PICTURE 11-30-2014

      
     WHAT    A    BEAUTIFUL   AUTUMN   DAY   .
ARASHIYAMA   AREA    AND   THIS   TEMPLE    IS    COVERED
WITH     FALLEN    LEAVES  .

  017.JPG

 020.JPG

 023.JPG

 019.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

009.JPG

008.JPG

028.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

003.JPG

034.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

025.JPG

026.JPG

   SHE     HAS     HEPLED     THIS    TEMPLE   (    the   time  of    tea  and   sweet   )
                 6   YEARS    BEFORE   .
                                Thank   you very   much   .

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

043.JPG

      WHAT    IS    THE   NAME   OF   THIS    FLOWER   ?    (   smile  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 「  IT   IS   A   GREAT    COMPASSION     THAT   MAKES   PEOPLE  
               HAPPY     AND   CONTENTED   ,    
          IT   IS   A    GREAT   TENDERNESS   THAT    REMOVES   EYERYTHING
                THAT    DOES   NOT   MAKE    PEOPLE     HAPPY   AND    CONTENTED , 

          多くの人々のために、 幸福と楽しみとを 与えることは
     ( 大きな 「 慈 」 ) である 。

    多くの人々のために、 苦しみと悲しみを なくすことが
     ( 大きな 「 悲 」  )である 。  」

       <  THE   TEACHING   OF   BUDDHA    >
          TO   BE    CONTINUED  
                           つづき   ます

       GOOD   DAY
                    GOOD   LUCK
                        I   heartily    pray   .

                  monk   of    arashiyama
                     zangetu
                  join   my   hands   together
          APPRECIATION

        <    wish  to   enter   into  a   life   of   enlightenment   together    >
                                   SEE     YOU  AGAIN  

11月29日(日) 「 心の十だんかい 」 その1

  心とは
いかなるものを
いうのやら
 物か?思いか?
わたしか?あなた?

 わが心
なんじと同じ
同じもの
空は青空
紅葉は赤い

 心とは
感じることを
いうのやら
すなおにうける
すべてのことを

 心とは
すなおにうけて
かんじます
よいもわるいも
まずは愛する

 こころ一( いち )
思いは多様
十なのか?
百千万と
億兆なのか?

 こころ一
心は一つ
みなおなじ
人をしんじて
物をあいする

 こころ一
千差万別
( せんさ ばんべつ )
苦しまず
変化、常(つね)無く
みとめ愛する

、、、、、、、、、

 一にして
一にこだわる
こころ すて
ゼロ にきづいて
全てを あいす

 こころ一
おもいをすてて
ゼロにする
もみじの赤が
こころにしみる

  つづき ます

駄弁駄歌
 なれど
  敬と愛を
 こめて

残月 合掌

 002.JPG

 005.JPG

 006.JPG

        屋形船・ボート 乗り場の 付近で ございます 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 007.JPG

   WELCOME  ,   MY   NEW   FAMILY  from  u.s.a.  by  g.c.c. .
                         I    am   glad   to   see   and    talk   you   .
                         New   family    is  beautiful   women   only  . (  why  ?   )( smile )

 010.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 020.JPG

 022.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 014.JPG

 
 025.JPG

   渡月橋の上は、人と車で いっぱいです。
      あれ 犬族も いました。( 微笑 )

     この時、「 抹茶 」 と 「 お菓子 」を 買いに歩いています。
   嵐山 大悲閣 ( 観音堂 )の 
   紅葉の下での 御一服の なんという すばらしさ ( 微笑 )

   「  山水や  仏心そえて  お茶となす
        わが俗腸を  洗い清めん  」 ( 残月 )
       
 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  1  和敬 清寂    ( わけい せいじゃく )
  2  一期 一会    ( いちご いちえ )
  3  一 無位 真人  ( いち むい しんにん )

