、、

  「 気の まま 」に
 手足 動かぬ
 この つらさ
 くさるな  思い
 まけるな  心

  「 心 まま 」
 感じきれない
 この 自然
 この 悲しさに
 まけては ならぬ

  「 思い まま 」
 生きれぬ 世界
 苦しいよ
 < 自分 >をすてて
  ( 感謝し 学ぶ )
 世界に まけぬ

   つづき  ます

 駄弁、駄歌、 饒舌、蛇足 。 多謝

   されど 敬と愛とともに
     残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  003.JPG

       ようこそ 、ようこそ

  001.JPG

       いい若者たち  

  002.JPG

      大学生たち ( 東京から )

     「  よく 来てくれましたね  」
     「  友達に すすめられました。
       京都に 行くなら、 ここから 、と 」
     「  おお   」

       ・ 空の 思想を 伝える
       ・ ガンジ― の 思いも 

  012.JPG

     WELCOME   MY   NEW   FRIENDS
                    FROM    AUSTRALIA

               北海道 で  雪上 スポーツ です。
         いいな 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  010.JPG

       寒肥え と 移植 を 、・・・・

      すみません、ありがとうございます。
                ( 大感謝 )

  022.JPG

       水面に  
         雲と 青空   春が来る

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    [     JUST    NOW
              I    THINK    ABOUT   PARIS   AND   SYRIA
                              HANDS   TOGETHER     ]

        <   CIRCLE    HERE  ,   CROSS   NOW
                      WE    LOVE   YOU    >
         on   mt.arashi    with   white   dragon

    024.JPG

          街角にて

   失礼いたします
  末筆ながら  よき一日を

  ・ < 私利私欲 >は  武士の 恥
    < 私利私欲 >は  菩薩の 罪
    < 私利私欲 >は  人間の 業
    < 私利私欲 >は  本心の 苦

    厚顔  無恥
     愚僧  萬拝

  、、、、、、、《  ご連絡  》、、、、、、、、、、、

  ・  2月 29日 (月)
     3月  1日 (火)から 4日(金)まで
     閉門中 。 

  <  5(土)6(日)は 開門、公開できます。 >

  ・  3月7日(月)から 10日(木)まで
     また 閉門、お休みです 。

     申し訳ございません 。
     これから、歩きやすく なります 。

     『 道の 工事のため 』で
     ございますので、どうか
     ご容赦くださいませ。

         大合掌

 

     

PICTURE 2 – 23 – 2016

   [   THE   TEACHING    OF   BUDDHA    ]  
     
 <   HUMAN    DEFILEMENTS   AND
             BUDDHA  , S   VOW     > NO ,  20     

 <     わたしの 心の チリ とアカ 、
     そして  み仏さま の 願い 
    (  心の奥の  全てを 超越した何か   )  >
  
 「  THOSE    WHO   SEEK   THE   PATH   TO
     ENLIGHTENMENT   MUST   FIRST   REMOVE
     ALL   EGOISTIC    PRIDE    AND   BE   HUMBLY
     WILLING   TO   ACCEPT    THE   LIGHT   OF
     BUDDHA  ,S   TEACHINGS  .

          さとり ( 安心 ・ すくい )への 道 を
   もとめて行く人は 、 最初に 
   全ての 自己中心的な こころ 
   ( プライド ・ 心のたかぶり ・ 慢心 )
   を とり去って 、

    < 心と命 >の 教えを ( 光 )を 、
   身を低くして 、謙虚( けんきょ )に 、
   受け入れ 学ぶことが よい 。 
   ( 学ぶべきである )
  

       ALL   THE   TREASURES   OF   THE   WORLD ,
     ALL   ITS   GOLD   AND   SILVER   AND   HONORS ,
     ARE   NOT   TO   BE   COMPARED   WITH
     WISDOM   AND   VIRTUE   .

    このことは、世界中の 金銀 財宝 ・ 名声 名誉に
   およばない ( 比較できない ・ 超越した )
   < 智慧 と 徳 >
   ( 人間性 、人間らしさ )である。

   IF   A   MAN   CAN   CONTROL   HIS   MIND
     HE   CAN   FIND    FIND   THE   WAY   TO
     ENLIGHTENMENT   ,  AND   ALL   WISDOM   AND
     VIRTUE   WILL   NATURALLY   COME   TO  HIM  .

