PICTURE 9-19-2015

   [     THE     TEACHING     OF    BUDDHA      ]

<    BUDDHA   —  NATURE    >   NO   ,   11
<    さとり ( めざめ ・ あんしん ) の 種( たね ・原因 ) >

「  HOW EVER    UNCONSCIOUS    PEOPLE    MAY    BE   OF
    THE    FACT    THAT    EVERYONE    HAS    WITHIN    HIS   POSSESSION
    THIS   SUPREME    NATURE   ,    AND    HOWEVER    DEGRADED  
    AND   IGNORANT    THEY   MAY   BE   ,
       BUDDHA    NEVER    LOSES    FAITH    IN   THEM    BECAUSE  
    HE   KNOWS    THAT    EVEN    IN   THE   LEAST   OF   THEM   THERE
    ARE   ,   POTENTIALLY    ,   ALL   THE   VIRTUES   OF   BUDDHAHOOD .

       このように 、 どんな人でも
 < 仏 の 智慧( ちえ ) >を もっているので、
  仏( 覚者 かくしゃ ) は 、 人びとを 見通して 、

  『 すばらしいことだ 、 人びとは 皆 、
    < 仏の 智慧 と 功徳( くどく ) >とを そなえてる 。 』 と
  ほめたたえる 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

      SO   BUDDHA    AWAKENS    FAITH    IN   THEM    WHO   ARE
   DECEIVED    BY   IGNORANCE    AND    CANNOT    SEE   THEIR   OWN
   BUDDHA   –NATURE   ,   LEADS   THEM   AWAY    FROM    THEIR
   ILLUSIONS    AND   TEACHES    THEM    THAT   ORIGINALLY    THERE
   IS   NO   DIFFERENCE    BETWEEN    THEMSELVES    AND
   BUDDHAHOOD   .

  しかも 、人びとは  愚かさ( おろかさ )に おおわれて 、
 < 物事 ( 人・・・ )を さかさま に見る >ことで 、
  
  自分の < 仏性 ( ぶつしょう ) ・ 仏の種 > を
 見ることが できない、 

  だから、 仏 ( 仏性に 目覚めた 人 )は
 人びとに 教えて 、 その< 妄想( もうそう ) >を はなれさせ、

  本来( ほんとうは )、
 だれもが 、 仏と 同じである ( ちがわない  )
  ことを、 知らせるので ある 。   」

(  仏教聖典からの 引用です 、一部日本語 残月  )

    「  仏 とは  無 である  」

    「  仏 とは  全て である 」

    「  仏 とは  光 である  」

    「  仏 とは  闇 である  」
  
    「  仏 とは  輝き である 」

    だから、

    『  仏 とは  あなた である  』
    『  BUDDHA    IS    YOU            』

     
         合掌  (   ANJALI   )
        《 JOIN   HANDS   TOGETHER   》

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 003.JPG

 006.JPG

            足が痛く、残念ながら 登山できませんでした 。
  峡谷を 楽しまれたみたいでした 。 世界中を 旅行なさられている お方です 。

 004.JPG

   「  この夏の 大雨で、川底が 変化して 、浅くなりました、
   そのために  水の流れが とても速く 、向う岸に着けれなくなりました 」 と

       この道 29年の ベテラン船頭さま でございます 。

 005.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 020.JPG

 019.JPG

       保育士の学校の 先輩・後輩( 男性 ) だそうです。

      「  両手 に 花では ないか  」 ( 微笑 )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 027.JPG

 026.JPG

       青い空    川をながめりゃ   曼珠沙華( まんじゅしゃげ )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 007.JPG

      THIS    IS    A    LUCH –  BOAT   .
                      YOU    ARE    LOTUS- EATER   ,
                        &n
bsp;      HOW     WONDERFUL  /

                船内 での 昼食 。 すばらしい です 。  まさに 極楽 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

       GOOD    DAY
                      GOOD    LUCK
                              I    HEARTILY    PRAY

                  APPRECIATION
                             JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

