9月30日(水)  秋 の 気配( けはい )

   気( き )とは 何 ?
  いったい何を
  いうの だろ
  元気に 空気
  気持ちいい朝

   秋の空
  いったい何を
  いうの だろ
  青き お空に
  清き 風ふく

   青き空
  流れる水の
  清らかさ
  天地の間( あいだ )
  無事( ぶじ )無心( むしん )かな

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   天地あり
  正気  あふるる
  この世 なり
  人 清らかに
  人 美しや

   天地あり
  狂気  あふるる
  この世 かな
  人 苦しくて
  人は 乱れる

   天地あり
  人 我をすてて
  無心なり
  空( から )の心で
  正気を 受けよ

   天地あり
  人の道あり
  我を すてて
  正気 を受けて
  あそぶ ことなり ( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  街角にて

 『  気の ゆるみ
   事故が 待ってる
    その 一瞬 ( いちしゅん ) 』

   気がゆるむ
  いったい何を
  いうのだろ
  秋空のもと
  しばし たたずむ

  ・ 御考えくださいませ ませ ( 微笑 )
    日常生活を しつつ で ございます 。

  
  駄弁 駄歌  、 饒舌 多謝

    敬と 愛とともに
       残月  合掌

 < 連絡 >

   10月 4日 ( 日 )  午後 1時  読経 ・ 法話

     ・  午前 11時より  12時まで  坐禅いたします。
          初心者 でも 大丈夫 ですよ 。

     ・   連絡しなくても いいですよ 。
         お気楽に ( 坐禅・ 法話 、一つだけでも )

     ・  10月25日  了以翁忌  、 参加希望者 は
         090 2062 9710

        昨日、 未知なるお夫婦より 。 感謝 。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  020.JPG

                               今朝 

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  013.JPG

                         昨夕  ( 4枚 )

  014.JPG

  016.JPG

  017.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  009.JPG

  010.JPG

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  002.JPG

                     北野 の 寺院

    失礼いたします
  末筆ながら よき一日でございますように

  ・  この世から 、病気 ・ 貧困 ・ 争乱 が
         無くなりますように

  ・  わが心から、 病気 ・ 貧困 ・ 争乱 が
         無くなりますように

  ・  無くす 方法を 、
       謙虚に 探し 学びますように

    厚顔  無恥

      愚僧  萬拝
         

PICTURE 9-29-2015

    
     [      THE     TEACHING    OF    BUDDHA      ]

  <    THE    MIDDLE    WAY   >  NO ,
  <    中道  ・ かたよらない 生活 >

 「  IF   A   PERSON    IS   TO   AVOID   BEING   CAUGHT    IN
       THE    CURRENT   OF   HIS   DESIRES   ,   HE   MUST    LEARN   AT
        THE   VERY    BEGINNING    NOT   TO   GRASP    AT   THINGS    LEST
        HE    SHOULD    BECOME    ACCUSTOMED   TO   THEM    AND
        ATTACHED    TO   EXISTENCE    NOR    TO   NON  —  EXISTENCE   ,
        TO   ANYTHING    INSIDE    OR    OUTSIDE    ,   NEITHER    TO  
        GOOD    THINGS    NOR    TO   BAD   THINGS   ,   NEITHER    TO
        RIGHT    NOR    TO   WRONG   .

        < とらわれない > とは 、
  ( にぎりしめない こと ) また ( 執着 しゅうちゃく ) しないことである 。

   道( みち )を 修める( おさめる )ものは 、
  ( 絶対的 「 安心 と 自由 」 を もとめるもの は )、

  「 死 を 恐れず( おそれず ) 」 また
  「 生 を 願わず( ねがわず ) 」 の心が大切である 。

   この見方( みかた )、 あの見方 、どのような見方 の あとをも 
  追わない( おわない )のである 。

  (  存在 と 非存在 、 内側 と 外側  、 善い事 と 悪い事 、
     正しい と 誤り 、、、、、 、などに とらわれない  )。  」

  (  仏教聖典 からの 引用 です、 かっこ 挿入 残月  )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   ・   とらわれないで  どうするの でしょうか ?