        もし 、 人が ( あなたが、わたしが )
  心を 整え( コントロール 、 制御 せいぎょ )て

  道を楽しむ (  道楽  )思い、心、志( こころざし )
  を、おもちであれば 、 自然に、 おのずから 、
  < 智慧 と 徳 >は 身心 ( 自分 )に
  そなわる のである 。   」

  (  仏教聖典からの 引用です 、
        愚日本語 、残月  )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    わたくしたち、
    にんげんは 、

    いただいた
    < いのち >と
    < こころ >を

    たいせつに
    したいもので ございます。

    天 と 地 の 間 の
    ≪  道  ≫に
    目を むけ
    

    人 と 人 の 間 の
    ≪  徳  ≫を
    身に つけ
    
    
    社会生活
    職業生活
    学校生活
    家庭生活の 中で

    いただいた
    < 命 と 心 >を
    全う、したい
    つかい尽くしたい
    完全燃焼したい
    ものでございます 。

    千差万別 ・ 複雑怪奇
    矛盾葛藤 ・ 不合理
    不条理  ・ ・・・・・の 中 で 。

  (  この 現象界を
    どう考えるかは 、また )
         <  微笑  >

   真の 道徳を 、
  身心に 感じ 生きて行くことが
  大切です 。 困難で あっても。
   どのような
  < 生活環境 >で
   あろうとも 。

   その過程で 、
  「 行じて 生きる 」 中で 、
  < 人間 としての 、 何か  >が、 
  めざめて ( 目覚めて )
  いく、ような 気がいたします 。

        大合掌 、 大多謝

   ・  過去 と 他人は 変えられない
      (  傲慢・ 慢心 )
      未来 と 自分は 変えられる
      (  困難・ 難題 ) 

      < 微笑 >< 喝 >< 大笑 > 

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  003.JPG

  005.JPG

           26歳の 青年が
         よく 案内してくれています。( 大合掌 )

  010.JPG

           敬翁桜
    ( 1426年の 嵯峨の絵図のコピーが、、、
       おもしろい ですよ 。
      その頃、千光寺は 清涼寺の 側 に
       ございました 。  )

  009.JPG

  011.JPG

  001.JPG

       寒風や  
         座布団ござる  ぽっかぽか

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   [     JUST    NOW
       &nb
sp;    I    THINK    ABOUT   PARIS   AND   SYRIA .
          WHAT    DOES    THE   FLOWER   THINK   ?   ]

     <   CIRCLE    HERE   ,    CROSS   NOW
                WE    LOVE    YOU     >

             on   mt.arashi    with   white   dragon

    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

        GOOD     DAY
           GOOD    LUCK

           HANDS    TOGETHER

        <   EN  –  LIGHT – EN –  MENT   
                  WITH    YOU    >

         a   small   and   little   monk

          SEE    YOU    AGAIN    ♪  ♪♪

2月22日(月)   随想  9


  質問  「 わたしには  自分が ありません 。

        わたしは、 一度も
        心から 、笑ったことも、
        心から 、泣いたことも、ありません 。 

         どういう 事
        なのでしょうか ?   」

  迷答  「  以前、15年ほど前に
         トタンに ペンキ で
         色紙に 墨で 、
        < 修行の すすめ >と
         書いたことが
         ございます 。

        《  心 を 開き
           魂 を 磨き
           命 を 味会う  》

         これを 見た
        大学生が お寺に
        来てくれました 。
         そして、
        < わたしには 心が
          ありません 。 >

        ≪  それは いい 。

           次の
         魂 を 磨くに すすもう  ≫ と。 

          このお方とは 今も
         交流しており 、
         この山寺のために
         尽力してくださって おり、
         心より 感謝してございます 。

         、、、、、、、、、、、、、、

        <  自分が 無い  >
        <  心から 笑ったことも
           心から 泣いたことも
           無い 。  >

        また、

        <  心が 無い >

         とは 、どのような 事
         なのでしょうか  ?

          小生にとっては
         どうなのでしょうか ? 

        ともに 考えたく存じます 。

       《 よりよく 》
       《 あかるく 》
       《 たくましく 》
       《 気楽に 》
       《 さわやかに 》
       《 うつくしく 》 生きるために 。  

        ぜいたく、 欲が 強すぎます( 大笑 )

       《 気楽に 》が 一番でしょうか ?

        みなさま は ? ( 微笑 )

          つづき ます

     駄弁、饒舌、蛇足。 多謝
    されど 敬と愛と ともに

      残月  合掌

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    
   002.JPG

   012.JPG

        寒風 、寒い さむい サムイ ぞ ( 大笑 )

   024.JPG

            17 00

   040.JPG

   044.JPG

         双月  歓喜

    [     I    LOVE    ALL .
                I    LOVE    ONE .

                I    LOVE     THE   MOUNTAIN  .
                I    LOVE      THE    SEA    .    ]

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

      失礼いたします
   末筆ながら  よき一日でございますように。

   ・ 大阪の 大兄さま 暖かくなったら
         また 遊びにおこしくださいませ 。

   ・  < 私利私欲 > 武士 の 恥
      < 私利私欲 > 菩薩 の 罪
      < 私利私欲 > 人間 の 業

     厚顔  無恥
      愚僧  萬拝