PICTURE 3-31-2015

  [    THE     TEACHING    OF    BUDDHA    ]
         <    DHARMA    (   TRUTH   )    >    NO  ,    13

「  WHERE     DOES   THE   SUBSTANCE   OF    THE   MIND   EXIST  ?

         < 心 >の 本体 は、どこに あるので しょうか ?

          ・ INSIDE    OF   THE    BODY     ?
                           ・ OUTSIDE   OF   THE   BODY   ?

                           ・ INSIDE     AND   OUTSIDE        ?
                           ・ NO  INSIDE   AND   NO  OUTSIDE  ?

                           ・  身体の 内 である  ?
          ・  身体の 外 である  ?

          ・  身体の 内と外 に ある   ?
          ・  身体の 内と外 にも ない ?

          こんな のんきな 事を
          考えるのは  悪人なのか ? あまちゃん なのか ?

          この世の中、
          苦しみ、悲しみ、嘆き、叫んでいる
          人々が あふれて いるでは ないか ?

           しかし、自分自身が
          環境・状況・立場・対応、、に 振り回されない。

          真の、 絶対の 、こわれない、
          「 安心感 」 ・ 「 幸福感 」 を 自覚・体得
          できてこそ、

          自分以外の方々に、
          「 あたたかく 」 「 やさしく 」 「 おてつだい 」
          「 お役に 立てる 」、、、、、
          などが、できるのでは ないでしょうか ?

          でも、同時並行 ですね、
          考えながら、行動でしょうか ?

          上記、みたいな事を
          考えたりしていると、
          「 自分の 心 」 「 自分の 思い 」に
          あまり、振り回されない ように なる 気がいたします。

          < 静慮 ( せいりょ ・ 静かに 思い めぐらす )
          < 熟慮
          < 止観
          < 冥想
          < 禅定
          < 空観
          ≪ 智慧
          ≪ 慈悲

            つづき  ます

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   BUT  ,   IN    FACT  ,   THE   BODY   FEELS   WHAT  THE   MIND   KNOWS   ,
     AND   THE    MIND   KNOWS    WHAT   THE   BODY    FEELS  .
      THEREFORE    ,    IT   CAN   NOT   BE   SAID    THAT    THE   HUMAN
      MIND   IS   OUTSIDE   OF   THE    BODY   .

          WHERE   ,    THEN   ,
      DOES    THE    SUBSTANCE    OF   THE   MIND    EXIST   ?

        ところが、 事実は 、
  < 心の 知るところ >を < 身体が 感じ >
  < 身体に 感じるところ >を < 心は よく知っている >から、

   心は 身体の外にあると、いう事もできない 。

   いったい、
  < 心 の 本体 >は、
   どこに あるので しょうか  ?   」

(   THE    TEACHING   OF  BUDDHA   ,   仏教聖典より 引用   )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  016.JPG

                                                                            about     6  00  p.m.

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  < 櫻 たより  >  その 四

  011.JPG

  018.JPG

       枝垂れ さくら の開花が 早いです 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  004.JPG

       WELCOME   ,    MY    NEW    FAMILY    FROM     U.S.A.   BY   G.C.C..

  008.JPG

     &nbs
p;             SEE    YOU     AGAIN     (    SMILE   )

  009.JPG

                            

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

      GOOD     DAY
                 GOOD    LUCK
                           I    HEARTILY     PRAY   ・

        APPRECIATION
                      JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

                      MONK    OF   ARASHIYAMA     JAPAN

        <    WISH    TO    ENTER    INTO    A    LIFE    OF
                   ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                  SEE     YOU

                              

3月30日(月) 「 執着( しゅうちゃく ) 」 その 9

  < 執着 >や
 いったい何を
 もとめてる
 「 もとめ 」「 もとめ 」て
 「 もとめ つくす 」 ぞ

      ( 喝采 )
      ( かっさい )
      ( スバラシイ )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  < 執着 >や
 < 自分 >が < それ >を
  もとめてる
 < 自分 >も < それ >も
  たいせつ だから