       そうです 、 だから 、
       全てを  活かす 。

       全てを  慈悲 ( やさしさ ・ 共感 ・ 敬意 ・ 感謝 )の
       心 で ながめ 見つめ 、

       活かす 、 共に 生きる 
       支え合う 、助け合う 

       感謝しあう 。

       (  むずかしい ・ 困難 ・ つらい ・ 大変だ 、

          だから 、 今日がある 、今がある  )

       (  明日 も あるかも しれない )( 微笑 )

       (  今日 最善を 尽くす、 全力を つくす のみ )( 大笑 )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   005.JPG

   008.JPG

                  風 が つよい

   009.JPG

         WELCOME ,  MY    NEW   FAMILY   FROM   U.S.A.   BY   B.C.C..
                                   NICE   TO   MEET    YOU  ,
                                                   THANK   YOU   VERY   MUCH   .

   014.JPG

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   032.JPG

      「  EXCUSE    ME   ,    WHERE   ARE    YOU   FROM    ?     」

      「  PORTUGAL    、 LISBON      」

       OH  ,    I    AM    SURPRISED    AT    HER    ANSWER   .
                BECAUSE    I    VISITED    LISBON     TO   THE   VOLUNTEER
                 ABOUT    30  YEARS    AGO    .

                <  OH  ,    LISBON   ,   MY   YOUTH    >

                「  WELCOME ,    WELCOME  ,  WELCOME   ,
                            FROM     YOUR    AND    MY    LISBON   .     」

   035.JPG

                WELCOME     MY   NEW    FRIEND    FROM    U.S.A..

   038.JPG

   037.JPG

                 仲のいい  御夫婦  、
         ようこそ  ようこそ  、遠くまで  。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   040.JPG

         THE    MOON      IN    THE    EARLY     MORNING    .
                                        (     残月  ZAN  ZETU   ,    LEFT    MOON    ?    )

                 GOOD    DAY
                        GOOD     LUCK
                                    I    HEARTILY    PRAY

                    APPRECIATION
                                   JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

                   <    WISH    TO    ENTER   INTO   A    LIFE    OF
                                  ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >

                         MONK     OF    ARASHIYAMA

                           SORRY    MY    POOR    ENGLISH

                                SEE    YOU

                                                     ♪ ♪♪  ♪

9月28日(月)  お月さま

   お月さま
  どうかどうか ・
  ねがいます
  病( やまい )の苦をば
  けしてください

   お日さまも
  どうかどうか
  ねがいます
  病の苦をば
  けしてください

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   東方の
  浄瑠璃( じょうるり )世界
  薬師さま
  苦しき病
  たすける 仕事   ( 微笑 )

   薬師さま
  瑠璃光( るりこう )如来
  ありがたや
  やさしき ひかり
  あなたを  つつむ

   薬師さま
  二人のおとも
  おられます
  日光( にっこう )菩薩( ぼさつ )
  月光( げっこう )菩薩( ぼさつ )

   われらみな
  心 一つに 
  祈るべし
  月光 あびて
  病を なくす

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   月光や
  やさしき ひかり
  ありがたや
  今夜は ひとり
  心 ながむる

   月光を
  月影( つきかげ )という
  やさしさよ
  大和( やまと )の国よ
  世界に 尽くせ

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  『  月影の
    いたらぬ 里( さと )は
    なけれども

    眺むる 人の
    心 にぞ 住む  』 

     ( 法然上人 さま )

   ・  月 は 心 ぞ
      月 は 仏 ぞ

  駄弁 駄歌  、 多謝

    残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   007.JPG

 006.JPG

                          渡月橋 から   午後 6時

 018.JPG

               京都 タワー が 見えます

 022.JPG

            嵐山  と  満月   

       ぼけている   我が目の如く   ぼけている
          ちょうどいいのさ   すべてはみえぬ  (  大笑  )

 025.JPG

        満月や   美女に見られて   雲がくれ
           

     ・ 「 ヨーガ の 教室 」 も 参加者に
      御満足 いただけた ようです 。
      これからも 、時々 開催するようです 。

       また、御案内 いたします 。

     ・  インド古代哲学 ・ ヨーガ と
       禅仏教 は 、関係が ございます 。
              また、 いずれ

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    失礼いたします
  末筆ながら よき一日でございますように