   この3つの語句( 伝統的 )を
  使って、海外の方々に お話いたします。

   「 はじめてで
     さいごのきかい
     いまここぞ
     こだわりすてて
     ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」( ? )( 大笑 )

   末筆ながら
  よき一日で
  ございますように。

 厚顔  無恥
  愚僧 萬拝

 

 

 

 

PICTURE 11-28-2014

  AUTUMN  HAS COME  LITTLE BY LITTLE、 STEP BY STEP 、
            DAY BY DAY 、

002.JPG   

001.JPG   

003.JPG 

010.JPG 

014.JPG 

013.JPG

012.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

007.JPG

005.JPG

008.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

022.JPG

023.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

029.JPG

 「    A   bad   mind   is  as  hard   to  remove   as   letters   carved  
              in   stone   ,     and   a     right   mind    is   as   easy    to   lose   as
              words   written   in   water   .   
          Indeed   ,    it   is   most   difficult   thing   in   life   to   train
              oneself   for   ENLIGHTENMENT   .
                               

     GOOD   DAY
              GOOD   LUCK
                 I   heartily   PRAY  .

              monk   of   arashiyama
                 zangetu
                     join   my   hands   together
                  APPRECIATION

      <    WISH    to   enter   into   a   life  of   enlightenment   together   >
                  SEE    YOU

    
    

   
    

    
    

             

11月27日(木) 「 心は 一つ 」 その10

  1から はじまり
 10となる、そして
  1にもどる。

  このくりかえしが
 人生なのか ?

「 1 2 3 4 5
 6 7 8 9 10 」

 1 に とどまらず
 2 に とどまらず
 3 に とどまらず
 4 に とどまらず
 5 に とどまらず
 6 に とどまらず
 7 に とどまらず
 8 に とどまらず
 9 に とどまらず
10 に とどまらず

 1 に とどまらず
 2 に とどまらず
 3 に とどまらず
 4 に とどまらず
 5 に とどまらず
 6 に とどまらず
 7 に とどまらず
 8 に とどまらず
 9 に とどまらず
10 に とどまらず

 1 に とどまらず
 2 に とどまらず
 3 に とどまらず
 4 に とどまらず
 5 に とどまらず
 6 に とどまらず
 7 に とどまらず
 8 に とどまらず
 9 に とどまらず
10 に とどまらず

 ( つかれました )
 ( 大笑 )

「 これぞ 人生
  これぞ 人の生活
  これぞ 人の生存
  これぞ 人の生命 」

 1 に とどまらず
 2 に とどまらず
 3 に とどまらず
 4 に とどまらず
 5 に とどまらず
 6 に とどまらず
 7 に とどまらず
 8 に とどまらず
 9 に とどまらず
10 に とどまらず

( いや だ )
( いや に なる )
( 意味が あるのか ? )
( 目的は なに ? )
( 微笑 )

 1 に とどまらず
 2 に とどまらず
 3 に とどまらず
 4 に とどまらず
 5 に とどまらず
 6 に とどまらず
 7 に とどまらず
 8 に とどまらず
 9 に とどまらず
10 に とどまらず

 ( ふー )
 ( コピーでは
   ございません )
 ( 微笑 )

 他との比較
 自の固定化
 
 人生の悲苦
 ここに あり

 1 の 前
10 の 先
 を つかむと

 この くりかえし
 この はんぷく
 この なんだろう

 に、 たえるためには
 を、 のりこえるため

 1 の 前の 「 ゼロ 」
10 の 先の 「 無限 」
 を つかむ べきである、

 と 存じます。

 悲苦の克服と
 やすらぎ ( 安心 )
 のぞみ  ( 希望 )
 げんき  ( 立命 )
 のために。

、、、、、、、、、、、、、、

 「 ゼロ 」( 0 )
  と
 「 無限 」( ∞ )
  を

  個個の人生
  宿命
  環境
  仕事
  学業
  家族
  地域
   ・
  対立
  和合
   ・
  健康
  病気
   ・・・・・・・・・・
  いい事・わるい事

 ( 天国 ・ 地獄
  そして
  餓鬼 ・ 畜生
  また
  修羅  )など

  を 実体験しながら
  自覚することが

 「 人生の目的 」の
  ような気がいたします。

  そのための、
  < 命 >
  < 心 >
  < 身 >
  では ないでしょうか ?

