5月31日(日) 「 ある日の出来事 」 その 9

  その若者は いつも思っていた 。
 「 皿洗い 」 と 「 草取り 」 が
 できれば、 世界中どこへ行っても
 暮らすことができるのではないか ?

  食物の生産や 捕獲が
 一番いいことなのでしょうが。
 自給自足( じきゅう じそく )
 できないなら 、社会・地域・
 共同体の中で、役に立てる
 ことが できたら、生きてくけそう
 だぞ 。

  人が 嫌がること、
 さけていることを、進んで
 できるようになれば、
 仕事は たくさん あるでは
 ないか ?

  その仕事をしながら、
『 人格を 磨き
 いい人間になり、
 自分の立場から
 社会に 貢献できれば
 幸福では ないか
 立派では ないか 』 と、
 考えていた 。

  しかし、まだ、
 人間を支える 考え・哲学と
 しては よわい 。
 反対意見を 言われると、
 よろめき そうだ、実際、
 現実社会では 弱い 。

 「 ボランテイア 精神 」 と
 よばれるような、利益中心じゃない
 社会活動が だいぶ日本に
 広がってきているようなので、

 ここから、本当の意味の
 「 ボサツ 精神 」 が
 私たち、かよわき人間を
 支える 考え・哲学・思想に
  ならなければ、
 ならないような 気が
 いたします。

 なるべきである、 と存じます。

  つまり
 「 皿 洗い 」 の 時、
 「 草 とり 」 の 時、

 何を 考えているのか ?
 何を 考える べきなのか ?

 、、、、、、、、、、、、、、、、

  私たち人間の、
 いつの時代も、
 どのような人でも、
 いだき苦悩するの問題で
 ございます 。

 「 心の 平安・調和 」 と

 「 世界 の 平安・調和 」 を

 いかに 結びつけるか ?

  ・ 自分中心にならず
  ・ 自暴自棄にならず
  ・ 自縄自縛 せず
  ・ 自己放棄 せず
  ・ 無関心 でなく
  ・ 無責任 でなく
  ・ 思考 停止 でなく
  ・ 判断 放棄 でなく

  日常生活の
「  こころ がまえ  」 が
 一番 大切 なのかも しれません 。

  どう 思い
  どう 意識して

  この 目 耳 鼻 手足
  この 心 ・・・

  たもち つかうべきなのか ?

  つづき  ます

  駄弁の饒舌 おゆるしを
 敬と愛とともに  残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 039.JPG

   JASS   日本 セカンド ライフ協会 の 皆さまです 。
    「  どうぞ どうぞ、もっと もっと 、おこしください 。
       < セカンド ライフ >の 目的は
       < おさとり を 開くこと >では
         ございませんか ? ( 微笑 )

       東洋の 無我・無為自然・解脱・菩提・涅槃
             般若・ニルバーナ・パンニャ
             日本の高齢者の方々も 学んでいただきたい。

       海外の方々が 多いでは ございませんか、現在。

       法話は 無料です。
        10分 でも 。  5分でも ちがう ような気が します 。
       < 空 に 心を おくこと >( 心 を 開く )
       < 魂 を 磨く >
       < 命 を 味会う >
           簡単すぎます ( 大笑 )
           実行はむずかしい ( 笑えない )
           だから、
           どうすべき なのか ?
          
        
        090 2062 9710 < 大林 >  まで  」

 040.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 045.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 042.JPG

    いいカップル 、ありがとう 、しあわせに 。

 044.JPG

   「  わたくしは  たこやき ・ おこのみやき  とても
       だいすきです 。  すばらしい、 いい  」( アメリカ 留学生 )

   『  大好き、わんわん わん 』  (  黒松くん  )

 043.JPG

   台湾の若者 、欧州に留学してたという 。

     「  台湾の 最近の 映画は すばらしい ですね  」
     「  ありがとう  」
     
       ・  明治時代の日本政府も 描かれている

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  013.JPG

  014.JPG

      われらが  なかま 、 地上の 生き物 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    失礼たします
  末筆ながら  よき一日でございますように

   厚顔  無恥
    愚僧  萬拝

 

PICTURE 5-30-2015

  [     THE    TEACHING    OF    BUDDHA     ]   NO ,   13

「 THIS    WORLD   IS   A    BURNING    HOUSE   .  