            <     I     WISH   TO   ENTER   INTO    A     LIFE   OF
                  ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                 MONK     OF    ARASHIYAMA

                  SORRY    MY   POOR    ENGLISH

                  SEE     YOU

                              ♪  ♪  

9月18日(金) 了以翁忌 ご案内 、 9

   『  弁財天  』 の 由来( ゆらい ) 、 その 三

 ( 4 )  次の 夜の < 夢告 > おつげ

 「  一人の 童子( どうじ ・ わらべ )が 現われました 。
  伏見 の 稲荷山( いなりやま )に住む 、蜜跡( みっしゃく )
  童子です 。 ( 天女さまに つかえる 童子の 一人 )

   < 私は 古くから 弁財天さまに あ仕えしています。

    昨夜、松尾山 ( 嵐山の 南となり、 古い大社がございます )に
   住む 光明( こうみょう )童子が来て申しました 。

    ≪  その昔 、松尾山の近くに 、角倉了以という者がいて
       世の中に 大いに善い 仕事をして亡くなった 。

        彼の 魂( たましい )は 、
       我が 松尾山( 嵐山 )の奥 、大悲閣に
       とどまっている 。

        しかし、今 大悲閣は 荒廃し、まさに
       廃寺になろうと している 。

        私、 光明童子と 角倉了以とは 深い縁があるから
       助けたいが、 福縁( ふくえん )が 尽きていて 、
       住職が いかに 念じ精進しても いかんとも し難い 。

        よって、 
       伏見の 弁財天さまを 大悲閣に お迎えして 、
       了以翁の 旧跡を 守護しようと 思う 。  ≫

      この事は、 世の中の 幸福につながるので
     私 、蜜跡( みつしゃく ) 童子も 同意 したのだ 。

      だから、 当主よ 、 『 弁財天 尊像 』を
     嵐山 大悲閣へ 送り とどけなさい    >  と 。   」

         つづき  ます

        合掌  九拝  万拝

            山僧  残月

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   002.JPG

           雨の 渡月 小橋 の 付近にて

   004.JPG

   006.JPG

   005.JPG

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  012.JPG

        
                失礼いたします
    末筆ながら  よき一日で ございますように

  ・  玄奘 ( げんじょう )法師 さま 、 1350回忌 記念企画展

     龍谷ミユ―ジアム ( 西本願寺 前 )

     27日 ( 日 )まで

  ・  般若心経 の ご翻訳の 大大恩人 、法師さまでございます 。
       ありがたや ありがたや  ありがたや

     厚顔  無恥
       愚僧  萬拝

PICTURE 9-17-2015

   [    THE     TEACHING     OF     BUDDHA      ]

<     BUDDHA   —  NATURE     >   NO  ,   10
<     さとり  の  種( たね )  >

   「  IT   IS   JUST    AS    FOOLISH    AND    UNNECESSARY    FOR
      A   PERSON    TO   GO   ON    SUFFERING   
        BECASE    HE    DOES    NOT    ATTAIN    <   ENLIGHTENMENT  >
      WHERE    HE    EXPECTS    TO   FIND    IT    .

        < さとり >に 達しようとして 達せられない からと
  いって 苦しむのは < おろか ( 愚 ) >であり
  また、 必要ないことである 。

   IF    THE    ACCUMULATION    OF    FALSE    BELIEFS    IS
    CLEARED    AWAY  ,   <   ENLIGHTENMENT   >   WILL    APPEAR    .
    BUT   ,    STRANGE    ENOUGH   ,    WHEN    PEOPLE   ATTAIN
    <    ENLIGHTENMENT   >  ,    THEY    WILL    REALIZE    THAT
    WITHOUT     FALSE    BELIEFS    THERE    COULD    BE    NO
    <    ENLIGHTENMENT   >  .