   つづき ます

 駄弁を 弄しました
  されど
   敬と愛を
    こめて

 「 死 」の 不安
 「 生 」の 悲苦
 の
 克服、いえ
 すこしでも、
 わすれること
 が できますように。

 できれば
 ともに。

 残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、

 「 心の十だんかい 」
は 次回に ( すみません )

 012.JPG

 014.JPG

 011.JPG

 004.JPG

 016.JPG

 020.JPG

  10000両 ( 1000両 も 100両 も 10両 そして「 ありどうし 」 も有り )
     千光寺の なんという 裕福なこと < 大笑 >

  厚顔 無恥
 愚僧 萬拝

 

PICTURE 11-26-2014

         AUTUMN     HAS    COME     LITTLE    BY    LITTLE,
                                STEP    BY    STEP  ,  DAY   BY    DAY   .
001.JPG

          MORNING

010.JPG

013.JPG

016.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

026.JPG

028.JPG

033.JPG

025.JPG

037.JPG

      WELCOME.   MY NEW FAMILY .
                  (  I  am  sorry  for  sir . )

011.JPG

      RAINY  WEATHER  , BUT  WE  ARE  FINE  .
 
 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  「  With   care   one  may   cherish   these   FOUR    UNLIMITED   STATES    OF
           MIND   and   may   get   rid   of    greed   ,   anger   ,  suffering   ,   and   the  
           mind   of   love-hate   ,   but   it   is   not   an   easy    thing   to    do   .

             An   bad   mind   is   as  hard   to  get   rid   of   as  a   watchdog  ,
           and   a   right   mind   is  as   easy   to  lose   as   a   deer   in  a   forest  ,,,   

             このように「  慈  」 と 「  悲  」 と「  喜  」と「  捨  」 の
    四つの 大きな、限りない   『 無限の心 』   を  育てて、
    「 貪り ・ むさぼり ( 必要以上に 求めること ・ 限度をもうけない ・気まま ) 」
    「 怒り ・ いかり ( 自分中心をやめる ・ 個人はないを知る ・ 反省の心大切 ) 」
    「 苦しみ ( 全ては変化する・ 執着しすぎない ・こだわらない ・メンツなし )」
    「 愛憎 ( 愛とは ? 憎とは? あきらかに かんがえる事 ) 」

    の心を のぞくのであるが、

    悪心の さりがたい心とは、飼い犬のようであり、
    善心の うしなわれやすいのは、 林を走る鹿のようである。 

     ( だから  どうしたら よいのでしょうか ? 残月 )  」

         つづき  ます <  to  be   continued   >

            GOOD    DAY
            GOOD   LUCK
                   I    heartily    pray   .

             monk   of    arashiyama
                zangetu  (  残月  )

                 join   my   hands   together ( 合掌 )
                 APPRECIATION ( 感謝 )

<    Wish   to   enter   into  a   life   of   enlightenment   together   >
                   see    you    again 

 