   ・  2 は 1 に 、

      1 だから こそ  ゼロ になる

      ゼロ  だけど 1 をたもちて  10 いきる

      ゼロ  を  無限 ∞  と  気づく ( さとる )とき

      たのしさ 、 よろこび 

      ここに  あり

    
   ・  2 とは 、 左右 上下 好嫌 損得  老若 男女 ・・・・・
        区別 、分別 、対立、差別 、紛争・・・・・の こと

   ・  1 とは 、  合掌 さ  ( 大笑 ) ( 笑えるや ? )

      厚顔  無恥
        愚僧  萬拝

 

 

  

9月26日(土)  明日は 満月

  嵐山 大悲閣 には 「 月待台 」 が
ございます。 了以翁 400年忌の記念の
一つとして 、かの 三楽庵 元翁により
復元していただきました 。 ( 大感謝 )

  本年は、雨の予報もなく また
日曜日でございますから 、
とりたてて、儀式 ・ イベント は いたしませんが、
< 夜 の 拝観 >を してみようと 存じます 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  愚僧は 、土曜の夜から 日曜の朝までの
< 夜 の 修行 >を 早く 開きたく存じています。
 それは 、
< 断食 と 写経 ・ 読経 ・ 坐禅 ・・・ >で
ございます 。

 現代日本 の 社会・ 家庭 ・ 人間 は、
つまり 、わたしたちは 、
≪ 断食 ≫または ( 禁欲 苦行 )が、
必要なような 、 気がして なりません 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  『  命 と 心 の 原点  』 を
見失ったり 、 忘れたり 、 考えもしなければ 、

 現在の 日本社会 は 、
< 欲望を 燃やして 、より多く 物をもとめ
 続けなければ 、損・ 不利益ですよ 、
 どうぞ どうぞ、さらに どうぞ >てな 気がして、

わたしたちは 、 どんどん 、欲望に 「 迷い 苦しむ 」 世界
に 入り込んで しまいそうで ございます 。

 「 迷いを 楽しむ 」 世界で 終わったら
いいので ございますが ( 微笑 ) 。

< 欲望を 追究 、実現する事 だけが
  人生 なのさ ・これは 社会経済の ためなのさ >という 

 風潮 ( ふう ちょう )に 流されそうです。 ( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 『 命 と 心 の 原点 に、帰る 』 ことを
今、 < 修行 >と よぶことに いたします 。

  すると 、「 月 を 待ち ・ 月 を 観る 」 ことも
修行では なかろうか ?

  飲食 は しない ( 大笑 )
  高談 戯笑 しない ( 微 微笑 )
  御茶 持参 ( 微笑 )

  5時 から  8時  まで
  通常 の 400 円 のみ 

  明日 27日(日)で ございます 

  突然で ございますが 、、、、。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  また 、当日 、当夜 。

 知人が ヨーガ の 手ほどき を
させて いただき たい 申しております 。

 数か月前、 インドの山奥で ( < 象 ぞう >が 暴れるような )
研修を 受けて来ました 。

  5時 から 6時 

 拝観料 400円 と 600円 とか 申しております 。

  ご関心の お有りのお方は どうぞ どうぞ
 ヨーガ教室 は 街に あふれてございますが 。

  追伸
   愚僧も 関心は深く 、実践も続けて おります 。( 微笑 )

  またも、
 駄弁 饒舌 、蛇足 多謝

   残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  004.JPG 

  005.JPG

  007.JPG

 009.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 013.JPG

 014.JPG

 016.JPG

    失礼いたします
 末筆ながら よき一日でございますように

 ・  禁欲 苦行 の 御経験 を 。

    中道に 生き抜くために 。

  厚顔  無恥

   愚僧 萬拝

PICTURE 9-25-2015

      [     THE     TEACHING     OF    BUDDHA     ]

  <     THE    MIDDLE    WAY    >   NO ,   2
  <     中道 ( ちゅう どう ) かたよらない 生活
    無理のない生存  たのしい 生命( いのち ) >

 「  SUPPOSE    A    LOG    IS   FLOATING    IN    A   RIVER   .
    IF   THE    LOG    DOES   NOT    BECOME   GROUNDED  ,  OR   SINK  ,
    OR    IS    NOT   TAKEN    OUT   BY    A   MAN    ,   OR   DOES   NOT   DECAY  ,
     ULTIMATELY   IT   WILL   REACH    THE    SEA   .