       だから 、 < 妄想 ( もうそう ) >が やめば 、
 < さとり > は おのずと 返って来て 、
 < さとり >の ほかに < 妄想 >があるのでない と 、
 わかるように なる 。

  しかも 、不思議なことに 、
 ひとたび < さとった 者 >には 、 < 妄想 >は無く 、
 < さとられる もの > も 、無かった 、ことに 気づくのである 。 」

  (  仏教聖典からの 引用です 。< >は残月 の追加なり )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   < 1 >  さとり  を もとめること

   < 2 >  達することが できないと 「 苦しむ 」 こと
           あがくこと 、もがくこと 、 あせること 。

   < 3 >段階 が 、今日の おはなしです 。

     ・  混乱しません ように
     ・  混乱しても  あきらめない ように

     ・  自分の 心だけ を 信じて すすむ
             人は 大切に 愛しつづけながら

   「  仏 とは  無 である  」

  この 一つの真理を
  心から 納得するのに 、

  愚鈍のため
  30年も かかっています ( 大笑 )

     つづき  ます

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   001.JPG

   002.JPG

   009.JPG

   010.JPG

   018.JPG

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   025.JPG

   024.JPG

    <  求法( 真理を もとめる ) の 旅  >

       ・  明日  説明いたします

     失礼いたします
   末筆ながら  よき一日でございますように 。

   ・ 『 真理を つかめば 、今日死んでも いい 』

     厚顔  無恥

      愚僧  萬拝

9月16日(水)  了以翁忌 四百二年 案内 、8

     すべては  変化し 消滅する
     すべては  変化し 発生する

     変化しないものは 
     ないの でしょうか ?

     真 であり
     善 であり
     美 であり

     また

     聖 である 。

     
     人 の いとなみ
     人 の あらゆる 行いは 

     変化しない ものを
     もとめて いる 

     
     永遠を もとめている
     不変を もとめている 。
     

     

     それは
     言葉 であり
     文字 であり
     歴史 であり
     文化 であり
     文明 である 。

     「 了以翁 」を 、
     翁( おきな )の 事績 を
     わすれる ことは できない 

     わすれては ならない 。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   『  弁財天さま  』 の 由来 、 その2

          ( 春応和尚 ・ 道勝 和尚による )

  ( 3 )   つづき

      その家の  遠く北西の方に  異形の雲が
     現われ 、同時に 白い大蛇 ( 白龍 )が現われました。

      そして 、大地が震動して もう一頭の 白い大蛇が
     現われました 。

      二頭の 白蛇( 白龍 )は 何か相談しているようです 。

      さらに 、異光が 家の中に輝き 「 弁財天 」が
     二頭の 白蛇( 白龍 )の背に乗って 、西の方に
     去っていきました  。

     駄弁 饒舌 、多謝
       敬と 愛とともに

       残月  合掌 ( ANJALI   )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  001.JPG

       WELCOME     MY    NEW    FRIENDS    FROM    IRAN  .
                             THANK    YOU    VERY    MUCH   
                                    NICE    TO    MEET    YOU  .   WELCOME  ..

    002.JPG

                     武士道 の 精神を 土台( 根幹 )にして 、
      「 平和 」 の世界  実現を めざされて います 。

        実に、すばらしい、
      まさに 後生 おそるべし です 。
      愚僧も 精進、精進 また  精進 、、、。
        協力したい と  存じます 。

      < 士 心 >( ししん ) という < カフェ  バー >を 運営してます。
       中京区 衣棚通り 押小路上る 上妙覚寺町

      ( し しん ) とは 志 ( こころ ざし )の ことだ そうです 。

  004.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 006.JPG

                         4 00 P.M.

