6月30日(火) 蓮華 < 泥 と 花 > その 2

   昨日 が その1 、です 。

 001.JPG

                       立本寺 ( りゅうほん じ )( 上京区 )
                  ANOTHER    TEMPLE  (     NO  ,  THIS   TEMPLE   )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     泥 と 花

   泥 の 中 から 

   芽 を 出 し

   茎 を 伸ばし

   葉 を つけ  広げ

   蕾( つぼみ ) を  もち  保ち

   花 を  咲かせる 。

   花 の  種 ( たね )

   水 を  飲み

   泥 に  生き

   雨 を  浴び

   日 を  受けて

   風 に  揺れ

   花 は  咲く  。

   泥 は  泥 で なく

   花 は  花 で ない 。

   泥 は  花 

   花 は  泥 

  駄弁 なり  多謝
   敬 と 愛 とともに

  残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  002.JPG

  016.JPG

  015.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 009.JPG

 012.JPG

 013.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 018.JPG

 025.JPG

 026.JPG

       わん  わん  ぺろ  ぺろ  ( 微笑 )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     失礼いたします
  末筆ながら  よき一日で ございますように 。

  ・  一日 一生

     いえ 、  一瞬 一生  ( 大笑 )( 苦笑 )

   厚顔  無恥
    愚僧  萬拝

 

   

   

PICTURE 6-29-2015

     [    THE    TEACHING     OF    BUDDHA     ]

<    THE    APPEARANCE    OF   BUDDHA    >  NO ,   3
<      仏 ほとけ  との  出会い   >

  「  WHEN    THE    MOON   SETS   ,   PEOPLE    SAY    THAT    MOON
       HAS   DISAPPEARED   ,   AND   WHEN   THE   MOON   RISES   ,
       THEY    SAY    THAT   THE   MOON    HAS   APPEARED   .
        IN    FACT   ,   THE   MOON   NEITHER   GOES    NOR    COMES  ,
        BUT   SHINES    CONTINUALLY    IN    THE   SKY   .

         月が かくれると 、人びとは 月が 沈んだといい 、
  月が あらわれると 、 人びとは 月が 出たという 。
    けれども 、 月は 常に住して 出没することが ない 。

   BUDDHA    IS   EXACTLY    LIKE   THE   MOON 、HE   NEITHER  
      APPEARS    NOR   DISAPPEARS   ,   HE   ONLY   SEEMS   TO   DO
      SO   OUT    OF   LOVE    FOR    THE    PEOPLE   THAT    HE   MAY
      TEACH    THEM   .

          仏 ほとけ も そのように 、 常に 住して 消滅( しょうめつ )
   しないのであるが 、 ただ 人びとを 教えるために 消滅を 示す 。

   、、、、、、、、、、、、、、、、、

    PEOPLE    CALL   ONE   PHASE   OF   THE   MOON   A    FULL
        MOON   ,    THEY    CALL    ANOTHER    PHASE   A    CRESCENT  ,
        IN    REALITY    ,    THE    MOON    IS    ALWAYS    PERFECTLY    ROUND  ,
        NEITHER    WAXING   NOR   WANING   .

          人びとは 月が満ちるとか 、 月が欠けるとか いうけれども 、
   月は 常に 満ちており 、 増すことも 減ること も ない。 
       ( 不増不減 、 心経なり )

    BUDDHA   IS   PRECISELY    LIKE   THE   MOON   .
         IN    THE    EYES   OF    MEN   ,    BUDDHA   MAY    SEEM   TO   CHANGE 
         IN    APPEARANCE   ,   BUT   ,   IN    TRUTH    ,   BUDDHA    DOES   NOT
         CHANGE   ,

            仏 ほとけ も 、また そのように 、 常に住して 消滅しないので あるが 、
    ただ 人びとの 見るところに したがって 、
    生滅( しょう めつ ) が あるだけである 。
       (  不生不滅 、 心経なり )     」

   (  仏教聖典より  引用です  )

      ・  増えもしなければ   減りもしないもの 、 そして
        生じなく、 そして 滅び( ほろび )ないもの

         これを  つかめると  おさとり です
         これが  じかくできると  げだつ です
         これの  せいかつは   あんしんです ( 大笑 )

         ( 大笑 )
         ( ほんとうか ? )
         ( ほんとうさ )
         ( うそ だ )
         ( 微笑 )
         ( ほんとうさ )
         ( 苦笑 )
         
            饒舌  多謝  、 合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

      蓮華  <  泥 と 花  >

     泥  ありて 「 こそ 」  花  あり  。

     花 を 咲かす ことが できるか  ?