        一本の材木 ( ざいもく ・ 丸太 )が 、
  大きな 河 ( かわ ・ 川 )を 流れていると する 。

  その材木 が、 左右の岸に 近づかず 、中流にも 沈まず 、
 陸( おか )にも 上がらず 、人にも 取られず 、
 渦( うず )にも 巻き込まれず 、
 内( うち ・ 中 )から 腐る( くさる )ことも なければ 、

  その 材木は ついに 「 海 」に 『 流れ 入る 』 であろう 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  LIFE    IS   LIKE    THIS   LOG   CAUGHT    IN   THE    CURRENT    OF
 A   GREAT    RIVER   .
     IF    A    PERSON    DOES    NOT    BECOME    ATTACHED    TO   A   LIFE
 OF    SELF  —  INDULGENCE  ,   OR  ,   BY    RENOUNCING    LIFE   ,
 DOES    NOT    BECOME    ATTACHED    TO   A    LIFE    OF   SELF  –  TORTURE  ,

 IF   A    PERSON   DOES   NOT   BECOME   PROUD    OF   HIS   VIRTUES   OR
 DOES   NOT   BECOME    ATTACHED    TO    HIS   EVIL    ACTS ,  

 IF   IN   HIS   SEARCH    FOR   ENLIGHTENMENT    HE   DOES    NOT  
 BECOME    CONTEMPTUOUS    OF    DELUSION   ,    NOR   FEAR   IT  ,
 SUCH    A   PERSON    IS   FOLLOWING    [     THE   MIDDLE   WAY   ]  .

     この 材木の たとえのように 、
 内( うち )にも、 外( そと )にも とらわれず 、
 有( う )にも 、 無( む )にも とらわれず 、
 正( せい )にも 、 邪( じゃ )にも とらわれず 、

 < まよい ( 迷 ) >を はなれ
 < さとり ( 悟 ) >に こだわらず 、

 中流 に 、身を まかせるのが 、
 「 道 」 を 修める者( もの )の

 中道 の 「 見方 」
 中道 の 「 生活 」 である 。   」

(  仏教聖典からの 引用です 、 かっこ など 残月  )

   ・  生存 に 走らず
      生活 に 追われず
      生命 を  味会う   < 昨日 >

      無理のない 生存
      かたよらない  生活
      楽しい 生命 ( いのち )  < 今日 >

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 001.JPG

 002.JPG

    WELCOME    MY    NEW    FAMILY    FROM   U.S.A.   BY   G.C.C..
                NICE    TO    MEET    YOU   ,   THANK    YOU   VERY    MUCH   ,
                        SEE    YOU  …

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  010.JPG

  008.JPG

  012.JPG

  013.JPG

     鳩の 雛の  樹木葬 でした (  合掌  )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  003.JPG

          RIVER   SIDE    (   A   LONG   WAY    FROM    HERE    )

                HOW    BEAUTYFUL   ,    AUTUMN    HAS    COME    .

                          <    COSMOS    >

     、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

       GOOD    DAY
                       GOOD    LUCK

                         APPRECIATION

                       <   ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                          MONK    OF    ARASHIYAMA

                          SORRY

                          SEE    YOU 

9月24日(木)   お彼岸中

    盆 三日
   彼岸 七日の
   おもしろさ
   先祖の御智慧
   有難きかな

    さてはさて
   やはり おみえか
   ふゆのひび
   しばし あきかぜ
   からだ たのしむ

    春秋が
   あるというのが
   日本かな
   われらが 心
   何が 育む

    彼岸会や( ひがんえ )
   老若男女( ろうにゃく なんにょ )
   集まりて
   ともに経よむ
   小さき 御寺

    わが家族
   わが先祖さま
   だけでなく
   心 大きく
   心 やさしく

、、、、、、、、、、、、、、、、、

    心経や
   千三百年の
   時をこえ
   玄奘( げんじょう )法師
   今も輝く

    眼も耳も
   鼻も舌をも
   ありません
   人の 慢心
   砕いて 散らす

    増えないぞ
   減りもしないぞ
   わが 心
   天地 と 一つ
   天地 を こえよ  ( 大笑 )

