1月24日(土) 「 釈尊( しゃくそん ) 」 その8

 「 < 欲望 >中心 」 でなく
 「 < 禁欲 >中心 」 でもなく、

 「 中間 」 に 、ブラブラ
 するの でしょうか ?

・ 「 なりゆき まかせ 」
  しかないのか ?

・ 「 刺激( しげき ) と 反応( はんのう ) 」
  だけ なのか ?

・ 「 緊張( きんちょう ) と 弛緩( しかん ) 」
  「 興奮( こうふん ) と 沈静( ちんせい ) 」
  の
  くりかえしなのか ?

 「 これが 人生 なのか ? 」

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  食物が 十分になく
 飢餓に 栄養不足 に
 苦しむ 人々に
 申し訳ない、 話でございます。
  ( やめたく 存じます )

  食物の 十分な生産が
 必要なのでしょう、、、、。

 「 穀物 」の 十分な分配、そのための
 物流のための通行網の整備 。

  色々と
 なすべき事が 多い世界で
 ございます。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 「 < 快楽 >中心 」 と
 「 < 禁欲 >中心 」 との
 間に、

 「 中間 」( ちゅうかん )に

 『 止観( しかん ) 』
 『 戒律( かいりつ ) 』
 『 禅定( ぜんじょう ) 』

 『 冥想( めいそう ) 』
 『 徳行( とくぎょう ) 』
 『 慈悲( じひ ) 』

  などが
  あるように
  思われます。

 まずは、
 言葉 そのものを
 ともに
 味会いたく 存じます 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 まずは
 『 止観( しかん ) 』
 です。

 『 とまる( 止まる ) 』
 そして
 『 みる( 観る ) 』
 で
  ございます。

 中間に 坐り・立って
 で ございます。

 お互い、
< 止まり 観たい >と
 存じます。

 「 何を ? 」

 「 自分に
   たずね ること

   ねんごろに
   聞くこと
   自分に  」

    つづき  ます

 駄弁の饒舌
  ともに
 生きつづける
  ために
    敬と愛を
   こめて

 残月  合掌
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 003.JPG

  「  嵐山 観音  」さま ( あらしやま かんのん )
    力強く お守りし 助けている
     <  不動明王 >さま ( ふどうみょうおう )
     <  毘沙門天 >さま ( びしゃもんてん )

 ・  あらしやま   ひとのこころの   まんなかで
       やさしくつつむ   ひかりなりけり  (  残月  )
                              ( 千光寺 )

 004.JPG

   「  今日は  猿族は 来ないな―、 人間族は ただ お一人だ 。 わんワン  」( 微笑 )

 015.JPG

    渡月橋から 800m で このような  静寂世界です

 012.JPG

    つばき ( まさに  木へん に 春 でございます )

   ・   ふゆのやま   かんぷうながる   たにまさえ
          ひそかにおわす   このよなりけり ( ・ )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  ・  吾 唯 足 知 ( われ ただ たるを  しる )
       いい面 < 自覚による 安定安心 そして・・・ >
       わるい面 < 強制による 支配 そして・・・ >
             また、、

    失礼いたします
  末筆ながら よき一日で
   ございますように

  どうか
 風邪に 御注意ください
 かかっても
  お早いご回復を

 厚顔  無恥
愚僧  萬拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です