     我  から  無我 を  さとれるか ?

     我  から  仏を めざせるか ?

  004.JPG

  002.JPG

  003.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  024.JPG

  017.JPG

  020.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  007.JPG

  008.JPG

        小さい 黒松 と 遊んだことが あるそうです 。

        よかった 、 この 喜びよう 。
        お帰りの時、 再会です  合掌 。 また 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD    DAY
           GOOD    LUCK

            APPRECIATION

            MONK    OF    ARASHIYAMA

           <    ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >

            SORRY

             SEE     YOU     AGAIN   
    

PICTURE 6-27-2015

    [     THE    TEACHING     OF    BUDDHA     ]
<    THE   APPEARANCE   OF   BUDDHA     > NO,  2

<     仏( ほとけ )との 出会い    >  その 2

 「  BUDDHA    IS    A    GOOD   FRIEND    TO    ALL   PEOPLE   .
       IF   BUDDHA    FINDS    A    MAN   SUFFERING   FROM   THE   HEAVY
       BURDEN    OF   WORLDLY    PASSIONS   , 
            HE   FEELS   COMPASSION
       AND   SHARES    THE    BURDEN    WITH    HIM   .
       IF   HE   MEETS    A    MAN    SUFFERING    FROM    DELUSION   ,
       HE   WILL    CLEAR    AWAY    THE    DELUSION    BY    THE   PURE
       LIGHT    OF   HIS   WISDOM    .   

        仏は この世における 、 すべての人々の  善い友 である。
  煩悩( ぼんのう ・  我をもつ 苦しみ ・・・ )の 重い荷物に、
  悩むものが 仏に会えば 、仏は そのために 代わって 、
  その 重たい荷物を になう のである 。

   LIKE    A    CALF   WHICH   ENJOYS    ITS   LIFE    WITH   ITS  
     MOTHER   ,   THOSE    WHO   HAVE    HEARD    THE   BUDDHA,S
     TEACHINGS    ARE    AFTERWARD    UNWILLING   TO    LEAVE
     HIM    BECAUSE    HIS   TEACHINGS     BRING    THEM   HAPPINESS   .

      仏は  この世における  まことの 師 ( 先生 ・ 導師 ・指導者 )
 である 。 < おろかな 迷いに 苦しむもの >が 仏に会えば、

  仏は < 智慧の 光 >によって 、
 その <  闇 ( やみ ) (  悲苦 )(  我の 苦しみ  ) >を
 はらう 。

  子牛 が いつまでも 母牛の側を  はなれないように 、
 ひとたび 仏の教えを 聞いたものは 、  仏を はなれない 。

  教え( 真理 ・ ダルマ )を 聞くことは、
 常に 楽しいからで ある 。         」
    ( 仏教聖典からの 引用  )

 (  なぜ、 楽しいのか ?    
 (  自分中心の 生き方の  苦しみを はなれるからである 。
 (  他人中心でもない 生き方、
 (  真理 ・ 正しさに 従う 生き方が できるからである 。
 (  真の  共存共栄 で ございます 。  
 (  楽しくない はずは ない のでございます 。
 (     残月  註解  、 合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  001.JPG

                 桃山時代 の  文化芸術   < アメリカ 、テキサス・ ダラス >
          1996年 ( 平成 8年 )

  007.JPG

  004.JPG

       1996年 ( 平成 8年 )
              ( 小生、平成 6年 に住職 就任 。 先代夫人と 決断する。 )

  012.JPG

  010.JPG

                             I    AM     SORRY

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD    LUCK
          GOOD    DAY

           APPRECIATION

           MONK    OF    ARASHIYAMA

         <      ENLIGHTENMENT      TOGETHER    >

           SORRY

           SEE     YOU     AGAIN

  

  

 

6月26日(金) 「 素庵忌 」 その2

   嵐山 大悲閣 ( 千光寺 )の 歴史とか
 この ホームページの 項目に あるのだから
 記述して いかなくては ならない とは
 存じながら 、全然できて おらず 恥ずかしい
 かぎりで ございます 。