    心 無く
   この身も 無くて
   なにが 有る
   我 も 無ければ
   有るは み仏

  「 ぎゃあてい
  はら ぎゃあてい 」
  唱えなば
  砂漠の 悪鬼
  おそれ 消えゆく

  駄弁駄歌 、 おゆるしを

   敬と愛と ともに
     残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  006.JPG

  005.JPG

  007.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 016.JPG

 017.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 022.JPG

    さるの こしかけ

 028.JPG

   鳩 はと の  雛( ひな )ちゃん

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

024.JPG

    失礼いたします
  末筆ながら よき一日でございます

  ・  未来とは 、一日 一日 一日 の 積み重ね
    「 一日 一生 」
    丁寧 ていねい に、生活したいもの
    ございます 。

  ・  生存 に 走らず
     生活 に 追われず
     生命 を 味会う

  厚顔  無恥
   愚僧  萬拝

 
   

PICTURE 9-23-2015

    「   9–23  」   IS   AUTUMNAL    EQUINOX   .
       THE    EQUINOX     IS    A   VERY    IMPORTANT    DAY
        IN    JAPANESE    BUDDHISM   .

         BECAUSE   ,    THE   EQUINOX    TEACHES   US  
       <    THE    MIDDLE   WAY    OF   LIFE   >  .

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   [     THE     TEACHING    OF    BUDDHA     ]

  <    THE    MIDDLE    WAY    >   NO ,   1
  <    中道 ( ちゅうどう ・ かたよらない道 ・ 公平 ) >

  「  TO    THOSE    WHO    CHOOSE    THE    PATH    LEADS  
      TO    ENLIGHTENMENT    ,    THERE    ARE    TWO   EXTREMES
       THAT    SHOULD    BE    CAREFULLY    AVOIDED   .

          FIRST ,   THERE   IS   THE   EXTREME    OF   INDULGENCE  
       IN   THE   DESIRES   OF   THE   BODY   .

          SECOND   ,   THERE   IS   THE   OPPOSITE    EXTREME    OF
        ASCETIC    DISCIPLINE   ,   TORTURING    ONE,S    BODY   AND
        MIND    UNREASONABLY   .

         道を 修めるものとして 、
  さけなければ ならない 、二つの かたよった( 偏った )生活がある 。

    その一 、欲望を コントロール できずに、
          欲望に負けて、肉体の欲望 ( 飲食・ 男女 ・睡眠 ・饒舌・・・)に
          ふける 、いやしい 生活

    その二 、いたずらに 、必要以上に 自分の 精神 ・ 肉体 を
          責め 痛め さいなむ 、苦行( く ぎょう ) の 生活である 。

   、、、、、、、、、、、、、、、、、

    THE    NOBLE    PATH   ,    THAT   TRANSCENDS    THESE   TWO
       EXTREMES    AND   LEADS    TO    ENLIGHTENMENT    AND   
       WISDOM    AND   PEACE    OF   MIND   ,    MAY   BE   CALLED  
       <     THE    MIDDLE    WAY    >  .

        この 二つの かたよった生活を 離れて 、
  心眼 ( 心の眼 )( しんがん )を 開き 、
  智慧 ( ちえ )を すすめ、 < さとり >に 導く( みちびく )
  ≪ 中道 の 生活 ≫ がある 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     AS   HAS    BEEN    SAID    ,   ALL    THINGS    APPEAR    OR
       DISAPPEAR    BY    REASON    OF   AN    ENDLESS    SERIES   OF
       CAUSES  .

          IGNORANT   PEOPLE    SEE    LIFE   AS   EITHER    EXISTENCE   OR
       NON –  EXISTENCE    ,

           BUT   WISE    MEN    SEE    BEYOND    BOTH    EXISTENCE    AND
       NON – EXISTENCE    SOMETHING   THAT   TRANSCENDS   THEM    BOTH  ,

       THIS   IS   AN    OBSERVATION    OF   ≪ THE   MIDDLE   WAY   ≫ .