  007.JPG

 008.JPG

          失礼いたします
  
  末筆ながら よき一日で ございますように

  ・  恩 を 感じる   感恩
     恩 を 知る    知恩
     恩 に 報いる   報恩

     恩 を 忘れる   忘恩

     よく みれば
       恩をうけたる ひとばかり

     厚顔  無恥

      愚僧 萬拝

9月14日(月)  写真 の 追加

     おはようございます 、 御両人 。 

   009.JPG

       こう いった 様式に なった しまいました 。
         言い訳は 昨日の ブログ 最後の追伸を お読みください。

        ごめんね、 また 。

      「  犬族を 可愛がって くださって ありがとうございました。 」

             嵐山  残月 、 合掌

PICTURE 9-15-2015

     [      THE     TEACHING     OF     BUDDHA       ]

<    BUDDHA  —NATURE    >  NO ,  9
<    さとり( 覚り ・ 悟り ・ 目覚め ・ 安心 ) の 種( みなもと ) >

 「  WHY    IS   IT    THAT   PEOPLE   ,    POSSESSING    THIS
     FUNDAMENTAL    AND    PURE    MIND   ,   SHOULD   STILL
     CLING   TO    ILLUSIONS    AND   DOOM   THEMSELVES    TO
     WANDER    ABOUT    IN   A    WORLD   OF   DELUSION   AND
     SUFFERING   ,   COVERING    THEIR    OWN
     BUDDHA  — NATURE   WHILE    ALL   ABOUT    THEM    IS
      THE   LIGHT   OF   BUDDHA , WISDOM   ?

   なぜ、人びとは 、本来の < さとり の 心 >を
  そなえていながら 、
  このように < いつわり >を 生み 、
  ≪ 仏性 ≫( ぶつしょう )の ≪ 光 ≫( ひかり )を かくし 、

  < 迷い >( まよい )の 世界に、
  さまよって いるのであろうか ?

   、、、、、、、、、、、、、、、、、

      ONCE    UPON    A   TIME    A   MAN    LOOKED    INTO
      THE    REVERSE    SIDE   OF   MIRROR   AND   ,
       NOT   SEEING   HIS   FACE    AND   HEAD   ,   HE   BECAME
       INSANE   .

         HOW    UNNECESSARY    IT   IS   FOR    A   MAN    TO   BECOME
       INSANE   MERELY   BECAUSE    HE   CARELESSLY    LOOKS
       INTO   THE   REVERSE    SIDE    OF   A    MIRROR   .

    昔 ある男が 、
   ある朝 鏡にむかって、 自分の顔も 頭もないのに あわて驚いた 。

    しかし、 顔も 頭もなくなったのでなく 、それは 鏡( かがみ )を
   裏返しに見ていて 、なくなったと 思っていたので あった 。 」

   ( 仏教聖典 からの 引用です。 < >などは 残月  )

   
   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  009.JPG

    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

       < PICTURE   >

       I     AM   SORRY   ,   I    MISTAKE   THIS   SCENE  .

  

             WELCOME      MY    NEW    FAMILY    FROM    U.S.A.   BY   G.C.C..
                           NICE    TO  MEET   YOU   ,   THANK    YOU   VERY    MUCH   .

                       ・   JOIN    OUR   HANDS    TOGETHER   

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  001.JPG

              NO  ,   THIS   TEMPLE.
                     BUT     I    HAVE    HELPED   THAT   TEMLE   .
                      ・   I    LIKE    THIS   FLOWER    VERY     MUCH   .

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     004.JPG

                                                                               8. 50   A.M.

 

  

  

    012.JPG

                                                                        11 ,  50     A.M.

   010.JPG

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  018.JPG

 &n
bsp;                         青年よ  大志を  抱け  (  微笑  )  
                   大阪の学生さん 、ようこそ  ようこそ 

 019.JPG

       ようこそ 、カナダから
         おかさんが 日本人 の すてきな 姉妹さんです 。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 024.JPG

              APPRECIATION   , 
                           JOIN    MY   HANDS   TOGETHER    .   合掌

      GOOD    DAY
                      GOOD    LUCK

                       APPRECIATION

                       MONK    OF    ARASHIYAMA

                   <     ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                       I     AM    SORRY