   その1、にあるような

 「 心 と 理 が 通じる 」 とか

 「 儒学 は 心を 正しくする。
   この ( 正しさ )とは 何か ? 」 とか

 「 実務 と 理想 の一致 」 とか

 「 自分の向上と
   この世に 尽くす 」 

  ( 自分が 向上するとは どういう事なのか ? )
  ( この世に 尽くすとは どういう事なのか ? )

   思考中でなく 、いち早く 明白に
   したい もので ございます 。

   実践しながら 思考し 、まとめ( 明白化 )
   形にして 、だから こそ 、形が こわされ
   進歩する、間違い、勘違い、独り善がりを 
   ただせる 。

 「  仕事を とうしての 
    自分の 成長 ・ 向上 とか
    この世に 尽くす、
    という、 本来の生き方の ための

    支えの考え ( 心の もちかた )
    を 確立したい 」

  、、、、、、、、、、、、、、、、、

 ・ 素庵 さま の 書物の 貸し借りで

    「  長生 ・ 」 ( ながいき ) と
    「  無生 ・ 」 ( む しょう ・ 生きる こと 無し )
              ( 自分は無い ・ 無我 )
    に 関する ことが ございます 。

    「  長生  」 は、 不老不死  であり
    「  無生  」 は、 解脱( げだつ ) です 。

    不老不死 は、 だいぶ 実現できて きました(現代) ( 微笑 )が、

   『  無我無邪 』 を、 明らかににして
   現代 において 、 みんなで  
       「  無生  」 体得したいと 存じます。

    人生の 目的 は、 「 不老 」 なのか ?
    人生の 目的 は、 「 不死 」 なのか ?

    < 自分 >を 中心に、 考えたらそうです( 微笑 )

    < 自分 >を 意識した 人間の ( つとめ )は、
    < 自分 >を 消すこと だと 存じます 。
     つまり、 「  無我  」 であり
    「  無生  」 で ございます 。

    死んでからでは なく、 
    生きながら、
    <  我  >をなくす 。

    仕事を しながら ( すばらしい )
    生活を しながら ( すばらしい )
    < 自分 >を 消すので ございます 。

    どなたも、ときどき、体験しています
    それを、たしかなものに、したいと存じます 。

    ≪  よろこび  ≫
    ≪  しあわせ ≫ を 感じます 。
    それも、
    消えることが ない、 失わない
    ≪  よろこび ・ しあわせ  ≫なので
    ございます 。
    「 人生 ( 人間の 生命 ・ つまり 心  ) 」 の
    真の目的 ・ 使命 なので ございます 。

  「  < 自分 >中心 でない  」  、 といいながら、

  「  < 自分 >を すてる  」  でもない、 生き方です 。

  「  わたしでない、 わたしが、生きる 」 こと。

      つづき  ます

  駄弁の 饒舌  おゆるしを

  敬と愛を こめて
      残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  001.JPG

  002.JPG

  003.JPG

  004.JPG

  008.JPG

  006.JPG

                FROM     TEXAN     DALLAS    CITY

       MY   YOUNG   FRIENDS   (   12  ,   18  YEARS   OLD   )
                   

       了以翁 とともに 。
      その 理由は 明日 に。
      下の 二枚も そうです 、何故なのでしょうか ?

                1996 年  了以翁  木像 は
        アメリカ  テキサス の  ダラス ミュージアム に 展示
        されました。

       「  JAPAN ,S   GOLDEN    AGE 
                       <    MOMOYAMA   >      」

         TOMORROW  ,   BLOG   .    SEE   PLEASE   .

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 
  011.JPG

          <     PHOTO     1     >

                      FROM      TEXAN    
  DALLAS     CITY   

  016.JPG

           <     PHOTO    2    >

                 FROM      TEXAN     DALLAS     CITY    
                         THEY     ARE   A  SISTER     AND  A  MOTHER 
                                                     OF    PHOTO  <   1   >

            FAMILY    VISITED    3   HOURS    LATER    FROM   PHOTO  <     1    >
                I     AM    SURPRISED    AT   VISITERS   ,   BUT   I   AM   HAPPY   .
                THANK     VERY    MUCH   ,    GOOD    FAMILY   .