         全ての もの ( 物 ・ 事 ・ 人 ・・・・・ )は 、
  限りない 、終わりがない 、
 『 縁 』 ( えん ・ 原因 ・ 状況 ・ 関係 ・・・ )に よって 、
< 発生し 消滅 する >もので あるから 、
 (  本当は  )
 『 有 』 ( う ) と 『 無 』 ( む ) とを 、はなれている( 離れている )。

  愚かなものは 、
 あるいは 『 有 』 と 見、
 あるいは 『 無 』 と 見る 。

  智恵あるものは 、
 『 有 』 と 『 無 』 を 離れている 。

  これが、 ≪ 中道 ≫ の 正しい 見方である 。   」

 (  仏教聖典 からの 引用です 。 日本語、一部残月、かっこ も )

   ・  静かな 場所
   ・  静かな 気分
   ・  静かな 時間
   ・  静かな 呼吸
   ・  静かな 心

   が 、やはり 、 必要です 。

        ・  静かに 思考 するために

     < 智恵 >を 自覚( じかく ) するために
      安心 するために
      自由 に なるために
      やさしく なるために
      勇気を 出せるように

     < 死 の 恐怖 >を 克服 するために 。
                     大合掌

     
     つづき  ます

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  023.JPG

  024.JPG

  017.JPG

  026.JPG

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  028.JPG

  030.JPG

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     GOOD    DAY
                GOOD    LUCK

               APPRECIATION
                   JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

          <    I    WISH   TO   ENTER    INTO   A    LIFE    OF
                    ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >

               SORRY    ABOUT    MY   POOR   ENGLISH  .

                SEE     YOU    AGAIN

                      ♪ ♪♪  ♪

   

9月22日(火)  お彼岸前

   死者の名を
  御戒名をば
  唱え書く
  夏がおわりて
  秋をむかえる

   人やさし
  亡き人おもい
  なみだする
  このおもいこそ
  人は人なり

   施餓鬼する( せ がき )
  ひとの心の
  やさしさよ
  ガキ( 餓鬼 )に ほどこし( 施す )
  シュラ( 修羅 )を なだめよ

   秋分や
  昼と夜とが
  半分さ
  善と悪とも
  半分こ  ( 微笑 )

   秋分や
  年に 一度の
  中道( ちゅどう )や
  日々の行い
  さまよい ゆれる  ( 大笑 )

   秋分や
  春分おわり
  秋分ぞ
  月 日  流れる
  月 日 は 回る

   彼岸とは
  むこうの岸を
  さす言葉
  いったい何が
  あると言うやら

   こちら側
  楽しくあれば
  それでよし
  向う岸など
  遠くて見えぬ  ( 大笑 )

   こちら側
  苦しくなれば
  こちら見よ
  五色の旗へ
  およいで おいで  ( 微笑 )

   苦楽あり
  損得ありて
  この世かな
  仏の世界
  全て を 包む   ( 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、

   苦楽すて
  損得すてて
  おこしやす
  仏の世界
  生きて 味会う   ( 大合掌 )

   ・「 永遠 の 歓喜 を 味会う 」
     法悦 禅喜 安心 安息 無我 真我なり

                   萬拝

   駄弁 駄歌 、 饒舌 多謝

    敬と愛と ともに
      残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  002.JPG

 003.JPG

      WELCOME   ,  MY   NEW    FAMILY   FROM   U.S.A.   BY   G.C.C..
                          NICE    TO   MEET    YOU   .   THANK   YOU   YERY    MUCH   .

 004.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 010.JPG

 006.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 012.JPG

     
       比叡山 ( ひえい )

 015.JPG

     嵐山 ( あらし )  、  小倉山 ( おぐら )  、  愛宕山 ( あたご )

     失礼いたします
   末筆ながら よき一日で ございますように

   ・  彼岸会 の 準備に 追われています ( 町の寺の 仕事です )
     < 山の寺 、町の寺 、2つを 活かしたく 骨を折っている つもりです >
     < 今、過渡期です。 ご迷惑おかけしてますが、御容赦くださいませ。 >
     < 真の 人間幸福の実現、  ためでございます ( 微笑 ) ( 馬鹿 ) >

     厚顔 無恥

     愚僧 萬拝

PICTURE 9-21-2015

  [    THE    TEACHING     OF     BUDDHA      ]

<    BUDDHA   —    NATURE    >   NO  ,   12
<    仏( 解ける< ほどける > 身と心 ) の  種( 方法 ) >

     『  REVIEW   (   復習 ふくしゅう ) 』

「  FUNDAMENTALLY   ,   EVERYONE    HAS   A   PURE   CLEAN
    MIND   ,   BUT    IT   IS   USUALLY    COVERED   BY   THE   DEFILEMENT
    AND    DUST   OF   WORLDLY    DESIRES    WHICH    HAVE    ARISEN  
     FROM    ONE,S   CIRCUMSTANCES   .

