PICTURE 5-22-2015

   [    THE     TEACHING     OF    BUDDHA    ]   NO ,   9

 「  HE   KEPT    HIMSELF   FREE    FROM    IDLE   TALK   ,   AND   THEN
      WISHED    THAT    ALL    MIGHT    KNOW    THE   BLESSEDNESS   OF
      SYMPATHETIC   UNDERSTANDING   .

     (    むだ口を 離れる 行< ぎょう > )を 修めて< しゅう >は、
 < 修行 ( しゅう ぎょう )・ 修行を 積む ・ 生活の中で 損得・好悪
   ( こうお )に 関係無く、 自分自身の 命をむける 、なしていく、
   味会う、、、、、  >
   人々に おもいやりの心を  つちかうようにと  願った 。

   BUDDHA    ,   AIMING   AT   HIS   IDEAL   ,   TRAINED   HIMSELF   TO
    KEEP   FREE    FROM    GREED   ,     AND    BY   THIS   VIRTUOUS  
    DEED    HE   WISHED    THAT    ALL    PEOPLE    MIGHT    KNOW
    THE    PEACEFULNESS    THAT   WOULD    GO   WITH   THIS   FREEDOM  .

      また、 仏( 釈迦 しゃか ・釈迦族 の尊者 ・シッダルタ )は
  仏に 成ろうとして、 貪り( むさぼり )を 離れる行を 修め 、

  その功徳( くどく )によって、
 人々が < 貪りの 心 >が ないようにと 願った 。   」

 (  仏教聖典からの 引用  )

   ・  貪る むさぼる 心 とは 何か ?

      つまり、
      満足できない とは どういう事なのか ?

      ここは 大切なので
     ともに、自分自身を みつめつつ
     ともに、考え 探究して いきたく 存じます

     ゆったりと
     つよく ・ やさしく ・ なかよく
     いき つづけて いくために 。

             嵐山  残月

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  016.JPG

     渡月橋 と 屋形船 
 
      「  水上や  なんと素晴らし  この世界
          心がとけて  流れ行くかな  」

  001.JPG

     新人 の お二人
       「 よろしく お願い申し 上げます 、
          おたのみ いたします  」  ( 合掌 )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  002.JPG

         行き(    GO   )

  003.JPG

       かえり  (  RETURN    )
               MY     NEW     FAMILY    ,     WELCOME    ,    I    AM     SO    HAPPY    .

  006.JPG

    本日 の 船頭さま
     「  いつも  ありがとうございます  」  ( 合掌 )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  008.JPG

  007.JPG

     ジャスミン  ちゃん   8ヵ月   

     009.JPG

            京都 から 兵庫 へ

         しあわせな  こねこ一匹  あらしやま

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  013.JPG

     デート 中  「  ようこそ  、  ありがとう   」

  014.JPG

     ヒマラヤ での 冥想経験者
     比叡山の 千日回峰行 についても 詳しい
     イギリスのお方、 長期滞在中という 。

         SEE    YOU    AGAIN   .

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    失礼いたします
  末筆ながら よき一日で ございますように 。

   厚顔   無恥

   間違えました

    GOOD    DAY
           GOOD     LUCK

           APPRECIATION

          MONK   OF   ARASHIYAMA

        <      ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

    

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です