11月25日(火) 「 心は 一つ 」 その9

  京都では
25日になると、
「 あ、天神さん
  (の縁日) 」だ、と
自然と感じるような
気が、いたします。

 金閣寺の近くの
北野天満宮で
ございます。
 「 学問の神様 」
でございます。

 次の古歌は
道真公のお作では
なかろうかと
いわれています。

 御存じのお方も
多いことでしょうが、
今一度、
 共に、味会いたく
存じます。

『  心だに
  まことの道に
 かなひなば
  祈らずとても
 神や まもらん 』

  ・ 心
  ・ まこと
    ( 真 )( 誠 )( 信 )
  ・ 道
      ・ 神
  
 私たちにとり
とても重要なことば
( 言葉 )( 概念 )が
でてまいります
ので、

 あじあいたいと
存じます。
 そして、

 そして、
わたしたちの
< 心の 栄養 >に
したいもので
ございます。

、、、、、、、、、、、、

003.JPG

005.JPG

018.JPG

    WELCOME   MY NEW FAMILY 
         I  AM  GLAD TO SEE AND TALK YOU 、
            THANK YOU  VERY MUCH .

011.JPG

032.JPG

030.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

044.JPG

     若い美女  と  われらが犬族 
    ( 五時過ぎると、山は闇夜で ございます )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  「 心 の 十だんかい 」は
 次回にいたします。( すみません )

 写真が 多くなっております。
  御遠方の方々・友人・仲間への
    御報告でございます。

  嵐山、まして奥嵐山は
   遠く時間が かかりますので、
  < 人類の叡智と技術 >に
   あまえさせていただいて
    おります。( 微笑 )

   このことだけでも、
  われわれ現代人は、
  報恩・恩返しに
  生きなければ
   ならない事が
  実感されます。( 反省です )

  失礼いたします
 よき一日でございます
  ように。

 ・ 忘恩の
   恥しらずに
   ならないように

   「 はい 」

厚顔  無恥
 愚僧  萬拝

PICTURE  11-24-2014

      AUTUMN      HAS    COME    little   by   little   ,  
                                   step  by   step  ,    day   by   day   .

 003.JPG

014.JPG

013.JPG

001.JPG

008.JPG

005.JPG

 009.JPG

 007.JPG

   I   AM   SORRY  ,    I   AM    VERY     BUSY   TODAY   .
      I    CAN    NOT   WRITE    <   THE   TEACHING  OF     BUDDHA  > 
                  FOR     YOU   .

        GOOD     DAY
        GOOD     LUCK

             APPRECIATION
             JOIN    MY   HANDS    TOGETHER

     <   WISH   TO   ENTER    INTO   A   LIFE
                  OF   ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >

              SEE    YOU     AGAIN

11月23日(日) 「 心は 一つ 」 その8

  ここ数日は
この山寺にとって
もっとも、参詣者の
方々が多いかと
 存じます。

 私たち人間は
やはり、「 美 」
「 美しさ 」を
もとめる
『 命 』( いのち )
『 心 』( こころ )
なのでしょうか。

 「 真 」( しん )
 「 善 」( ぜん )
も、そうですが、
この季節の
わたしたち日本人の
動きは また
すばらしいもので
 ございます。

、、、、、、、、、、、、、、

『 美しさを
  あじあう 』とは
どういう
ことなの
でしょうか ?

バラバラで
混乱し
めちゃめちゃで
動き回り
なにがなんだか
わからなく
なりやすい
この『 心 』を、

止めて
くれるものが
『 美 』かも 
しれません 。
 ( 微笑 )

、、、、、、、、、、、

「 心を 一つ 」にする。
そして
自分以外の
どなたかも、
「 それ 」を感じ

「 心を 一つ 」にする。

すると、
「 わたし 」と
「 あなた 」の
「 心は 同じ 」 。

「 なんという
 < しあわせ >」
 ( 微笑 )

「 これ 」を
かぎりなく
無限に ひろげる。

なんという
喜びでしょうか 。

、、、、、、、、、、、、、、、

 話変わります。
昨日の参詣者のお方。
もう何度も登山
されているとか。

 とても
うれしい事を
おっしゃてくださった
ので、おしゃべりしたく
なりました。

 「 自分は
  身体の健康と
  心の 健康の
  ために
  来ています 」

 なんと、
『 心の 健康 』
いう表現を
お使いになられました。

 うれしや、
で ございます。

 愚僧の願いは
この山寺を
「 身体の健康と
  心の 健康 」の
ための
場所にしたいと
いう事なので
なんだか嬉しく
なりました。

、、、、、、、、、、

 さて
「 心の 健康 」とは
何か ?