  この世は、
 この世界は、
 まこと 火の家 である 。 」

( 仏教聖典 より )

  ・  この世は 楽園である
    この世界は 極楽である 、とも 思う、
   わたしたち 人間である 。

    真実は どうなのでしょうか  ?

     つづき  ます
    みなさまも、 お考えくださいませ 。

        (    野暮用のため 超短縮型です、 おゆるしを  )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 001.JPG

 003.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 005.JPG

   この雲や 流れ流れて いずこより

 006.JPG

    先日 どなたかが 掃除 して くださいました 。( 2 回目 )
       すみません 、 でも まことに  まことに ありがたく 存じます 。
                   大合掌

 007.JPG

 008.JPG

     うまれきて  ひるねあじあう  このよかな

 010.JPG

    この世をば  火宅( かたく )というか  おろかもの
       人の心は  神仏( かみ ほとけ )なり   、 合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     GOOD     DAY
                 GOOD    LUCK

                APPRECIATION

               MONK    OF    ARASHIYAMA

         <    ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

              I     AM     SORRY   .

             SEE    YOU    AGAIN

     と

5月29日(金) 「 ある日の出来事 」 その 8

  ときどき 電話が かかってきます。
 「 お参りに 来て下さい 」
 「 はい 、でも 夕方かな 」
 「 いいですよ 。 かあさんもいます 」
  エンマ堂の側の 昔から友人です。

  千本の塔婆( とうば )があったという
  場所の 近くでございます。
   < 千本通り ぞいです 、北方 >

   年下ですが、母親と二人くらしの
  親孝行の いい男です 。
  学生時代、うどん屋さんの、皿洗いと
  出前のアルバイトで知り合いました。
   夜間高校の生徒さんでした。

    そうなのです 。
  京都には 『 閻魔大王 ( えんま ) 』
 ( 地獄の 主神 ) が
 いらっしゃい ます。 ご存知でしょうか ?

  生きている時に、悪いことをすると、
 地獄( じごく )に 落とされ 
 その罪に 応じた < 苦しみ >を
 体験させられる という 世界です。
  という 「 世界観 」でございます 。
             ( 微笑 )

  死後、00日後、
 生前の罪を 閻魔庁( えんまちょう )にて
 私たちの行状( ぎょうじょう )
 日々の生活の ありさま、罪過( ざいか )を
 記入した 閻魔帳( えんまちょう )を
 見ながら 裁かれ( さばかれ )
 処罰( しょばつ )されるという 。

   ああ、おそろしや 。。
   あああ、 おおそろしやー 。。。

 ( 微笑 )( 笑 )( 大笑 )
 ( 笑えない )( 笑えないぞ )( たいへんだ )

    つづき ます

  駄弁の 饒舌 おゆるしを

  敬と愛と ともに
    残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  002.JPG

  004.JPG

    帰りです。 歩かれた方々も 。 9人のお方。 特別コースでした ( 微笑 )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  005.JPG

    本日の船頭さま 「 いつも ありがとうございます 」 合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  003.JPG

     楓子( ふうこ )ちゃん  いらっしゃい

 007.JPG

     タイ の いい青年 たち

 010.JPG

    タイ の 医学生 と 名古屋の娘さんたち ( 鈴虫寺の 帰り )
                ありがとう

  失礼いたします
    いい一日を

   厚顔無恥
     愚僧萬拝

  

PICTURE 5-28-2015

  [     THE    TEACHING     OF    BUDDHA      ]    NO  ,    12

 「  THE   MAN   WAS    AWAY    FROM   HOME    AND   WHEN   HE
     CAME    BACK   ,   HE   FOUND   THAT   HIS   CHILDREN   WERE   SO
      ABSORBED   IN   PLAY   ,    HAD   NOT   NOTICED   THE   FIRE   AND
      WERE   STILL    INSIDE    THE   HOUSE   .

          たまたま 外にあった  長者( ちょうじゃ ・ お金持ち )は
  帰宅して 驚き 、 子どもたちを 呼んだが 、 彼らは
  遊びに ふけって 、火にきづかず 、家の中に とどまっていた 。

    THE    FATHER    SCREAMED    ,    GET   OUT ,  CHILDREN   ,  
    COME   OUT    OF   THE   HOUSE   ,    HURRY   ,   …

        BUT    THE   CHILDREN    DID   NOT   HEED    HIM    .