                        SEE    YOU

                          ♪ ♪  ♪♪♪  ♪

9月14日(月)  了以翁忌 ご案内 、 7

    本年、10月 25日( 日 ) 、11時 集合
      場所 、 嵐山通船「 北 」乗り場 ( 天竜寺側 )
      時刻 、 11時
      時間 、 11時30分 から 12時30分 ( 舟の上 )
             千光寺下の 河原で 解散 。
                費用、  3000円 (  舟代 ・ 弁当代こみ  )

       <  申し込み 10月10日 まで  >
             090 2062 9710

             希望者は、 登山( 200m   )
                                 了以翁 木像前にて 読経。

          ・  この 午後の参列は どなたでも
             午後 1時 過ぎになるでしょう 。
             ( ご自由 )

     、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     『  弁財天  』  の  由来  、 その 1

  ( 1 )  明治の初めの頃 、
       嵐山 大悲閣は 、山林 ・ 境内地 ・ 什宝 など
      売却された 立ち退きの 訴訟裁判もあり 、十数年間
      苦しい時代が ありました 。

       ことに 明治 38年・39年は 廃寺の危機にありました 。

  ( 2 )  その頃 、
       伏見の ある家に 「 弁財天( 女 ) 」の 御像が
       (  秀吉公 築城 の 伏見城内 に鎮座  )
       大切に おまつり されて いました 。

  ( 3 )  1つ目の < 夢告 ( おつげ ) >

        ある夜 、その家の 当主は 
       不可思議 な 霊夢を みました  。

            つづき  ます

     敬と 愛を こめて
         残月  合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  021.JPG

  023.JPG

  026.JPG

                     午後 六時 ころ  (  6 p. m.   )

     、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  016.JPG

  020.JPG

         めずらしい 、 麦 ( むぎ )さん の登場 
            チーズ を いただいた みたいです ( 微笑 )

         普段は 人前に出て来ませんが・・・・・・ ( 大笑 )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  008.JPG

  

               月待台 にて

           身心脱落 、 脱落身心 (  しんじん だつらく  )

          ・ 身体 と 心 を  捨てる練習 ・ 自由になる練習 ・
          ・  いま ここ にて  < 成仏 >

  

       失礼いたします
    末筆ながら よき一日で ございますように

    ・  坐禅の 季節到来 です 、みなさま ( 微笑 )

       厚顔  無恥

          愚僧  萬拝

    追伸、  名古屋から 来て下さった ご両人
        スミマセン、写真が うまくいきません 。
        昨日、急いでいて 失念したしまいました。
        本日、追加しようとすると、うまくいきません。
        二日分の写真の 番号が 分離できてない
        ようです 。 また、挑戦いたします 。

       「 奈良の東大寺の ライトアップは 、
          いかがでしたか ? 」
  

   
             
   

PICTURE 9-13-2015

    [     THE    TWACHING     OF    BUDDHA      ]

<     BUDDHA   —   NATURE     >  NO ,  8
<     仏 ( 悟・覚・ さとり )の 種( たね ・ 元 ) >

「  ONCE    UPON    A   TIME   A    KING    GATHERED    SOME
     BLIND    MEN    ABOUT    AN   ELEPHANT     AND   ASKED   THEM
     TO    TELL   HIM   WHAT   AN    ELEPHANT  WAS   LIKE   .

       THE    FIRST    MAN   FELT   A   TUSK   AND   SAID    AN
      ELEPHANT    WAS   LIKE    A   GIANT   CARROT   ,

        ANOTHER    HAPPENED    TO   TOUCH   AN   EAR    AND
      SAID   IT   WAS   LIKE   A    FAN   ,

        ANOTHER    TOUCHED    ITS   TRUNK    AND   SAID   IT
      WAS    LIKE    A   PESTLE   ,

         STILL  ANOTHER   ,   WHO   HAPPENED  TO    FEEL  
       ITS    LEG   ,   SAID   IT   WAS    LIKE   A   MORTAR  ,

       
          AND   ANOTHER   ,  WHO   GRASPED   ITS   TAIL    SAID
       IT   WAS   LIKE   A    ROPE  .