 みなさまも
お考えくださいませ。

  つづき ます

駄弁ながら
 敬と愛をこめて
残月  合掌

ーーーーーーーーー

 20代の若者(男)
が 来てくれました。

「 10年くらい前に
もらって帰った
プリントが
とても いいです 」 と。

 一つは
現在でも、
全ての方々に
お渡ししている
「 古人の 言葉で
 < 心 > 」です。

 もう一つは
現在、客殿に
おいていないプリント
でした。

 「 宗教くさいか、、、」
 「 仏教くさいか、、、」

 と愚僧が感じ
ひっこめているもの
でした。

  心について
  考えるのの
  非常に参考に
 なりそうなもので
 ございます。

  また、
ちょと、文字を
変えておきたいと
存じます。

 以下に書いてみます。
「 人の心の
  十だんかい 」

、、、、、、、、、、、

やはり次回に
いたします。
本日
写真を掲載して
ませんでした。
( 大笑 )

 005.JPG

 006.JPG

 007.JPG

 010.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 009.JPG

    角倉 了以翁 ( すみのくら  りょうい ) 石碑
       行状記 でございます。

 036.JPG

   失礼いたします
 末筆ながら  よき一日で
  ございますように。

  この命
  この心
  この身を
  喜びあふれ
  まっとう( 全う )
  できますように。

  この命
  この心
  この身を
  大切に
  できますように。

  できれば、
  おたがい
  みんなと
  ともに。

 厚顔 無恥
愚僧  萬拝

PICTURE  11-22-2014

      AUTUMN       HAS     COME     LITTLE    BY    LITTLE    ,   
                           STEP     BY    STEP   ,    DAY    BY      DAY    .

 001.JPG
    
           <     FROM    THE    LEFT    >(   左から )

       ARASHI-YAMA (   mountain ),  OOI-KAWA(   river   ),
            KAME-YAMA  (  small   hill   ) ,  OKURA-YAMA  (   behind   hill   ),
                 ATAGO-YAMA  (   a   small   bump   )  .

   嵐山(  カーブ しています )、 大堰川( おおい、 大きい「 せき 」あり )、
      亀山( 公園です、天竜寺の裏山 、丘みたい )、
        小倉山( おぐらやま、あんこ発祥地、二尊院等の裏山 )
          愛宕山( あたごさん、 コブ瘤一つ比叡山より高いとか、、)

 002.JPG

   TOGETU-BASHI (  bridge  )  ,   HIEI-ZAN ( mountain )  .
             
             WHAT    A    BLUE     COLOR   /

       渡月橋 と 比叡山、
      なんという 美しさ、 青色の世界。

 005.JPG

 007.JPG

     WELCOME   ,   MY   NEW   FAMILY   .
                     It  is  a  little  cold   this  morning  ,  is  not  it   ?

              <     HOW   CLEAN .  >

 009.JPG

    [   ARASHI-YAMA–KANNON  ]    嵐山 観音  
    < daihiyaku   senko-ji-temple   >  大悲閣 千光寺

    仏さま・観音さまの、慈悲の( 光 )が、
                   無限( 千 )にひろがる。

011.JPG

   屋形船からの  風景の  なんという  すばらしさ 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 023.JPG

 021.JPG

 017.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 018.JPG

    やまふかく   いのりいのられ  ここにあり
       ときのうつろい  うつろうままに     ( ・ )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  「  ONE    CAN    REMOVE    GREED   BY    CHERISHING    COMPASSION    ,
             ONE    CAN    REMOVE    ANGER    BY    TENDERNESS,
             ONE   CAN    REMOVE    SUFFERING    BY    GLADNESS ,
             ONE   CAN    REMOVE    THE   HABIT   OF    DISCRIMINATION   OF
                   ENEMIES    AND   FRIENDS    BY   CHERISHING
                        AN     EQUITABLE    MIND   .