        THIS    DEFILED    MIND   IS   NOT   OF   THE   ESSENCE   OF
     ONE,S   NATURE  ,  SOMETHING    HAS   BEEN    ADDED   ,
      LIKE   AN    INTRUDER     OR   EVEN   A    GUEST   IN    A    HOME  ,
      BUT    NOT   ITS   HOST   .

        すべての人びとには 、 清浄( しょうじょう )の本心が ある 。

  それが 、外の因縁( いんえん ・ 直接間接の 原因 ) によって
  生じる < 迷い >の< チリ 塵 ちり >に おおわれている 。

   しかし 、
  あくまでも 、 < 迷いの 心 > は 、従 であって ≪ 主人 ≫
  では ない 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   THE    MOON    IS    OFTEN    HIDDEN    BY    CLOUDS   ,
     BUT    IT   IS    NOT   MOVED    BY    THEM    AND    ITS    PURITY
     REMAINS    UNTARNISHED    .

       THEREFORE    ,    PEOPLE    MUST    NOT    BE    DELUDED    INTO
     THINKING    THAT   THIS   DEFILED    MIND    IS   THEIR     OWN
      TRUE    MIND   .

        月は  しばらく 雲に おおわれても 、
  雲に よごされることもなく 、 また 動かされることも ない 。

   だから 、人びとは 
  < 浮動 する > < ちり ( 塵 ) >のような 
  < 迷い の 心 > を 、

  自分の ≪  本心 ( ほんしん )  ≫ と
  思っては ならない 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   THE    DISTURBANCES    AND    DEFILE MENTS    OF    THE
      HUMAN    MIND    ARE    AROUSED    BY    GREED    AS   WELL   AS
      BY   ITS    REACTIONS    TO   THE   CHANGING    CIRCUMSTANCES  .

       THE    MIND    THAT   IS   NOT   DISTURBED    BY   THINGS
     AS    THEY    OCCUR   ,    THAT    REMAINS    PURE    AND    TRANQUIL
     UNDER    ALL    CIRCUMSTANCES  ,   IS    THE   TRUE    MIND
     AND    SHOULD    BE    THE   MASTER   .

        人の心の
  < 迷い ( まよい ) >や < 汚れ ( よごれ ) >は

 < 欲望 ( よくぼう ) > と < 変化する 外界 ( の 縁 ) >に
  ふれて せっして 関係して 、 生じ起こる < もの >である 。

   この < 縁 ( えん )(  外界・環境 ・ 状況 ・境遇 ・諸関係 ) >の

  < 来ること ・ 去ること  >( 去来 )に 、
  関係無く   (  まさに <  不来 不去  >  そして < 不増不減 > ・・ )
  
   永久 ( えいきゅう ) に
 ≪  動かず ・ 滅びない 心  ≫ が  < 本当 の 心 >であり 、
 ≪  主人  ≫ である 。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 ・  環境 に 、支配されない
   環境 から 独立した
   本当 の 自分 の 主人公 ( 自分 )である 。

    すると 、ほんとうに 慈悲深く
   やさしい 人 に、 自然に なるものである 。

    真の 仏教が めざすもので ある 。

 ・  本日は 『 敬老 の 日 』  です 。

  僭越ながら 、< 御祝い > に 、
 仏教から 見た場合の 、 「 人生の 目的 」 を
 お伝え させて いただきました 。

   ご年配の お方も 、読んでくださっているような
 気がいたしますので 、あえて、 再引用 させて
 いただきました 。

   『  本心 を つかむのが 人生 の 目的である  』

   家庭生活・ 学校生活・職業生活 ・社会生活
  を しながら < 本心 >を < 自覚 >するのが
  一番しあわせです 。

    ( 解脱 げだつ ・ 因縁解脱 ・ 自由 )
    ( 菩提 ぼだい ・ 無我 無心  )
    ( 慈悲 じひ ・ 愛し 愛され )

 ・  長生 ( ながいき ) よきかな

    無生 ( 命 の 
長短 を こえる心 の自覚 )