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  013.JPG

     WELCOME   ,   MY   NEW    FRIEND    FROM    UNITED    KINGDOM
                               (    INDIAN    ,   SIKHS   シーク教徒 )

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    失礼いたします
  末筆ながら よき一日で ございますように 。

  ・  まちがい  てちがい  かんちがい  を
     あまり しませんように ( 小生が )( 微笑 )

   厚顔  無恥
    愚僧  萬拝
  

    

    

PICTURE 6-25-2015

   [      THE      TEACHING     OF    BUDDHA      ]

<    THE   APPEARANCE    OF   BUDDHA     >    NO,   1

<    仏 との  出会い  >   その 1

 「  BUDDHA    APPEARS    IN    THE    WORLD    OF   SUFFERING    BECAUSE
       HE   CAN    NOT   DESERT    SUFFERING    PEOPLE   .
       HIS   ONLY    PURPOSE    IS    TO    SPREAD   THE   DHARMA    AND   TO
       BLESS    ALL    PEOPLE    WITH    ITS   TRUTH   .

         仏が、 この世に現われるのは 、
  法( ダルマ ・ 真理 ・ 正しい道 ・ 正しい生活 ) を、説いて
  人々に、まことの 福利 ( 幸福 と 利益 )を、 恵むためである 。

   苦しみ 悩む 人々を 捨てることが できないから、
  仏は この苦難( 苦しみ ・ 困難 ・ 悲しみ )の 世界に 現れる 。

   IT   IS    VERY    DIFFICULT    TO    INTRODUCE    THE   DHARMA    INTO
     A    WORLD    FILLED   WITH    INJUSTICE    AND   FALSE     STANDARDS   ,
     A    WORLD    THAT    IS    VAINLY     STRUGGLING   WITH   INSATIABLE
     DESIRES     AND    DISCOMFORTS   .

       BUDDHA    FACES     THESE    DIFFICULTIES    BECAUSE    OF   HIS
     GREAT    LOVE    AND    COMPASSION    .

       世( 社会 ・ 世界 )に 道理なく 、 不正はびこり 、 欲にあくことなく 、
  身心ともに 堕落し 、命短き この世に 、 法 ( ダルマ ・ 真理 )を
  説くことは  はなはだ むずかしい 。

   ただ 大悲( 大 慈悲心 )( 愛 と 同情 )( いっしょに 苦しむ )
  ( COM     PASSION   )   のゆえに 、
  仏は この困難に 打ち勝つ 。                 」

  (   仏教聖典 より  引用です 、 日本語の補足 残月  )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  009.JPG

  010.JPG

  011.JPG

  007.JPG

     YASUKO    CYAN    (    10   YEARS    )

  004.JPG

       WELCOME     ,    MY    NEW    FAMILY    FROM    U.S.A.   BY    G.C.C..
                    THANK    YOU    VERY    MUCH   ,    I    AM    SO    HAPPY   .

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  015.JPG

      鹿 の  糞 で ございます ( 微笑 ) 境内なり

  016.JPG

      涙   (  小鹿 は 歓喜なり  )( 微笑 )

 022.JPG

    小鹿さん   どうですか   コレ 。
   さあ  くぐれるかな  ??

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD     DAY
           GOOD     LUCK
                 I     PRAY

           APPRECIATION
                 JOIN     MY    HANDS    TOGETHER

            ARASHIYAMA     MONK

          <    ENLIGHTENMENT     TOGETHER     >

              SORRY

              SEE     YOU     AGAIN

  

6月24日(水) 「 5人の中学生 」 その 10

  「  一度 、道場に 来なさい  」

  『  はい  』

  「  今度は、泊って いきなさい 」

  『  はい  』

  「  一泊 では だめだ 、三泊だ 」

  『  はい  』

  「  一週間 だ 」

  『  はい  』

  「  一番、つらい 一週間 を 」

  『  はい  』

  ・ 先生と 出会って
   五年以上してから、このような対話が
   できるように なりました 。

  ・ < 坐禅 >の ≪ 実修 ≫です 。

  ・  坐禅会 も 多くございます 。

  ・  理論は とても 大切ですが 、
     目的は 実践 実行 体得 、
    <  理解・納得 できて、
       理解・納得できなくても、
       「 ことば 」 「 その人 」 を
       信じて、 行う  >