             「 慈 」( じ )を、修め身につけると、
        「 貪り 」( むさぼり )の心を たてる( 断てる )。

     「 悲 」( ひ )を、修め身につけると、
        「 怒り 」( いかり )の心を たてる( 断てる )

     「 喜 」( き )を、修め身につけると、
        「 苦しみ 」を たてる( 断てる )

     「 捨 」( しゃ )を、修め身につけると、
       「 恩  と 恨み 」( おん と うらみ )の
        いずれに対しても、 差別を みないようになる。     」

     <  THE   TEACHING    OF   BUDDHA  ,仏教聖典より >

、、、、、、、、、、

    GOOD    DAY
           GOOD   LUCK
              I    heartily   pray  .

          monk   of    arashiyama
              zangetu
                join   my   hands   together
                      APPRECIATION

     <   WISH   to   enter    into   a   life   of    enlightenment    Together &
nbsp; >
                      SEE     YOU 
   
 

 

11月21日(金) 「 心は 一つ 」 その7

  昨日
 「 無量 」 の< 心 >に
 ふれましたので、それを
 つづけ たく 存じます。

 「 量 」( りょう )が
 < 無い >。

 「 はかる 」( 計る、測る )
 ことが
 < できない >< 心 >
 とは 何か ?

、、、、、、、、、、、、

  なんでも、
 計算、数量化して
比較し、ランクづけする
< この世 >
< 日本社会 >
< 現代世界 >
 に おいて、

 「 数量化 」されない
世界は、
あるのだろうか?

  数量化に
 よって、社会・組織・世界
 は、
 より、発展・発達・繁栄・
 改良・改革・効率化・・・
 されてきた
   のかもしれません。

、、、、、、、、、、、、、、、

  小生も、
 みなさまも、

 名前あり
 00センチ
 00キロ
 体力
 知力
 ・・・・・・

  色々
 計られ
 数量化され

< 決めつけられ >
 いやな
 ことで
 ございます。
 ( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、

 この
< 世間 せけん >の
< 決めつけ >
< レッテル はり >
 に、

 負けない、
決して負けない
< 数量化されない >
< 計れない >
何かを

 身につけよう
では、ございませんか。

、、、、、、、、、、、

  しかし、
 自分自身
以外からの
ものだと

 消えて
しまいます、
 とられるかも
しれません。

 < 無限 >の
「 かがやき 」
「 価値 」 ある

 ダイヤモンドを
もっていたと
しても、

 無くならないか
心配で
眠れません( 大笑 )

、、、、、、、、、、、

 そういえば
ダイヤモンド は
< 金剛石 >
「 こんごう せき 」と

 いいました( 微笑 )

、、、、、、、、、、

 そういえば、
「 無量 の 心 」
「 わたしたち
  人間の 真心 」
 を

『 金剛 心 』と

 言い、
名づけて
いるような気が
いたします。

 とりあえず、
あえて、
べんぎじょうだと
存じます。

 自分で
名前を
つけても
いいのですから
( 大笑 )

 つづき ます

  とりとめもなく
駄弁を 弄して
 しまいました
  おゆるしを  。

 されど
  敬と愛を
 こめて、

 この「 生命 」を
  力強く、歓喜にみちて
   ともに、
 全うせんが ために。

 残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、

 005.JPG

 004.JPG

 021.JPG

        まだ  まだ でございます

 009.JPG

 006.JPG

 001.JPG

  失礼いたします
 末筆ながら
 よき一日で
  ございますように。

 背筋を 伸ばして
  深呼吸 
  「 宇宙と一つ 」
  「 天地
    万物 と 一体 」
  なり。

 厚顔 無恥
   愚僧 萬拝