    さらに 、よきかな 。

 ・  < さとり >を
   おもとめ ください 。

   希望であり 、歓喜で ございます 。

   若輩 ものが、 失礼いたしました 。
  (  来年 愚僧も 60歳 、大笑い )
  (  バカ いうな、   )
  (  妄想するなかれ 。 ) 大笑い

   ・ 古人 曰く

    「 30歳 から 60歳まで
     30年間 修行学問する 。

     60歳 から 90歳まで
     30年間  教え伝えて報恩せよ 。

     それから、余生よ 。
     ただ、 遊べ 。   」

    
    すみません、 良慶 上人 。
   恩師 は 100歳 こえられても
   御修行・ 御布教 三昧で あられました 。

    バカな こと 申しました 。
   おゆるし くださいませ 。
          ( 打棒 )

  駄弁 饒舌  、 蛇足 多謝

   敬と 愛と ともに
     残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  003.JPG

  001.JPG

 006.JPG

 008.JPG

    ようこそ、ようこそ 。 ( 岐阜より )

   若者 二人 、 般若( はんにゃ )の 心 を 伝える 。
  (  1 、 2 、  0 、 そして  無限 ∞  、3 から 100 の 世界  )で
   強く 生きこと 。 (  微笑  )

   「  京都らしい  食事 ? 」  「  豆腐 かな ? 」 ( 大笑 )

    ありがとう ございました 。 合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  011.JPG

  009.JPG

    見返り 美犬   ( 大笑 ) ( ごめん ) ( 微笑 )

  
   失礼いたします
  末筆ながら  よき一日で ございますように

  ・ 祝  「 80歳以上 、初 1000万人超えました 」 合掌

    厚顔   無恥

    愚僧 萬拝

  

   

9月20日(日)  了以翁忌 ご案内 、 10

   了以忌や  嵐の山も  近くなり
     
   了以忌や  どこであろうが  大悲閣

   了以忌や  忘れられても  ご満足

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  『  弁財天 ( 女 ) 』 の 由来 、 その四

 「  信心が 深い その家の 当主は
   明治 38年( 1905 ) ( 巳 年 ・ 巳 月 ・ 巳 日 ・ 巳 刻 )

   有志 30余人と 共に 伏見から
  『 弁財天 尊像 』 を、嵐山 大悲閣に ご鎮座
  いただく 事と 相成りました 。       」

  平成 27年 9月 2日 ( 巳 日 ・ 巳 刻 )

       神龍会 ( 弁天さま 護持会 、明治より  )

         中興僧 (  数十年 途絶えている のを )
           野口  道勝  、 合掌
                 <   現在、千光寺にて 、刻苦精進 中 >
                 <    三ヶ月目 、谷川が 冷たくなった。 >

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  
   ・ 巳 ( み 、 蛇 のこと 、弁天様の 御使い )
       ( 大蛇 、霊蛇 は 神龍 である  )

   ・  ご鎮座後 、 境内地 の 購入 ( 中心部のみ )
               客殿 建立 等 
               寺門 繁栄する 。

   ・  平成 25年 ( 2013 )
     5月 の 了以翁 400年忌< 嵯峨 二尊院 > も

     はからずも  巳 年 ・ 巳 月 ・ 巳 刻 ( 10時 前後 )
     でした 。
        ありがたや  ありがたや   ありがたや

    『  不可思議な  有難き事  満ち溢れ
           嵐の山は  光 輝く   』   

               
         敬と 愛と ともに

             残月  合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  004.JPG

       旧 平安宮内 の寺院の  石仏 さま。
          (  禅定 に 入ってられる 、ありがたや 、合掌  )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 015.JPG

 013.JPG

 012.JPG

     はからずも   やまいの友を   みまいなば
           光悦翁の   やまをあじあう

 009.JPG

    琳派 の 光悦 ・ 宗達 ・ 光琳 を ささえし
       了以翁 嫡子 、 素庵 さま 。

     当時の 京都人 ( 町衆 ・ 文化人 ・ 芸術家 ・ 僧侶 ・・・・・ )は
       たいへんな 時代社会 ( いつも みたいですが 、微笑 )を
         よりよく 生きぬかれて られるような気が いたします 。

      わたしたちも、お互いに、 同時代人として
       ともに よりよく 生きぬきたい ものでございます 。 

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  027.JPG

  028.JPG

  029.JPG

     失礼いたしまし
   末筆ながら  よき一日でございますように

  ・  大阪の 信心深い  大兄さまの
      一日でも 早い ご回復を 御祈りいたします 。

    厚顔  無恥
      愚僧  萬拝