  ・  ≪  身につけること ≫
    ≪  実行できること  ≫

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   中学生 の 実修 ・ 実習 は
   実に、 いいこと だと 存じます。

   いち早く
  嵐山 大悲閣  千光寺にて
  「  坐禅 の 実修  」
  「  仏道 の 実修  」
  「  人間 の 実修  」
      ・・・・
  「  精神鍛錬 の 実修 」
  「  身体鍛錬 の 実修 」 などを

   実修・実習 できる 寺院に
  きずき上げたい ものでございます 。

  ・ 鍛錬( たんれん )
     金属を 打って きたえ 強くする 。
      焼いて ねり きたえ 強くする 。

      《 純度 》 を たかめる 。。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    小生のことですが、
  「 障害児教育 」 の 実習に
  二週間 通ったことが ございます。

   京都府下 の 学校でした。
  いい 学習・鍛錬 でした 。
   お世話に なりました。
   三十年以上前の ことです。

  「 人間教育 」の中で、 実践して
  いくつもりで ございます 。

  駄弁の 饒舌 おゆるしを
    敬と愛を こめて

   残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  001.JPG

  002.JPG

           ある寺院 です

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  003.JPG

     大悲閣 の 池にも  蓮華を  (  微笑  )

  004.JPG

        WELCOME       WELCOME    ,
                              ようこそ  ようこそ 、 ありがとうございます 。
               THANK    YOU    VERY    MUCH   .

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    失礼 いたします
   末筆ながら  よき一日でございますように 。

  ・  現実 現場 の  実行 実践 をする 者・人・家  だからこそ、

     木に 非ず( あらず ) 、 石に 非ず、 < つまり 人間である >
     < しかし > 無思 ( おもう こと 無く 、 なす こと 無し 。 )( 大笑 )

     を、 めざしたい もので ございます 。 ごいっしょに 。

     つまり、
     よけいな ( 余計 余分 )ことは 、 思わない しない ( 微笑 )

   、、、、、、、、、、、、、

     よけい ばかりで
    厚顔  無恥 です

     愚僧  萬拝
   

PICTURE 6-23-2015

 [     THE    TEACHING     OF    BUDDHA     ]

<    THREE    ASPECTS     OF   BUDDHA,S    BODY    > NO,  11
<   仏 ほとけ の3つの 姿 ( すがた ・ 相 ・ あらわれ方 ) >

  「  THOUGH     BUDDHA    HAS   A   THREE–FOLD   BODY   ,
       HIS   SPIRIT    AND   PURPOSE    ARE   ONE  —
        TO    SAVE    ALL    PEOPLE   .

          IN    ALL    CIRCUMSTANCES    BUDDHA    IS   MANIFEST
       IN    HIS    PURITY   ,    YET    THIS   MANIFESTATION   IS   NOT  
      BUDDHA   BECAUSE   BUDDHA   IS   NOT   A    FORM    .

           BUDDHAHOOD    FILLS    EVERYTHING  ,   IT   MAKES  
        ENLIGHTENMENT    ITS    BODY    AND    ,    AS   ENLIGHTENMENT,
        IT   APPEARS    BEFORE    ALL    THOSE   CAPABLE    OF 
        REALIZING   THE   TRUTH   .

        仏 の 身体は 、三つ分かれるが 、
  それは ただ一つのことを、なしとげる ためである 。
  一つのこととは 、 言うまでも無く 、
  (  人々を 助け救う  ) こと である 。

   限り無い( 無限 ) すぐれた身を もって 、
  あらゆる 境界 ( あらゆる境遇 ・ 時 ・ 所 ・ 状況 )に
  あらわれても、 その身は 仏では ない 。
  仏は 肉体では ない からである 。

   ただ  《 さとり 》 ( 無常 ・ 無我 の自覚 と 慈悲の 行為 )を
  身として、 すべてのものに 満ち 満ち 、
  《 真実 》( 無常 すべて移り変わる ・ 無我  独立のものは無い )
  を 見る人の前に 、
  ≪ 仏 ほとけ ≫ は 常 に 、 現れる 。  」

   (  仏教聖典 から 引用 、 日本語の補足  残月  )

      1  肉体 (  身 ・ 物  )
      2  思い  (  意識 ・ 精神  )
      3  心    (  魂 ・ 霊  ) 