    父は 子供たちに向かって
   <  子どもたちよ  にげなさい  出なさい  >と叫んだが、
    父の ≪ 呼び声 ≫ に、気がつかなかった 。

     THE    ANXIOUS    FATHER    SHOUTED    AGAIN   ,   CHILDREN  ,
     I    HAVE   SOME    WONDERFUL    TOYS   HERE   ,    COME   OUT
     OF   THE   HOUSE    AND    GET   THEM  ,  HEEDING   HIS   CRY
     THIS    TIME   ,    THE   CHILDREN    RAN    OUT    OF   THE   
     BURNING     HOUSE  …

    心配する父は こう叫んだ 
   < ここに 珍しい おもちゃが ある 。 早く出て来て取るが よい。 >

     ≪ おもちゃ ≫ と聞いて 勇み立ち、
  ≪  火の家  ≫ から 飛び出して 、災い( わざわい )から、
  まぬがれる ことが できた 。    」

   (  仏教聖典 からの 引用で ございます  )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  003.JPG

  004.JPG

     WELCOME  ,     MY   NEW    FAMILY  .

  007.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 010.JPG

 014.JPG

 015.JPG

       ベルギー ・ ブルッセル からの 旅人
        京都駅に ベルギーのお店が できてるような、、、、、。
          それにしても、「 ベルギー 」「 ブルッセル 」も 発音が
          さっぱり わかりませんでした 。 紙に書いていただきました 。( 大笑 )

      ようこそ  ようこそ 、日本に  嵐山に  、この山の上に
              ありがとうございました 。

 017.JPG

     I    AM    SORRY    ,     I     DO   NOT    HAVE     TIME   .
                       SEE     YOU    TOMORROW

  

5月27日(水) 「 ある日の 出来事 」 その 7

   その若者は 海の中にいた 。
  八月 というのに 寒い 、泳げない。
  でも、地元の人々が 案内してくれて
  て とても ありがたい事でした 。

   そこは、ポルトガルの首都
  リスボンの港でした 。
  アフリカから 難民が来て混乱
  している、世界の若者が集い
  何かできないだろうか ?
  という、主旨でした 。

   それも、宗教を学んだり
  宗教に かかわっている若者が
  集まり、協力しようではないか?

  「 もう、議論は いい 。
   もう、話し合いは しなくて いい 。 

    現実、苦しんでいる・
   困っている人々のところへ
   行き、できる事を すこしでも
   実現しようでは ないか 。  」

   30歳くらい、まだ 悩める青年は
  参加を 決意いたしました 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、

   30歳にもなり、
   いったい 何を 思い煩う( わずらう )
   のでしょうか ?
    
    < バカ >
    < あほ >
    < まぬけ >
    < きちがい >
    < なまけ >
    < あまちゃん >
    < やまい > では ないか ?

     そうかも しれない 。

   「 身体 」 の 健康 とは 何か ?
   そして
   「 精神  」の 健康 とは 何か ?
   つまり
   「 こころ 」 の 健康 とは 何か ?

   ひいては
   「 社会 」 の 健康 とは 何か ?

   また、やはり、
   「 家族 」 の 健康 とは 何か ?

   ≪ 健康 ≫ という
  もとめるべき < 理想の状態・内容・在り方 >
  を、 もとめていた 。

  ≪ 理想 ≫とは
  『 命 ・ 心 』 が もとめるべき もの
  ではないか ?

  ≪ 調和 ≫ なのか ? ?

   、、、、、、、、、、、、

   仏教でいう 「 さとり 」 とは
 その「 理想 」である 「 調和 」 の状態 なのか ?