          NOT   ONE   OF   THEM    WAS    ABLE    TO   TELL   THE
        KING     THE   ELEPHANT,S    REAL    FORM   .

         むかし 、一人の 王が いました 、そして 、
  象( ぞう )を 見たことのない人を 集め、 目かくしして
  象に ふれさせて 、象とは どんなものであるか を
  めいめいに 言わせた 。

   象の 牙( きば )に 、触れたものは
  象は 大きな ニンジン のようなものであると いい、

   耳( みみ )に 触れたものは 、扇( おおぎ )ような ものであると

   鼻( はな )に 触れたものは 、杵( きね )のような ものと

   足( あし )に 触れたものは 、臼( うす )のような ものと

   尾( お )に  触れたものは 、縄( なわ )のような ものであると
     答えた 。

    一人として 、象そのもの ( 本当の 象 )を
   とらえ 得た者は いなかった 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、

    IN    LIKE   MANNER   ,   ONE    MIGHT    PARTIALLY   
       DESCRIBE    THE   NATURE    OF    MAN   BUT   WOULD   NOT
       ABLE    TO   DESCRIBE    THE    TRUE   NATURE    OF    A
       HUMAN    BEING    ,   THE   BUDDHA    —   NATURE   .

           人間を 見てとらえるのも 同じで 、
   人間の 一部分に 触れることが できても 、

    その < 本性 >( ほんしょう )である
   < 仏性 >( ぶつしょう ) を
   見てとらえる 、
   言い当てること
   気づくこと 
   自覚 ( じかく ・体得 )することは、

   簡単( かんたん )・容易( ようい )
   では  ない  。     」

 ( 仏教聖典からの 引用です、 日本語の加筆は 残月 合掌 )

     ・  だったら、
     わたしたちが、 仏 ( ほとけ )( 人格者 )に
     成長したり、

     菩薩( ぼさつ )に なったり 、

     さとり ( 悟 ・ 覚 )のような
     < 心 の 成熟 >を どうしたら できるの でしょうか ?
     
      そのために 、
     どうしたら 、 よいのでしょうか  ?

     ・  心 の 成長 とは ?
         心 の 成熟 とは ?

     「  人間の 命が 
          めざす もの とは 何で
            あるので しょうか  ? 」

       ともに、
        考えたく存じます 。
              

         つづき  ます

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  004.JPG

 002.JPG

 005.JPG

      現在、 嵯峨 「 花の いえ 」 ( 旧 角倉屋敷 ) に 、
              いらっしゃいます  ( 微笑 )  。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 006.JPG

         ?  ?   ?

 010.JPG

      GOOD    DAY
                    GOOD    LUCK

                    APPRECIATION

                     MONK   OF   ARASHIYAMA

              <   I    WISH   TO   ENTER   INTO   A    LIFE    OF
                         ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >

                         SORRY   ABOUT    MY   POOR    ENGLISH

                                SEE    YOU

                                      ♪ ♪♪  ♪♪ ♪♪

 

9月12日(土)  了以翁 四百二回忌 、ご案内 6 

   北関東 で 、 大雨による 河川氾濫( はんらん ) 。
  たいへん な 被害で ございます 。

   まさに、 河川行政 は 、むずかしい 。
  対策を 練り きちんと 実行し 、私たち市民も
  < 想定外 >を なくして、 日々の 生活を
  安心感 と 緊張感 で、生き抜きたいもので ございます 。