      1  大我
       2  小我
       3  無我

        1  わたしたち
        2  わたし
         3  わたしでない  わたし

                 (  復習です )( 微笑 )

          つづき  ます

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  002.JPG

  001.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、

  003.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  013.JPG

  012.JPG

  005.JPG

 010.JPG

 011.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 014.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD    DAY
         GOOD    LUCK

         APPRECIATION

          ARASHIYAMA

        <    ENLIGHTENMENT     TOGETHER   >

       SORRY
       SEE     YOU     AGAIN

6月22日(月) 「 素庵忌 」( 祥月命日 )

   嵐山  千光寺 ( 大悲閣 )は 、
  角倉 了以 ( りょうい ) ・ 素庵 ( そあん )の 「 父子 」に
  よって、建立されています。

   了以翁の 子息、 「 素庵 ( そあん ) 」
  寛永 九年 ( 1632 ) 六月 二十二日 なり 。
  本墓 は あだしの 念仏寺 で ございます 。

  
   『  六月朔 、危篤 、、、、
     輿( こし )にて 読書堂へ、、、
     、、、、、
     ( 鶴林玉露 )書物を 談じる、
     < 理 > と < 心 >と 通ずれば
     歎賞( たんしょう ・ ほめたたえる )す、、
     、、、
     二十二日 病革まる 。
     、、、
     危坐し 先聖に 焼香 再拝、、、、
     、、、
     二子と 弟 、、 手を執って 永訣す、
     春秋 六十 有二歳 、、。
     、、、、、、、、、、、、、、、
     、、、、、、、、、、、、、、、  』

   (  木碑 より )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   儒学者にして 自然科学者、
   芸術家にして 文化支援者 、

   父の片腕にして、
   偉大なる実務家 。

   まさに

   「 自分の向上と
     この世のために 尽くす 」 という

   人間本来の 生き方を
   全う成就なされた ような気がいたします 。

   すこしでも
   近ずきたい ものでございます 。

      つづき  ます

   素庵さまを したいて
    尊敬の念を こめて

    平成の大悲閣 、残月 。
    百拝 千拝 萬拝

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  001.JPG

 002.JPG

      鹿の ふん で ございます 。
     終日、鹿の対策の 一日で した ( 大笑 )( ふー )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 003.JPG

 004.JPG

    三年ぶり 東京から。  ようこそ ようこそ 。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 007.JPG

 006.JPG

 005.JPG

 009.JPG

   失礼いたします 
  末筆ながら よき一日で ございますように 。

 ・  非木 非石 、 無思 無為 。
   ( 木でない 石でもない、 でも 思い無く 為すこと無し  )「 玉露 」 より

   厚顔  無恥
    愚僧  萬拝

  

PICTURE 6-21-2015

   [     THE    TEACHING     OF    BUDDHA      ]

<    THREE     ASPECTS    OF    BUDDHA,S    BODY     >   NO , 10
<    仏 ほとけ の 三つの姿( すがた ・ 相 ・ あらわれ >

  「  THE    FORM    OF   BUDDHA    IS   ORIGINALLY    ONE
       DHARMA–KAYA   ,    BUT   AS   THE   NATURE   OF  
       PEOPLE    VARIES  ,   BUDDHA,S   FORM    APPEARS   DIFFERENTLY   .

         ALTHOUGH    THE    FORM    OF    BUDDHA    VARIES   ACCORDING 
      TO    THE    DIFFERENT   DESIRES   ,   DEEDS   AND   ABILITIES    OF
       PEOPLE    ,    BUDDHA    IS   CONCERNED    ONLY    WITH   THE
       TRUTH   OF   THE    DHARMA   .

         仏の身( み ・ すがた ・ あらわれ方 )は 、
  もともと 、一つの 法身( ほっしん ・ 真理 ・ ダルマ )で
  あるけれども 、

  人々の性質が 異なっているから 、
  仏の身(体)は 、色々に 現れる 。

   しかし 、人々の求める心や 、行為や 、その能力によって 、
  人の見る < 仏 の相 >( すがた ・ あらわれ )は、
  ちがっていても 、

   < 仏 >は 、< 一つ >の < 真実 >を
  見せる のみで ある 。   」

    (  TO    BE    CONTINUED   ,    つづき  ます  )