   こういった 観点から
  この 若者 の < 仏教探究 >は
  はじまった 。

    つづき  ます

 駄弁 無駄口、はずかしき 饒舌、 おゆるしを

   敬と愛と ともに
     残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 001.JPG

 003.JPG

 004.JPG

 008.JPG

     90歳 の お方が 来て下さいました 。

     「  無 老死  」  合掌 

     『 般若・ 仏 の 光よ 、お包みください 』  大合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 006.JPG

   本日の 船頭さま  「 いつも  ありがとうございます  」

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  010.JPG

 011.JPG

    黒松 くん、 世界の 犬好きのみなさんに 可愛がられてます 。
       ありがとございます 。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 014.JPG

     大悲閣 の 裏門 です 。
       いつか 公開したいです  。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   失礼いたします
     よき一日を

   厚顔無恥   愚僧萬拝

 

PICTURE 5-26-2015

  [     THE    TEACHING     OF    BUDDHA      ]    NO  ,    11

 「  IT    IS    VERY    DIFFICULT    FOR   THE   WORDS   SPOKEN
     BY    BUDDHA     FROM    THE    FAR    BANK    OF   ENLIGHTENMENT 
     TO   REACH     THE    PEOPLE   STILL   STRUGGLING    IN   THE
     WORLD   OF   DELUSION   ,   

          THEREFORE    BUDDHA    RETURNS
     TO    THIS    WORLD    HIMSELF    AND   USES   HIS   METHODS   OF
     SALVATION  .

        <  さとり >の 岸に立って、
 <  迷いの 海  >に 沈んでいる 人々に よびかける
 < 仏 の 言葉 > は、 人々の耳には 容易に 聞こえない 。

   だから、 仏は 自ら <  迷いの海  >に 分け入って、
 救いの 手段を こうじた 。

  、、、、、、、、、、、、、、

   NOW   I    WILL    TELL    YOU    A    PARABLE   ,    BUDDHA    SAID   ,
   ONCE    THERE   LIVED    A     WEALTHY    MAN    WHOSE   HOUSE  
   CAUGHT    ON    FIRE   .
        ……………       …………………….     ……………

      さて 、 それでは 一つのたとえ を 語ろう 。

 ある町に 長者があって、 その家が 火事に なった 。

      (  つづき  ます  )      」

  (  仏教聖典 からの  引用   )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

  003.JPG

  004.JPG

  005.JPG

               朝、修学旅行生と いっしょ でした 。
           いい人間に なること 。( 人間の 目的 )
           いい社会を つくること 。
           いい仕事を すること 。
           いい学習を すること 。

           我 を つくり
           我 を こえる、 人間の歓喜を 。

  006.JPG

           WELCOME   ,     MY    NEW    FAMILY     FROM    U.S.A.   BY   G.C.C..
                          THANK    YOU    VERY    MUCH   ,    I   AM     SO    HAPPY   .

  007.JPG

 008.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 010.JPG

 014.JPG

 015.JPG

     

    GOOD     DAY
              GOOD    LUCK
                     I     HEARTILY    PRAY   .

               APPRECIATION
                        JOIN     MY   HANDS     TOGETHER 

               MONK     OF    ARASHIYAMA     JAPAN

       <   WISH    TO    ENTER    INTO    A     LIFE    OF
                   ENLIGHTENMENT     TOGETHER      >

              SEE     YOU

5月25日(月) 「 ある日の出来事 」 その 6

   ある夜、眠くて眠くてたまりません。
 事務所から、寝床の 雑然とした 倉( くら )に
 向かいます 。 そこは、寺院で使用する品々で
 いっぱい です。 塔婆も ロウソク・線香・お札
 時には、お骨箱、おもしろい世界です 。

  もう、寝る、もう ダメだ 。
 すると、頭に浮かんできました 。

 ( しまった、 水屋のお茶の 台布巾 ふきんを
  出したままだ 。もとの 位置にもどさなくては。
  ねむい、 ねむい 、 行かねばならない。
  朝 早くおみえの方に 悪いぞ 。 )

  まさに、 這いながら 行きました 。
  わずか 3メートルくらいですが 。( 微笑 )

  そして、立ち上がり、
  布巾に 手を置き わずか 30センチですが
  移動すると 同時に、

  『 物 と 心 は、 本来 一つ なのだ 』

  という、思いが 頭に 浮かんで来て
  目が覚めて しまいました 。 ( 大笑 )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  < 物心 一如  ぶつしん いちにょ  >

  物 と 心 は  「 一つ 」 である 
             「 不 二 」 ( ふ に )である。

  と、いわれて なかなか 思えない、
  納得できない 。 そのように 生きれない。

   あの < 瞬間 >そう 思え・確信しても
  そのようには 、生活は できてないでしょう。
  ( 反省 ・ 反省 ・ 大反省 )( 大笑 )

   このような、 小さな 「 気づき 」の連続が
  人間生活であり、日常生活であり、
  日日 成長という ことかも しれません。

  < 一如  いちにょ  >
  < 不二  ふに  >

   日日の 生活で 活かしたいもので
   ございます 。

   簡単に おもえば、
  < 一つ に こだわらない >と
  いうこと  でしょうか  ?