  < 執着 >や
 < 自分 >が < それ >を
  もとめてる
 < 自分 >と< それ >が
  「 ひとつ 」 に なった

  < 執着 >や
 < 自分 >が きえて
 < それ >となる
  この ( よろこび )は
  なんと いえよう

  < 執着 >や
  < それ > きえうせて
  < 自分 >かな
  この ( よろこび )は
  なんと いえよう

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  古人いう
 < 自分 >というは
 < 夢( ゆめ ) >に < 幻( まぼろし ) >
 < それ >というのも
 < 夢 >に < 幻 >

  古人いう
 < それ >と いうのは
 < 夢 >に < 幻 >
 < 自分 >というは
 < 夢 >に < 幻 >

  古人いう
 < 自分 >と < それ >は
 < 夢幻 ( むげん ) >かな
 < 夢 ( ゆめ ) >に 楽しみ
 < 幻 ( まぼろし ) > 愛す

   
     つづき  ます

   駄弁駄歌 の 饒舌
        おゆるしを
     
 「 歓喜 」 「 法悦 」( ほうえつ )
      (  絶対安心 )( 大笑 )、( うそー )( 大笑 )
           の ために

      敬と愛と ともに
         残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  <  櫻 だより  > その三

  002.JPG

  001.JPG

  008.JPG

   失礼いたします
 末筆ながら  よき一日で ございますように 。

   厚顔  無恥
    愚僧 萬拝

  

PICTURE 3-29-2015

  [     THE     TEACHING     OF    BUDDHA     ]
             <    DHARMA   (   TRUTH  )   >   NO ,   12

 「  <    WHERE    DOES   THE   SUBSTANCE   OF   THE   MIND   EXIST  ?   >
           [   心 の 本体  ] は、どこに あるので しょうか ?

        ・  身体 の 内 か ?  外 か?
        ・    内でも  外でも  ないのか ?  ( 微笑 )
        ・    内でも  外でも  あるのか ?  ( 大笑 ) < 残月 >

   IF   THERE    IS   A   MIND   WITHIN   THE   BODY   ,
      IT    OUGHT    FIRST   TO   KNOW    THE    THINGS   INSIDE   THE   BODY   ,
      BUT    GENERALLY    PEOPLE    ARE    INTERESTED    IN   EXTERNAL 
      THINGS     AND    SEEM    TO   KNOW    OR   CARE   LITTLE    FOR    THE
       THINGS    WITHIN    THE    BODY   .

       
         もしも、
  この身体の内に 心が あるならば、
  なによりも 先に、 身体の内のことを、
  くわしく知らなければならない、けれど、

  身体の外の事だけを、よく知っていて
  身体の内の事については、
  ほとんど、 何事も 知ることができない 。

   IF    THE    MIND   IS   LOCATED   OUTSIDE    THE   BODY   ,
      IT    SHOULD    NOT    BE   IN   CONTACT    WITH   THE    NEEDS   
      OF   THE    BODY   .

       もしも、
  心が 身体の外に あるとするならば 、
  心と 身体が 関係なく はなれていて、
 < 心の知るところ >を 身体は 知らず、
 < 身体の 知るところ >を、心は 知らない はずである。

   BUT,   IN    FACT  ,

        しかし 、 事実は、、、、、、、

      (  TO    BE     CONTINUED    ,    つづき ます  )  」

  (  THE    TEACHING   OF   BUDDHA   ,    仏教聖典より 引用 )
  (  日本語、一部 改変 < 身 を  身体 に >等   )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    < 櫻 の たより > その 二
           <     CHERRY    TREE   >

  001.JPG

         昨日( 28日 )が  大悲閣の < 開花 日 >です。
           午後から、 パラパラ と 開いて いきました 。
               屋根は、 ちょうど 「 観音堂 」( 大悲閣 )でございます 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  002.JPG

  005.JPG

      臨済宗の大本山の  末寺の檀家さまの 子どもたちが
        50人以上、参詣して くださいました。
          ありがとうございました。
         
           若い< こころ >の 般若心経 一巻、
              山中に しみ入りました 。  合掌

      「   花 ひらき   心も ひらく    あらしやま  」

             ・  心 ひらき
             ・  魂 みがき
             ・  命 あじわう  ( 微笑 )
                             < 大根が うまい >( 大笑 )