    ・   結局は 、
      わたしたち 人間そのもの の事かも しれません 。

      わたしたちも 、 三つかも しれない 。

      1  肉体 ( 身 ・ 物 )
      2  思い ( 意識 ・ 精神 )
      3  心  ( 魂 ・ 霊 )

      1  大我
      2  小我
      3  無我

      1  感謝
      2  慈愛
      3  空 ( 無限 ・ 永遠 ・ 神仏 )

      1  社会( 地球 ・ 世界 ・ 環境 )
      2  個人( 体重 ・ 身長 ・ 性質 )
      3  天地( 循環 ・ 自然 ・ 宇宙 )

      1  わたしたち
      2  わたし
      3  わたし でない  わたし  < 大笑 >

       つづき ます

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  022.JPG

  019.JPG

  025.JPG

     WELCOME   ,    MY   FRIEND   AND   MOTHER   FROM    DOMINICA   .
                            YOU    VISIT   THIS   SMALL   TEMPLE   IN   MOUNTAIN   TWICE  .

                 NICE    TO    MEET    YOU  ,    THANK    YOU    VERY   MUCH   .

                 HIS   MOTHER    WILL    GO   TO   THE   HOME    TOMORROW    .

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 032.JPG

 037.JPG

       松尾谷 にて

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 038.JPG

       おたくさ  ( 長崎人 の 小生 )  < お滝さん と シーボルト >

 042.JPG

     隣人 星のや さま の お仕事で ございます 。
       ありがたく ぞんじます 、 合掌 。

 044.JPG

     、、、、、、、、、、、、、、、、、

      GOOD     DAY
                 GOOD    LUCK

                 APPRECIATION

                 ARASHIYAMA

              <    ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                SORRY

                 SEE    YOU     AGAIN   
 

6月20日(土) 「 5人の中学生 」 その 9

   先日、ある 勉強会に 参加しました。
 ある 雑誌の 輪読会みたいな もので ございます。

  10年以上前から 購読しているの
 ですが、なかなか 読めずにいて もうやめるか
 と存じました 。

  「 そうだ。 最後に 輪読会に参加してから
   それでも 勉強できなければ、もう
   購読も やめようか ? 」

   小人数ですが、なかなか すばらしく
  参加させて もらって います 。

   また、ご紹介させて いただきます 。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   決まった 宗教・哲学でなく
 幅広く、 「 人間の 英知 ( 叡智 ・ 叡智 ・ えいち ) 」を
 学ぼうという もので ございます 。

  ただ、 東洋人の会ですから
 東洋思想が 中心になって いますが 、
 人類普遍の よき思想の 勉強会で ございます 。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 『  自分を 人間として向上させたい
  すこしでも 、 世の中のために 役に立ちたい 。 』

   という、 だれもがもつ、 本来の

 <  心・志・ 思い・願い ・ 本心・ 良心 ・ 夢 >に

  気づき 少しでも 、成長したいと
 願う 人々の 集まりで ございます。

   ( 仏教的には 「 菩薩 ( ぼさつ ) 」 の 心で
   ございます 、 どなたも 持っている )

   ・ 人間学 ( にんげん がく )
   ・ 人間向上学 ( 真 の 学問 )
   ・ 人間教育 で ございます 。

   早朝の 野暮用のため これにて 失礼いたします。

  駄弁ながら
   敬と愛を こめて
     残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  001.JPG

     あめふりや   サワガニひとり   ひとりかな

  002.JPG

  018.JPG

     剪定いたしました ( 微笑 )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  010.JPG

       WELCOME     ,     FROM     ISRAEL

  014.JPG

      半夏生 ( 半化粧 ) の はじまり 。
          鹿が 食べないという ( ある 園芸家 )
              ここ半年は 無事でございます ( 微笑 )

  013.JPG

                    FROM     CANADA
                                HE    SAID    THIS    WORD    <    BASYOU  (  芭蕉 ) >  .
                                 I    WAS     SURPRISED    AT   THE   NAME   .

  015.JPG 

                   北海道から、京都で 「 和食 」の 研修だったそうです 。
           都の長者、了以翁も 応援してくれます 。
      < 二十歳、前進あるのみ 、壁あれば 体当たりです( 微笑 ) >

  023.JPG

    失礼いたします
  末筆ながら よき一日で ございますように

  ・  写真は あした 説明いたします

   厚顔  無恥
    愚僧  萬拝