PICTURE 5-24-2015

 
  [     THE    TEACHING     OF     BUDDHA     ]   NO  ,   10

 「  HE   TRAINED    HIMSELF    TO   AVOID    ANGER   ,   AND   HE
     WISHED    THAT   ALL   PEOPLE   MIGHT    LOVE   ONE   ANOTHER   .

        憎しみ( にくしみ )を 離れる( はなれる )行( ぎょう )を
  修( おさ )めて、人々の心( こころ )に、
  慈( いつく )しみの 思( おも )いが、
  あふれるようにと、 願( ねが )った 。

   HE   TRAINED   HIMSELF    TO   AVOID   IGNORANCE   ,    AND
    HE    WISHED     THAT    ALL    PEOPLE     MIGHT    UNDERSTAND
    AND     NOT    DISREGARD    THE    LAW    OF   CAUSATION   .

        愚かさ( おろかさ )を 離れる行を、修めて、
  人々に < 因果( いんが )の道理( どうり ) >を
  無視( むし )するという 誤った( あやまった )考え( かんがえ )が
  ないようにと、 願った 。

                ・ < 因果 の 道理 >
         行為に よる  原因 ・ 結果
         業( ごう ) ・ カルマ ともいう

         あくまで、本来 、
        人間の 『 努力精進の 行為 』により
       『 未来をつくる 』 ということを 強調することで
       あり、過去に しばられたりする ことでは
       けっして ない 。  残月
     

   、、、、、、、、、、、、、、、、、

   THUS    BUDDHA,S    COMPASSION    EMBRACES    ALL
      PEOPLE   ,    AND    HIS   CONSTANT    CONSIDERATION    IS
      FOR    THEIR    HAPPINESS   .
          HE    LOVES    PEOPLE    AS    PARENTS   LOVE   THEIR   CHILDREN
      AND    HE    WISHES   THE    HIGHEST    BLESSEDNESS   FOR   THEM  ,
      NAMELY    ,    THAT    THEY    WILL    BE    ABLE    TO   PASS    BEYOND
     <  THIS   OCEAN    OF   LIFE    AND    DEATH  >  .

       このように 、仏の慈悲は すべての人々に むかうものであり、
  その 本領( ほんりょう )は すべての人々の 幸福( こうふく )の
  ため以外の、何ものでもない 。

   仏( ほとけ )は あたかも 父母( ちち はは )のように 、
  人々を あわれみ 、人々に< 迷い( まよい )の海( うみ ) >を
  渡( わた )らせようと 願った 。

       ・ < THIS    OCEAN   OF    LIFE    AND   DEATH     >
         < 迷い( まよい ) の 海( うみ ) >

         < 「 生 と 死 」 の 世界 >
           つまり
            「 損 と 得 」
            「 好き と 嫌い 」
            「 良い と 悪い 」
            「 快 と 不快 」
            「 暑い と 寒い 」
            「 男  と 女  」
            「 親  と 子  」
            「 老  と 幼  」
            「 大  と 小  」
            「 美  と 醜  」
            「 裕福  と 貧乏 」
            「 優越  と 卑下 」
            「 自慢  と 自虐 」
              ・・・・・・

            「 生 と 死 」 の 世界で

             ふりまわされて 生きて いくのか ?
             楽しんで 生きて いくのか ?  
             自分中心で 生きて いくのか ?

          ・  二つの世界、
              いったり きたり たのしいなー、

            でも、

             まよわないで くださいませ
             苦しまないで くださいませ
             苦しめないで くださいませ

      つづき ます
           嵐山  残月

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  002.JPG  

                       HAIRY     CATERPILLAR

 003.JPG

    WELCOME   ,
                   OUR  STUDENTS    IN    KYOTO    FROM     MANY    COUNTRIES   .

 004.JPG

 006.JPG

 008.JPG

 010.JPG

     BLACK     LILY     (   黒 百合  ・  くろ ゆり  )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

      GOOD     DAY
           GOOD     LUCK
                I     HEARTILY     PRAY    .

             APPRECIATION
                JOIN     MY    HANDS    TOGETHER

                MONK    OF    ARASHIYAMA      JAPAN   

         <     WISH    TO    ENTER    INTO    A     LIFE   OF
                     ENLIGHTENMENT     TOGETHER     >

                   SEE      YOU   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です