   氾濫が 治まりますように 。
   被害が 増えませんように 。

   お亡くなりのお方がたの  遠くから 御冥福を 
       お祈りいたします 。   合掌

   「  祈りには  ちからがないと  いうなかれ
        はじめもいのり  おわりもいのり  」

   「  思いこそ  ひとをそだてる  ものだから
       きよくただしく  うつくしくあれ  」

       「  ひと思う  ひとの心の  きよらかさ
       祈りとなりて  天空をゆく  」

   「  はじめには  思いこそあり  海をゆき
       山にあなあけ  空をとびゆく  」

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   ・   嵐山 大悲閣 、 了以翁忌 では

     ≪  水難死  ≫ の お方々への  回向( えこう ) も
    させて いただいて ます 。  大合掌

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    前回 、< 神龍会 >について ちょと触れさせて
  いただきました 。

    この寺院に おまつり されている
  <  弁財天女 さま  > と  <  龍神さま  >
  稲作神であられる  日本古来からの < 宇賀神将 >
  ( うが しんしょう )さま は、 一つの ≪ 神 さま ≫の
  現われと 考えることが できるようです 。
     ( 愚僧は 専門でないので 、、、反省 ) 

    この ≪ 神さま ≫を お護りいただいた方々が
  <  神龍会 >の皆さまだったようです 。

 (   ここ数十年前に 残念ながら 消滅していますが、
   尾張 清州からの おこしの 一僧侶により
   再興されました 。 大合掌  )

    幕末維新 で、荒廃し 廃寺の危機を
   救って くださったのは 、時の住職 戒岳禅師 ( かいがく )
   は もとより 、 この≪ 神さま ≫であられる 、

    弁財天女 さまの お力添え によるところ 大
   であると 、語り伝られて ございます 。

    戒岳禅師 の お弟子の 春応和尚 ( しゅんのう )の
   毛筆の文書が 残されており 、以前 道勝和尚 ( どうしょう )に
   より 簡略化され 一部の方々に 配布いたしました 。

    しかし、 もっと わかりやすく して 、
   多くの 方々に 知っていただきたいとの 思いが 熱く、
   先日, 道勝和尚により、 
   その より簡略化された文書が できました 。

     ありがとうございます 。
     有難き事で ございます 。

    ブログ で お伝えいたしたく 存じます 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    実に、不可思議( ふかしぎ )な世界のお話で
   ございます 。

    「 おもしろいなー 」

    「 絵本にでも できそう です 」

    「 白い大蛇( だいじゃ )、つまり 白龍が 出てきます 」

    「 それも 2匹 」

    「 弁天さま の お使いの 童子 ( どうじ )さまが
      出てられますね 」

    「 松尾大社 の お童子さま の ご活躍ですね、
      ありがたや 、 ありがたや 」

    「  ここの 境内は 松尾大社さまから
      了以翁が ゆずり受けたと 聞いてますが、、
      やはり 、そうなのですね 」

    「 きちんと、 おまつり いたしましょう  」

    「  はい 。
      よろしく お願い申し上げます 。 」 

  駄弁 饒舌 ながら
    敬と愛を こめて  、 多謝

       残月  合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  004.JPG

  005.JPG

      京都タワーです 。  嵐山国有林のため もう 見えなくなりそうです 。
     ここ 25年で 樹木が 大きくなりました ( 微笑 )  残念 なり 。

  002.JPG

       桃の木です 。
     四回 ほど、鹿のごはん に なりました 。
    
      また、 あたらしい 葉が、 ありがたや ありがたや 。
     護りの 対策を すすめていますが 、、、、   、、、、。

  007.JPG

        きび ( 黍 ) よ  きび
      五穀( ごこく ) 中で 、黍 と 麦 ( むぎ )、
      米( こめ ) 粟( あわ ) 豆 ( まめ ) の
      分まで 生きよ 

      ・ 介抱した 野良猫( 黒毛 )
       風( ふー )の 五匹の 子どもたち ( 五穀の名 )
       二匹 生きてて くれています 。

    失礼いたします

  末筆ながら よき一日で ございますように

  ・  「  日に一度   子どもに配れ  目と心  」 ( 町かどにて )

        日に 一度 だけか ?  ( 大笑 )

