1月28日(水) 「 釈尊( しゃく そん ) 」 その9

  前回、
『 止観 ( しかん ) 』 という
言葉に ふれました。

1、 「 止まる 」 
2、   そして 「 観る 」

3、 何を 観るのか ?
   自分に 聞く・たずねる ( 微笑 )

4、 「 手 」 を 観る

5、  ・・・・・・・・・・・・・

6、  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  とにかる 「 とまる 」
  とにかく  「 たちどまる 」

  あせらない
  じぶんを しんじる
  かみを おもう
  ほとけを おもう

  あせらせる
  はやくせよ
  はやく はやく

  おくれるよ
  はなれるよ

  くるしむぞ
  そんするぞ
  だめになるぞ

  とにかく 「 とまる 」
  とにかく 「 たちどまる 」

  くるしんで いい
  そんして いい
  だめになって いい

  じぶんを おもう
  かみを しんじる
  ほとけを しんじる

  そうだ
  しんりだ
  真理 を みる

  いつでも
  だれにでも
  どんなじょうきょうでも
  「 ただしい 」ものを

  これだ
  これを
  つかみたい

  ときにより
  ひとにより
  ばしょにより
  ころころ かわる
  じぶん 、こころ なんて
  いらない

     つづき  ます

  駄弁の饒舌
   されど 敬と愛を
    こめて

  残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 004.JPG

       桜 ( さくら ) で ございます

 005.JPG

      梅 ( うめ )で ございます

    「  梅桜  ともに色づく  よき日かな  」 ( ・ )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 008.JPG

      ふゆなれど   ひかりをあびる   円空仏( えんくう ぶつ )

     ・  客殿の改修の時、
          平成の「 円空 」さま が出現し 、 古材でもって
            たくさんの 「 仏さま 」を うみだして いただきました 。 合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   ・  吾 唯 足 知  ( われ ただ たる を しる )
         いい面  <  たのひとびとに  わけ あたえる ことできる  >
         わるい面  <  これで まんぞくせよ と 命令支配される >

   失礼いたします
 末筆ながら
  よき一日で ございますように。

 厚顔  無恥
  愚僧  萬拝

追伸、、「 誠実とは 何だろう ? 」
  日々、考えていたら、
  その 答えが わかったでなく
  「 誠実 」 そのものに
  なっちゃつた ( 大笑 )( 禅的修業 )( 微笑 )
     合掌 。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です