9月22日(火)  お彼岸前

   死者の名を
  御戒名をば
  唱え書く
  夏がおわりて
  秋をむかえる

   人やさし
  亡き人おもい
  なみだする
  このおもいこそ
  人は人なり

   施餓鬼する( せ がき )
  ひとの心の
  やさしさよ
  ガキ( 餓鬼 )に ほどこし( 施す )
  シュラ( 修羅 )を なだめよ

   秋分や
  昼と夜とが
  半分さ
  善と悪とも
  半分こ  ( 微笑 )

   秋分や
  年に 一度の
  中道( ちゅどう )や
  日々の行い
  さまよい ゆれる  ( 大笑 )

   秋分や
  春分おわり
  秋分ぞ
  月 日  流れる
  月 日 は 回る

   彼岸とは
  むこうの岸を
  さす言葉
  いったい何が
  あると言うやら

   こちら側
  楽しくあれば
  それでよし
  向う岸など
  遠くて見えぬ  ( 大笑 )

   こちら側
  苦しくなれば
  こちら見よ
  五色の旗へ
  およいで おいで  ( 微笑 )

   苦楽あり
  損得ありて
  この世かな
  仏の世界
  全て を 包む   ( 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、

   苦楽すて
  損得すてて
  おこしやす
  仏の世界
  生きて 味会う   ( 大合掌 )

   ・「 永遠 の 歓喜 を 味会う 」
     法悦 禅喜 安心 安息 無我 真我なり

                   萬拝

   駄弁 駄歌 、 饒舌 多謝

    敬と愛と ともに
      残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  002.JPG

 003.JPG

      WELCOME   ,  MY   NEW    FAMILY   FROM   U.S.A.   BY   G.C.C..
                          NICE    TO   MEET    YOU   .   THANK   YOU   YERY    MUCH   .

 004.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 010.JPG

 006.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 012.JPG

     
       比叡山 ( ひえい )

 015.JPG

     嵐山 ( あらし )  、  小倉山 ( おぐら )  、  愛宕山 ( あたご )

     失礼いたします
   末筆ながら よき一日で ございますように

   ・  彼岸会 の 準備に 追われています ( 町の寺の 仕事です )
     < 山の寺 、町の寺 、2つを 活かしたく 骨を折っている つもりです >
     < 今、過渡期です。 ご迷惑おかけしてますが、御容赦くださいませ。 >
     < 真の 人間幸福の実現、  ためでございます ( 微笑 ) ( 馬鹿 ) >

     厚顔 無恥

     愚僧 萬拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です