        日に 三度 は ? 多すぎか ?  ( 大笑 )

        目と心  一つになりて  親心  ( 微笑 )
          
        
      厚顔   無恥
          愚僧   萬拝

9月10日(木) 了以翁忌 四百二回忌 案内 5

  問い合わせあり

   『  まだ、 空き が あれば 、参加したいのですが ? 』

   「  どうぞ、どうぞ、定員は ございません 、
     法要参列の 希望者に 応じて 、お舟も お弁当も
     ご用意いたします 。  」

          会員以外 4人 です  ( 微笑 )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  ・  「 水 」 そのものの 、感謝の 誠( 真 )を 捧げたい 。
     
     翁は その巧みさから、 龍神( 水の 守護神 )の
    申し子がとも ささやかれたという 。

     現在も 千光寺の境内 に、『 龍神さま 』を
    おまつり しています 。

     50年以上前、
    <  神龍会  >という 集まりもあったようです 。
    どこかに、 旗 と 会員バッチ が ございました 。

   ・ 「  川 を 観るものは  山 を知る  」

     つまり、川に ある 石 ( 鉱石 )を 観て
    上流の  山の 性質 を 知る、のである  。

     了以翁 の 嫡子 ・ 素庵( そあん )さまの
    『 行状 』 ( 木碑 )( 大悲閣 蔵 )に よれば 、

    < 前源相国 ( 徳川 家康 )は、

       公 の 金気 を 察するを 知り 、・・・・・・
       甲・豆・総 の 間を 巡行し 、
       鉱穴 を 掘らしめ 、貢献 常に 倍す 。  >

   ・  インドの 地質学者 の 言葉が おもしろいので
     ご紹介 いたします 。

      「  神 は 、

        鉱物 の 中 で 、 眠り
        植物 の 中 で 、 目覚め
        動物 の 中 で 、 歩き
        人間 の 中 で 、 思惟( しい )する 。  」

         つづき   ます

   駄弁 饒舌 、 蛇足 多謝
     敬と愛 とともに

       残月   合掌

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   004.JPG

                       WELCOME   MY   NEW    FAMILY   FROM     U.S.A.    BY    G.C.C.
                    WE    COULD    NOT   GO   TO   OUR   TEMPLE   BY    BOAT   ,
                      BECAUSE  
                           IT   WAS    A   HEAVY    RAIN   .
                               BUT  ,   IT   IS    A   FINE    NOON   .

             「 花 の いえ 」  教職員組合の 宿泊施設ですが 、一般の方も可能です 。
             ここは、 嵯峨角倉邸 の址です。 古い建築物は 御殿が護られています 。
     ( 関鳩楼 かんきゅうろう の扁額あり )

       昨日は、こちらさまで 、「 簡単な 茶道 ・ 短い坐禅 」を
      させて いただきました  。

  007.JPG

  008.JPG

  009.JPG

  003.JPG

         平成の 了以翁像  (  嵐山 大悲閣  坐像 の 複製  )
            <  仏師 定朝 の 伝統を継がれる、現代仏師が 制作  
                亀山公園の  了以翁の立像も 先生によります > 

            <  施主 、  節子大姉 ・ 五十鈴大姉 ・ 残月   >

         嵯峨の屋敷に、いらっしゃられて 、幸せそうです ( 微笑 )
         一年契約ですが、
         来年も 更新させていただきたく 願っております

         ・  どこへでも 、出開帳 いたします 。
            ご気楽に 相談ください 。

         ・  10月 の 了以忌は 御乗船なされます ( 微笑 )

         090  2062  9710  (  大悲閣 住職 、大林 まで  )

   001.JPG

       すばらしい お庭で ございます 。

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  017.JPG

  011.JPG

  013.JPG

       失礼いたします
    末筆ながら よき一日でございますように 。

    ・  この世から
     やまい 、 ひんこん 、あらそい が
       なくなりま
す ように 。

     厚顔  無恥
      愚僧  萬拝