   でも、< こだわり >の大切さも
  ございます 。

 「  こだわる  ようで  こだわらない
   こだわらない ようで  こだわる

   こだわる ようで こだわらない
    ・・・・・・・・・・・           」 ( 大笑 )
  ( やってられないぜ )( 大笑 )
  ( 笑えない )( 微笑 )

  ・ この 非論理、矛盾、曖昧( あいまい )さが、

   すべての存在の、安定と安心 つまり
  幸福を 願う < 本心・仏心 >の
  表現に ほかありません。

 <  すべて を 活かす >という
 観点では、『 思いこまない 』
        『 決め込まない 』
        『 定めない 』
       ことが 大切です 。
     ( むずかしい ですが )< 26日 記 >

   つづき ます

  駄弁 饒舌  おゆるしを
   敬と愛を こめて
      残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 006.JPG

     山の向うに、山 また 山 また 山 、、。

 007.JPG

     客殿改修してくださった、宮大工さま です。
       「 こんにちは  かりん ちゃん  、いいねー おとうさんと いっしょ 」

 010.JPG

     ありがとうございました、犬族の面倒を みていただきました 。

 013.JPG

 016.JPG

 012.JPG

     千光寺 の 居士さま・ 大姉さま
      ・ 池の中に、何か ? 作ってくださってます、まだ 工夫中のようです
          有難く存じます。 合掌

 014.JPG

 018.JPG

     「  ようこそ、 お嬢さん ( 微笑 )  」

            気を つけて ください ませ 。
             山の上まで、ありがとうございました  。

    写真の説明は  明日 いたします

    失礼 いたします

    厚顔  無恥
      愚僧  萬拝

PICTURE 5-24-2015

 
  [     THE    TEACHING     OF     BUDDHA     ]   NO  ,   10

 「  HE   TRAINED    HIMSELF    TO   AVOID    ANGER   ,   AND   HE
     WISHED    THAT   ALL   PEOPLE   MIGHT    LOVE   ONE   ANOTHER   .

        憎しみ( にくしみ )を 離れる( はなれる )行( ぎょう )を
  修( おさ )めて、人々の心( こころ )に、
  慈( いつく )しみの 思( おも )いが、
  あふれるようにと、 願( ねが )った 。

   HE   TRAINED   HIMSELF    TO   AVOID   IGNORANCE   ,    AND
    HE    WISHED     THAT    ALL    PEOPLE     MIGHT    UNDERSTAND
    AND     NOT    DISREGARD    THE    LAW    OF   CAUSATION   .

        愚かさ( おろかさ )を 離れる行を、修めて、
  人々に < 因果( いんが )の道理( どうり ) >を
  無視( むし )するという 誤った( あやまった )考え( かんがえ )が
  ないようにと、 願った 。

                ・ < 因果 の 道理 >
         行為に よる  原因 ・ 結果
         業( ごう ) ・ カルマ ともいう

         あくまで、本来 、
        人間の 『 努力精進の 行為 』により
       『 未来をつくる 』 ということを 強調することで
       あり、過去に しばられたりする ことでは
       けっして ない 。  残月
     

   、、、、、、、、、、、、、、、、、

   THUS    BUDDHA,S    COMPASSION    EMBRACES    ALL
      PEOPLE   ,    AND    HIS   CONSTANT    CONSIDERATION    IS
      FOR    THEIR    HAPPINESS   .
          HE    LOVES    PEOPLE    AS    PARENTS   LOVE   THEIR   CHILDREN
      AND    HE    WISHES   THE    HIGHEST    BLESSEDNESS   FOR   THEM  ,
      NAMELY    ,    THAT    THEY    WILL    BE    ABLE    TO   PASS    BEYOND
     <  THIS   OCEAN    OF   LIFE    AND    DEATH  >  .