  006.JPG

  007.JPG

     写真を 撮るのを 忘れてました 。
       子どもたちでなく 、
          職員の僧侶の方々に なりました 。( 微笑 )

    「 遠くまで ありがとうございました 」   大合掌

 008.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 017.JPG

    WHITE    (   JAPANESE    APRICOT   TREE   .   UME   )
           YELLOW    (    ?     sorry     )

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     GOOD     DAY
               GOOD    LUCK
                    I     HEARTILY     PRAY   .

&nb
sp;               APPRECIATION
                   JOIN     MY   HANDS    TOGETHER  

                      MONK    OF   ARASHIYAMA     JAPAN

        <    WISH    TO    ENTER   INTO   A    LIFE    OF
                    ENLIGHTENMENT     TOGETHER     >

                   SEE     YOU  

       

3月28日(土) 「 執着( しゅうちゃく ) 」 その 8

  < 執着 >や
 いったい何を
 もとめてる
 「 もとめ 」「 もとめ 」て
 「 もとめ つくす 」 ぞ 

       ( 大笑 ) 

    その7 から

、、、、、、、、、、、、、、、、

  < 執着 >や
 < 自分 >が< それ >を
 もとめてる
 < 自分 >も< それ >も
 わからぬままに

  < 執着 >や
 < 自分 >が< それ >を
 もとめてる
 < 自分 >というは
 < それ >のこと かな ?

  < 執着 >や
 < 自分 >が< それ >を
 もとめてる
 < それ >というのは
 < 自分 >の ことか ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  古人いう
 < 自分 >というは
 影( かげ )に 泡( あわ )
 < それ >というのも
 影( かげ )に 泡( あわ )なり

  古人いう
 < それ >と いうのは
 影( かげ )に 泡( あわ )
 < 自分 >というも
 影( かげ )に 泡( あわ )なり

  < 自分・それ >
 ともに 影( かげ )泡( あわ )
 楽しけり
 影( かげ )と、 戯( たわむ )れ
 泡( あわ )と、 遊ぶさ 

         ( 微笑 )
         ( 苦笑 )
         ( 笑えない )
         ( 大笑 )

  つづき  ます

  駄弁駄歌 おゆるしを

  敬と愛とともに
   残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 <  櫻  の  たより  >  1

 008.JPG 

      まだ まだ

 009.JPG

     まだ まだ  まだ   で ございます 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 004.JPG

     「 新しい 家族 」 お帰りの屋形舟 が  御到着
          すはらしい< 嵐峡 >で   ございます 。

 003.JPG 

     今日は たまたま  「  無 生死  」( む しょうし ) を 説く 。( 微笑 )
            禅の 奥義 です。 ( 大笑 )

       お茶を 喫しては 「 無 舌 」 「 無 味 」 を 語る。
          ( ばか みたいーーー )

       人間の < 歓喜 >のために  ( うそーー )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 006.JPG

    
   連翹 ( れんぎょう )、 黄色花、モクセイ科
     下の 板、 先日、イノシシ 侵入 。  境内大暴れ、 ふーー。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   失礼いたします
 末筆ながら よき一日でございますように

 ・ 昨日、 櫻 は まだまだ なのに
    いつもより 多くの方々が ご参詣くださいました。
   ありがとうございました。

   寺院の護持( ごじ )の、支えにつながります。
  何も おもてなし・せったい できてませんが
  どうか 御協力くださいませ 。

    厚顔  無恥
     愚僧 萬拝

PICTURE 3-27-2015

   [     THE     TEACHING     OF    BUDDHA     ]
            <     DHARMA    (   TRUTH  )    >    NO ,   11

  「  WHEN    A   MAN   IS   IN   A   HOUSE    AND  OPENS   HIS   EYES
       HE    WILL    FIRST   NOTICE    THE    INTERIOR   OF   THE   ROOM
       AND    ONLY    LATER    WILL    HE   SEE   THE   VIEW   OUTSIDE
       THE    WINDOWS  .

