PICTURE 9-9-2015

   [     THE    TEACHING     OF     BUDDHA      ]

<      BUDDHA   –NATURE     >   NO ,   6
<     仏( さとり ) の 種( 本性 ・ 性質 )  >

  「  IF    PEOPLE    WOULD    ONLY    GIVE    UP   THEIR
      ATTACHMENTS    TO   THESE    IMAGINARY     AND   FALSE
      DISCRIMINATIONS   ,    AND    RESTORE   THE   PURITY
      OF   THEIR   ORIGINAL    MINDS    ,

         THEN    BOTH    THEIR    MIND   AND   THEIR    BODY
       WOULD    BE   FREE    DEFILEMENT    AND   SUFFERING  ,
       THEY    WOULD    KNOW   THE    PEACEFULNESS
       THAT    COMES    WITH    THAT    FREEDOM   .

        もし わたしたちが  縛られた・とらわれた 見方を
  (  想像・妄想 と まちがった 識別判断 ・かんがえ )
   やめる・ 明らめる( 諦める ・ あきらめる ) と、

   純粋 で  縛られる( しばられる )ことのない、
  自分の 本性に 、立ち帰ると 、

   肉体 も 精神 (  身 も 心 )も 、汚染( おせん )と 苦悩から
  自由に なり 、何ものにも さえぎられる ことのない 自由な
  平安な境地 ( 意識 ・ 心地 ・気持ち )が
  えられるで  あろう  。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   WE    HAVE    SPOKEN    OF   THE   PURE    AND    TRUE   MIND
     AS    BEING    FUNDAMENTAL    ,   IT   IS    THE    <   BUDDHA   —  NATURE   >
     ,   THAT   IS   ,    THE   SEED    OF    BUDDHAHOOD   .

       <    清浄( しょうじょう )の 本心( ほんしん ) とは 、
  言葉を 変えていえば  ≪ 仏性 ぶつしょう ≫である 。

   ≪ 仏性 ≫ とは 、
  すなわち 、≪  仏 の 種( たね )  ≫で ある 。   」

(  仏教聖典からの 引用です 。  日本語 一部 残月、合掌  )

      ・   人間性  と  仏性
      ・   思い   と  本来の 心
      ・   感情   と   安心
      ・   環境   と   超越
      ・   有限   と   無限
      ・   現実   と   理想
      ・   時間   と   永遠
      ・   かたち  と   こころ
      ・   ・・・・・・・・・
      ・   ・・・・・・

    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  
   022.JPG

   009.JPG

   025.JPG

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   032.JPG

   033.JPG

   SORRY

        SEE     YOU    AGAIN

        APPRECIATION

        ARASHIYAMA    MONK

        ♪  ♪  ♪     ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です