       このように 、仏の慈悲は すべての人々に むかうものであり、
  その 本領( ほんりょう )は すべての人々の 幸福( こうふく )の
  ため以外の、何ものでもない 。

   仏( ほとけ )は あたかも 父母( ちち はは )のように 、
  人々を あわれみ 、人々に< 迷い( まよい )の海( うみ ) >を
  渡( わた )らせようと 願った 。

       ・ < THIS    OCEAN   OF    LIFE    AND   DEATH     >
         < 迷い( まよい ) の 海( うみ ) >

         < 「 生 と 死 」 の 世界 >
           つまり
            「 損 と 得 」
            「 好き と 嫌い 」
            「 良い と 悪い 」
            「 快 と 不快 」
            「 暑い と 寒い 」
            「 男  と 女  」
            「 親  と 子  」
            「 老  と 幼  」
            「 大  と 小  」
            「 美  と 醜  」
            「 裕福  と 貧乏 」
            「 優越  と 卑下 」
            「 自慢  と 自虐 」
              ・・・・・・

            「 生 と 死 」 の 世界で

             ふりまわされて 生きて いくのか ?
             楽しんで 生きて いくのか ?  
             自分中心で 生きて いくのか ?

          ・  二つの世界、
              いったり きたり たのしいなー、

            でも、

             まよわないで くださいませ
             苦しまないで くださいませ
             苦しめないで くださいませ

      つづき ます
           嵐山  残月

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  002.JPG  

                       HAIRY     CATERPILLAR

 003.JPG

    WELCOME   ,
                   OUR  STUDENTS    IN    KYOTO    FROM     MANY    COUNTRIES   .

 004.JPG

 006.JPG

 008.JPG

 010.JPG

     BLACK     LILY     (   黒 百合  ・  くろ ゆり  )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

      GOOD     DAY
           GOOD     LUCK
                I     HEARTILY     PRAY    .

             APPRECIATION
                JOIN     MY    HANDS    TOGETHER

                MONK    OF    ARASHIYAMA      JAPAN   

         <     WISH    TO    ENTER    INTO    A     LIFE   OF
                     ENLIGHTENMENT     TOGETHER     >

                   SEE      YOU   

5月23日(土) 「 ある日の出来事 」 その 5

  その学生は、アルバイトをしていた。
 それは、大きな寺院の「 夜警 」でした。

  夕方、5時から 翌朝 7時まで 。
 8時 ・ 9時 ・ 10時 の見回りでした。
  その後、睡眠もとれました。 ただし、
 倉( くら )の中でした。 ( 微笑 )

  大きな建物の 内部と、
 巨大な建造物のある境内( けいだい )を
 ぐるぐる と 見て回るという 簡単な
 内容でした 。

  事務所の 夜の電話番も兼ねて
 いましたが、 あまりかかってきませんし、
 僧侶の方とか、年配の職員さんとの コンビ
 でしたので 、今 思えば、気楽な仕事
 だったかもしれません 。

  お部屋の 片隅で、
 書物を開き、本も読めましたし
 精神的に しばられる事もなく、
 学生にとり、とてもとても
 ありがたい バイトで
 ございました 。

  同学年で 一番顔が広そうな
 北海道出身者 と 一番付き合いが
 せまそうな 九州出身者の学生の
 出会いと 友情の たまものでした。

  新聞もございますし、
 大寺院ですので 、全国からの
 お供えの お菓子が豊富で
 色々と味会わせていただきました。
 ありがたいことだと
 感謝する 若者でした。

   
   つづき ます

 駄弁 饒舌なれど
  敬と愛を こめて

  残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 002.JPG

    WELCOME  ,    MY    NEW   FAMILY    FROM    U.S.A.   BY    G.C.C..
                  THANK    YOU    VERY    MUCH   ,    I    AM    SO    HAPPY   .