        人が 室内にいて、 目を開けば、
  まづ、部屋の中の物を見て、 やがて
  窓を 通して、外の 景色をみる 。

    IN   LIKE   MANNER   WE   CAN   NOT   HAVE   THE   EYE   NOTICE
       EXTERNAL   THINGS   BEFORE   THERE   IS   RECOGNITION    BY
      THE   EYE   OF   THE   THINGS   IN   THE   HOUSE   .

        部屋の内の物を 見ないで、
  外の物ばかりを 見る目は ない 。

   、、、、、、、、、、、

   I F   THERE  IS   A  MIND   WITHIN   THE   BODY   ,  …………..
               (    TO     BE     CONTINUED    )

        ところが、
  もしも 、この身の内に、 心が あるならば・・・・・・・・・

     (  つづき  ます   )          」

  (  THE    TEACHING   OF   BUDDHA    仏教聖典からの 引用  )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 021.JPG

 020.JPG

            MR.    YASUMURA

   011.JPG

             東の京都から( 東京都 )からの 御参詣です。
         愚僧の 拙ブログを みてくださっているそうです。( 微笑 )

             ( はずかしや  どこかにあなは  なかりしや ? )( 大笑 )

     今日は、ご客人が 多い一日でした。
   それも、関東からです。 偶然、五島列島に行かれた方々、、、(教会めぐり)。( 2組も )
   同窓生の可愛い娘さん、 母校の大先輩、( 2人も )。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  004.JPG  

 005.JPG

        WELCOME  ,    MY    NEW    FAMILY    .     I     AM     HAPPY   .

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 006.JPG

          SUNLIGHT   ,    OH      SPRING    .

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD    DAY
           GOOD    LUCK
                 I     HEARTILY     PRAY   .

                 APPRECIATION
                JOIN    MY    HAND   TOGETHER

                        MONK    OF   ARASHIYAMA    JAPAN
                             (   KOUGAN    MUTI    )

           <     WISH    TO    ENTER   INTO   A    LIFE   OF
                           ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                     SEE      YOU  

    

3月26日(木) 「 執着( しゅうちゃく ) その 6

  < 執着 >や
 徹底( てってい )的に
 こだわりて
 寝食( しんしょく )わすれ
 我( われ )をうちこむ

  < 執着 >や
 徹底的に
 こだわりて
 苦しみもだえ
 なやみてあがく

  < 執着 >や
 とことん底まで
 苦悩して
 食は細りて
 眠りは浅い

  < 執着 >や
 底の底まで
 こだわりて
 まわりを忘れ
 おのれ 忘れる

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  < 執着 >や
 いったい何を
 もとめてる
 「 それ 」は いったい
 「 なに 」で あるのか

  < 執着 >や
 いったい何を
 もとめてる
 「 全ては変わる 」
 「 無常( むじょう ) 」で、ないか

 < 執着 >や
 いったい何を
 もとめてる
 「 個人 ・ 個体 は、 無い 」
 「 無我( むが ・ むこ ・ 無個 ) 」なるぞ

 < 執着 >や
 いったい何を
 もとめてる
 「 もとめ 」「 もとめ 」て
 「 もとめ つくす 」 ぞ  ( 大笑 )

  駄弁駄歌の饒舌
    おゆるしを

  敬と愛と ともに
    残月 合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 002.JPG

 005.JPG

       さむい  TOO   COLD   ,     なぜ  WHY  ?

 004.JPG

 003.JPG

       WELCOME    ,    MY    NEW   FAMILY   FROM    U.S.A.   BY    G.C.C..

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  026.JPG

        はるのやま  はくばいのもと  わらってる
              どこのだれだか   しらないけれど  (  大笑  )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  012.JPG

    「  はじめての 春です 、 わん ワン  」 ( りん です )
          街角にて 
           ( 新大学 1年生 、 おめでとうございます )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   失礼いたします
  末筆ながら よき一日で
    ございますように 。

  厚顔  無恥
   愚僧 萬拝

PICTURE 3-25-2015

  [     THE    TEACHING    OF    BUDDHA      ]
         <    DHARMA   (   TRUTH   )    >   NO  ,  10

  『  FUNDAMENTALLY   ,    EVERY    HAS   A   PURE    CLEAN    MIND   ,
     BUT   IT   IS   USUALLY   COVERED   BY  DEFILEMENT   AND   DUST
      OF   WORLDLY    DESIRES   WHICH    HAVE   ARISEN   FROM 
      ONE,S   CIRCUMSTANCES  .

         本来、ほんとうは、すべての人々は、
   「 純粋で、清らかな< 本心 > 」
   「  清浄心 ( しょうじょう しん ) 」を、もっている 。

    しかし、自分自身の「 環境・状況・状態・境遇・立場 」から
   生じた ( 欲望 )による ( ちり ・ ほこり )と( よごれ )に
   よって、ふつうは おおわれている 。

         ・  なにを もって
           ( ちり )( ほこり )( よごれ )
           という ので あろうか ?

           < 欲望 >が
           < 欲望 >の、
           どこが、なにが、 悪い・問題に
           なるので でしょうか ?

           ここは、ともに、 じゅっくり
           考え明らかに したいもので
           ございます 。 ( 残月 )

      THIS    DEFILED    MIND   IS    NOT   OF    THE
         ESSENCE    OF   ONE,S   NATURE   .
         SOMETHING    HAS   BEEN   ADDED   ,   LIKE  AN   INTRUDER
          OR   EVEN   A    GUEST   IN   A    HOME   ,   BUT   NOT  ITS   HOST  .

         (   よごれた 心 )
   ( 迷った 心 ) は、 
    自分自身の 本心( ほんしん )( 本来の心・ 自然の心 )
    ではなく、 乱入( 侵入 )者であり< 微笑、残月 >、
    心の家の ご主人ではなく
    お客さまである。 < 微笑、 残月 >    』

(  THE    TEACHING    OF   BUDDHA  、  仏教聖典より 引用  )
   (  註解  残月  合掌  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  002.JPG

  003.JPG

      VERY    STRONG     WIND   

  008.JPG

  005.JPG

               WELCOME     ,     MY    NEW     FAMILY    FROM    U.S.A.   BY    G.C.C.  .

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  012.JPG

  011.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  018.JPG

     「  すみれ   ちゃん ?  4年前に 会ったね  」
     「  また  きたよ  」

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD     DAY
           GOOD     LUCK
                       I    HEARTILY    PRAY   .

                       APPRECIATION
                  JOIN   MY   HANDS   TOGETHER

                  MONK    OF    ARASHIYAMA      JAPAN

          <    WISH    TO    ENTER    INTO    A   LIFE    OF
                   ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

               SEE     YOU

  

   

3月24日(火) 「 執着 ( しゅうちゃく ) 」 その 5

  島そだち 
    われをきたえる
      みやこかな
        山の寺にて
           町の寺にて ( ・ )

 、、、、、、、、、、、、

  小生は 「 島そだち 」 です。
 日本の 西の端の 『 五島列島 』です。

  日本も、アジア・ユーラシア大陸の
 東の端の、 列島で ございます。( 微笑 )

  「 日本 」 は いい国、
  「 五島 」 も いい町 ( 大笑 )

 ・ 長崎の港から、 3時間半 ?
             1時間半 ?

 ・ 福岡の港から、 7時間半  ?

 ・ 福岡の空港から、 45分 ?

     ここ20年は
    あまり 帰郷していないので
   ( ? ) ばかりです 。

     福岡( 博多 )の港から
    夜の船で 帰ることが 多かったです。
    ( ヒマ人です ・ 微笑 )
    ( 古代の遣唐使の方々の
      苦悩と危機を想像しながら )( 大笑 )
    ( また、格安ですし、寝ていける、< 爆笑 >
    朝の 海の青さを 十分味会えますし、
    島島に帰港しますし、、、、 )

  ・ 嵐山に来てから、
   10年間は、帰れませんでした。
   精神的にも、物理的にも。
   ( 久しぶりの 帰郷は 町の樹木が
     大きくなったな―てな 感じでした )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   先日、映画を観ました 。
  五島列島 が 舞台です 。

   それも、
  母校、「 福江中学校 」の 生徒の
  物語なので ございます 。

   小生、市中に足を運ぶことは
  少ないのですが、この度は
  夜の町を 駆けて行きました( 微笑 )

   映画館は、がらがら、

   冒頭の
   海の上の船の シーン

   これだ、
   こんな 感じだ
   ああ

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  『  くちびるに 歌を  』

    福江島の 鬼岳( おにだけ )
    新聞記事・パンフレットの写真に大きい。
    よくでてくるかな ?

    でも、
    ほんの数十秒でした ( 微笑 )

    カトリック教会が また 美しい。

    でも、仏教の歴史も古い
    最澄伝教大師・空海弘法大師の
     史跡もございます。

    青春・若者・人間の ドラマでした。

    アンジェラ・アキ さん の
    「 歌 」「 歌詞 」 が 土台・テーマです。
    < 15歳の、、、  >( 正確に思い出せない )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

<  「 執着 」 その5  >で
 (  ふるさと 自慢  )を したのか ?

   自分の「 ふるさと 」 を
   大切( 執着 )( ? )してこそ、

   他の人々の「 ふるさと 」 を
   大切 にできる 、のでは、、。

   自分の生まれ育った「 国 」を
   大切( 執着 )に思いできる人は、

   他の人々の
   生まれ育った「 国 」を
   大切に できる、 のでは、、。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   真の 愛国者 こそ
   真の 国際人 に なれる、

   のではと、よく いわれますが、
   そのとうりでは ございませんか ?

、、、、、、、、、、、、、、、、

   自分を 愛せてこそ
   自分以外を
   他の人を 愛せる、 の ような

   むずかしい 。

   自分にたいする「 執着 」 の
   大切さも、重要です。( 微笑 )

   「 執着 」 から 脱するために 。
   ( 大笑 )

     つづき  ます

  駄弁の 饒舌  おゆるしを

  敬と愛と ともに
    残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

002.JPG

006.JPG

       TOO    COLD  ,   WE     ARE     HAPPY   .

008.JPG

     強風の中、 ありがとうございました 。

012.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

003.JPG

   失礼いたします
  末筆ながら  よき一日で
   ございますように。

   厚顔  無恥
     愚僧  萬拝

PICTURE 3-23-2015

 [    THE     TEACHING    OF    BUDDHA    ]
                                    <    DHARMA (  TRUTH  )  >   NO ,   9

 「   BUDDHA,S    TEACHING   LEADS   US   TO   NON –DUALITY,
     FROM   THE   DISCRIMINATING    CONCEPT   OF   TWO
     CONFLICTING   POINTS   OF   VIEW  . 

   仏の< おしえ >は、( 相反する 二つを はなれて、
  それらが 別々のものでない ) という 『 真理 』を
  「 さとる 」 のである 。

、、、、、、、、、、

  ・     仏( ほとけ )( 覚者ー真理に気づき、目覚めた人 )
  ( 真理ーあらゆる 人・場所・時代・状況でも
  あてはまる< 人として 合った 判断・決意・覚悟・誓い・願い >、
  原点・土台・基礎的な、単純・簡明 な 内容 >、つまり
  「 こころ の 動かし方 」
  「 こころ の 持ち方 」
  「 こころ の 基本姿勢 」 など。

    上記の 『 真理 』を
   感じることの ( しあわせ )
   学ぶことの  ( たのしさ )
   身につくことの  ( かんき )は
  < 人としての 「 幸福 」 >に
   つながる ものの ように 思えます。

    物理学・社会学など、学問的真理を
   いっているのでは、ございません ( 微笑 ) 
         < 註解、 残月 > 

、、、、、、、、

    IT   IS   A    MISTAKE   FOR   PEOPLE   TO   SEEK   A   THING
     SUPPOSED    TO   BE   GOOD   AND   RIGHT  ,    AND   TO   FLEE
     FROM    ANOTHER    SUPPOSED    TO   BE    BAD   AND   EVIL   .

  もしも、( 相反する二つ )の中の ( 一つ )をとって
 < 執着 >すれば、 たとえ、それが
 「 善 」 であっても、「 正 」であっても、
 「 悪 」となり、「 邪( じゃ )・( よこしま ・ ねじ まがる ) 」
 とも なる 。  」

 (  THE    TEACHING   OF   BUDDHA   ,  仏教聖典からの引用  )
      TO   BE    CONTINUED    ,    つづき ます

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
 

  016.JPG

      THE    TOP   OF    MT.   ARASHIYAMA     AND    CHERRY(   YOUNG   PLANT  )

                       嵐山の頂上 と 河津桜( 苗 なえ )

  、、、、、、、、、、、、、

  014.JPG

      CAMELLIA   
                                             椿 ( つばき )(   木 + 春  )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  028.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  
  031.JPG

         さくら  まだまだ

  018.JPG

  019.JPG

  021.JPG

  024.JPG

               THE    WOUNDERFUL    FAMILY     ,    WELCOME   .

      すばらしい 御一族の方々でした 。
        楽しく・可愛い お子さんたちでした 。
          ありがとうございました 。

      「  ワンちゃん かわいい、、、 」( でも さわれない、、、 )( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD    DAY
           GOOD    LUCK
               I     HEARTILY     PRAY  .

                APPRECIATION
                 JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

                 MONK   OF    ARASHIYAMA     JAPAN
                      (   KOUGAN    MUTI    )

          <     WISH   TO   ENTER   INTO   A    LIFE   OF
                         ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                
SEE    YOU

   

3月22日(日) 「 執着( しゅう ちゃく ・じゃく ) 」 その4

  < 春分( しゅんぶん )>や
  真東からぞ
  日はのぼり
  真西にしずむ
  この よき世かな

  < 春分 >や
 真東むかう
 この地球
 真西にかえる
 われらが人よ

  < 春分 >や
 この宇宙には
 なにも無い
 太陽だけが
 真実なのか

 < 春分 >や
 太陽すらも
 わからない
 ああありがたや
 今の「 おひかり 」

、、、、、、、、、、、、、、、、

 『  おごるなよ
   月の円( まどか )は
   ただ一夜  』 ( 古句 )

   に ちなみ

 『  おごるなよ
   春分点は
   ただ一度  』 ( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 「 執着する 」 とは 「 執着しない 」こと 
 「 執着しない 」 とは 「 執着する 」こと
 である。

    ( 大笑 )
    ( できないよ )
    ( 爆笑 )
    ( 笑うべからず )
    ( 微笑 )

  立ち止まらない
  流れていく

  そして
  できれば
  流れるだけでなく
  < 流れを つくる >

  どこへ 向かうのか
  明らかである

  < この心 の 平安 >
  ・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・・
  < この世 の 平和 >

   「 この心 」 と
   「 この世 」 の間に
   色々の
   ことが ございます 。

   そこが、重要です。
   次にで、ございますが、、、、。 
 
    ( 微笑 )( 大笑 )

 駄弁駄歌の 饒舌
   おゆるしを

  敬と愛と ともに
   残月 合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 005.JPG

          みほとけや  われをささげる  このよかな

 008.JPG

        嵐山 千光寺( 大悲閣 )では、 ございません。
            北野の老僧( 92歳 )を  支えさせて いただいて います 。

             「   島そだち  われをきたえる  みやこかな
                     山の寺にて  町の寺にて  」 ( 微笑 )( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 029.JPG

 028.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 031.JPG

      手伝ってくださった 雲水さま( 禅の修行者 )、 合掌 大合掌 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  032.JPG

        彼岸 桜  も ございますぞ ( 微笑 ) 。

     ・ 昨日の お花は  『 木藤 ( きふじ ) 』 という
         お名前だ そうです 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    失礼いたします
  末筆ながら  よき一日でございますように 。

   ・ 午前中  知人の寺院の手伝い
     午後  嵐山へ 向かいます ( 犬族とともに )

    厚顔  無恥
      愚僧 萬拝