 004.JPG

 006.JPG

 012.JPG

            高校生たち
     <  いいぞ、 かたやぶり( 型破り )だ 、あばれろ 若者たち  >

     ・  大人は、 苦労して 四苦八苦して( 型 ・ 形 )を つくる 。
                               若者、次世代の ために 。
     ・  若者は、 ぶつかり・あがき ( 型 ・ 形 )を こわすべし 。
        そして、本当の 大人に なるのである 。

     ・  10代・20代の カブキもの・かたむき者 が
        大好きな 小生・愚僧で ございます 。

        来たれ、変人・あばれ者 ( 微笑 )( 大笑 )

 013.JPG

 018.JPG

   「  よくきました 。  遠くしんどい道 。
        その 冒険心 勇気 は いいことです 。

           そこから よりよき人生は つくられます 。
              また、来てごらん 、、。  」 大阪の高校生です 。

   「  心 の プリント 、 わすれないこと  」 ( 微笑 )

 016.JPG

      鐘楼 ( しょうろう )
        改修費用は 返済中ですが( 微笑 )、
          自由に おつきくださいませ 。 ( 合掌 )
     このことだけでも、
      渡月橋から 1200メートル を 歩く意味は
        ございます 。

 015.JPG

     みどりすき  やはりわたしは  天地の子
         しずかにささぐ  この命かな  ( ・ )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   失礼いたします
  末筆ながら よき一日を

   厚顔  無恥
    愚僧  萬拝

PICTURE 5-22-2015

   [    THE     TEACHING     OF    BUDDHA    ]   NO ,   9

 「  HE   KEPT    HIMSELF   FREE    FROM    IDLE   TALK   ,   AND   THEN
      WISHED    THAT    ALL    MIGHT    KNOW    THE   BLESSEDNESS   OF
      SYMPATHETIC   UNDERSTANDING   .

     (    むだ口を 離れる 行< ぎょう > )を 修めて< しゅう >は、
 < 修行 ( しゅう ぎょう )・ 修行を 積む ・ 生活の中で 損得・好悪
   ( こうお )に 関係無く、 自分自身の 命をむける 、なしていく、
   味会う、、、、、  >
   人々に おもいやりの心を  つちかうようにと  願った 。

   BUDDHA    ,   AIMING   AT   HIS   IDEAL   ,   TRAINED   HIMSELF   TO
    KEEP   FREE    FROM    GREED   ,     AND    BY   THIS   VIRTUOUS  
    DEED    HE   WISHED    THAT    ALL    PEOPLE    MIGHT    KNOW
    THE    PEACEFULNESS    THAT   WOULD    GO   WITH   THIS   FREEDOM  .

      また、 仏( 釈迦 しゃか ・釈迦族 の尊者 ・シッダルタ )は
  仏に 成ろうとして、 貪り( むさぼり )を 離れる行を 修め 、

  その功徳( くどく )によって、
 人々が < 貪りの 心 >が ないようにと 願った 。   」

 (  仏教聖典からの 引用  )

   ・  貪る むさぼる 心 とは 何か ?

      つまり、
      満足できない とは どういう事なのか ?

      ここは 大切なので
     ともに、自分自身を みつめつつ
     ともに、考え 探究して いきたく 存じます

     ゆったりと
     つよく ・ やさしく ・ なかよく
     いき つづけて いくために 。

             嵐山  残月

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  016.JPG

     渡月橋 と 屋形船 
 
      「  水上や  なんと素晴らし  この世界
          心がとけて  流れ行くかな  」

  001.JPG

     新人 の お二人
       「 よろしく お願い申し 上げます 、
          おたのみ いたします  」  ( 合掌 )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  002.JPG

         行き(    GO   )

  003.JPG

       かえり  (  RETURN    )
               MY     NEW     FAMILY    ,     WELCOME    ,    I    AM     SO    HAPPY    .

  006.JPG

    本日 の 船頭さま
     「  いつも  ありがとうございます  」  ( 合掌 )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  008.JPG

  007.JPG

     ジャスミン  ちゃん   8ヵ月   

     009.JPG

            京都 から 兵庫 へ

         しあわせな  こねこ一匹  あらしやま

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  013.JPG

     デート 中  「  ようこそ  、  ありがとう   」

  014.JPG

     ヒマラヤ での 冥想経験者
     比叡山の 千日回峰行 についても 詳しい
     イギリスのお方、 長期滞在中という 。

         SEE    YOU    AGAIN   .

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    失礼いたします
  末筆ながら よき一日で ございますように 。

   厚顔   無恥

   間違えました

    GOOD    DAY
           GOOD     LUCK

           APPRECIATION

          MONK   OF   ARASHIYAMA

        <      ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >