8月31日(日)  雑感 随想  4

 故郷の子ども時代を
思い出します。
 「 8月31日 」、
『 夏休みも、
     おわりだ 』
という、
満足感と
 残念な気持ちと、
 宿題のことで、
  なにがしかの、
焦燥感も
 よみがえって
   まいります。
  ( 微笑 )

  、、、、、、、

  しかし、
 頭の中には、
 『 31日 』 から

「 12月31日 」も
浮かんできます。

 年末年始も
忙しい。

 1月10日過ぎると、
年末年始忙しい
方々のお休みで
また、忙しくなる。

 2月は、
本当の意味で
迎春で、
いつも、なにかしら
変化がはげしい
気がいたします。

 一年中
忙しい
わたしたちで
ございます。

 しかし、
『 一年中
 ヒマな
 わたしたちで
 ございます。 』
と、
思って
生き抜きたく
存じます。
( 本当は
( 実際は
( そうかも )
 < 微笑 >

 戯言
( たわごと )
( ざれごと )
 でした。
 < 笑 > 

 これが、
愚痴なのか ?
反省いたします。
 < 大笑 >

 秋が始まります。
気合をいれて
覚悟して
進みます。

 どうか、
よろしく
お願い申し上げます。

駄弁でした
 おゆるしを。

 残月  合掌

<  科学いう
  時間空間
  無き世界
  ああ
  これこそが
 真の安らぎ ?>

失礼いたします。
残暑に、お互い
 注意したい
   もので
  ございます。

 末筆ながら
  よき一日で
 ございます
  ように。

 愚僧  萬拝
  
  

Picture < no, 9 > 8-30-2014

   二匹の猫です。
ここに、住んでいます。
でも、昼間は、なかなか
姿を見せません。
 
 セミ・トカゲを食べ、
小動物と格闘する
山猫のように
なっています。

 15年ほど前の
傷ついた捨てられて
いて、寺院で回復した
黒猫の子ども
たちです。

 五匹いましたが
今は、残念ながら
この写真の( きび )
と( むぎ )です。

 おもしろい事に
「 とても強いメス 」と
「 とてもやさしいオス 」
が、ここの
過酷な( 笑 )
環境を生き抜いて
います。
  ( 微笑 )

  WE  MET   ONE   BLACK    CAT    

   15   YEARS    AGO ,

   AT    THIS     MOUNTAIN

   SHE   WAS    INJURED .

   BUT   

   BLACK    CAT    GAVE    BIRTH

   TO    FIVE    CHILDREN  .

  —————–

   MOTHER    AND    CHILDRED

  HAD   A    VERY    GOOD   TIME

  WITH     OUR  .

  ——————
IMG_0140.JPG

                 <      HIS    NANE    IS      [     KI BI   ]    >

   NOW,

   TOW    CATS    ARE    LIVING .

   OLD    GIRL    AND    OLD    BOY

   ARE    VERY     FINE

   IN    THE    MOUNTAIN

   AND

   IN    THIS   TEMPLE 
   AT   NIGHT .

  —————–

  WE     CANNOT    SEE    CATS
   DURING   THE    DAYTIME  .

   I    AM     SORRY . 

  IMG_0141.JPG
                              
           <     HER    NANE   IS    [    MUGI   ]     >

   I   AM    SORRY

  I   HAVE NOT    NEW    PICTURES  
 OF    CATS.

     I    must    say    good – by  ,
          see   you    again .

                     monk   of   arasiyama,

 

8月29日(金)  雑感 随想  3

   雑感とか
 随想で、ちょと
お休みさせていただき
ます。
 ( 心・思いの
   おやすみ
   です。 )
 ( 微笑 )

、、、、、、、、、、、

 秋がくる
ほんとうだろか
わからない
きめつけはなく
そんなけはいか

 冬がくる
秋ではないか
ふつうなら
しかしなんでも
へんかするかも

 春がくる
秋冬とばし
春がくる
さすがにそれは
ありえないかも
 ( 笑 )

 夏がくる
やっとおわって
いくときに
常夏なんて、
ありえるかもね
 ( 大笑 )

 えいえんに
しずかにつづく
このこころ
しきのへんかも
すべてはなれて
 ( 微笑 )

駄弁駄歌ながら
 敬と愛を
  こめて

残月  合掌

< ホームページ
 の、ブログ以外が
 はずかしながら、
 進んでいません。

 ここに、
お詫び申し上げます。

 一歩一歩
進めて行きます。
もう少しお待ち
  くださいませ。

 ブログの
「 PICTURE  」を
英語圏の方々に
G.C.C. 体験の
方々に、御覧いただ
きたいと、
相談しましたら、
トップページが
english と
japaneseとに
選択できるように
していただきました。

はたして、
BLOG まで
きてくださる
だろうか ?

 内容は、
まさに空っぽですが
これからの
充実です。
 ( 大笑 )
( できるか ? )
( できるさ )
( やる )
( 微笑 )  >

失礼いたします。

末筆ながら
 よき一日で
 ございます
  ように。

恥知らずの
愚僧  萬拝

Picture < no, 8 > 8-28-2014

     TOGETU-BRIDGE  <  see   no, 6  >

  IT   STOPPED   RAINING    YESTERDY  .

  NOT  SWOLLED   THE   RIVER    NOW .

  BUT ,    BOUT    CANNOT    MOVE  .

 I  AM    SORRY .

      昨日の、嵐山 渡月橋です。
  < no,6  の 写真、参照 >  

 雨は、止んでました。
 増水では、なくなりました。
 しかし、船は 動けません。
 残念です。

  016.JPG

015.JPG

017.JPG

                    BOUT     ON     THE    GROUND .

       

8月27日(水)  雑感 随想  2

 「 和尚 日和 」の
これからを考えました。

 今までのブログと
「 PICTURE 」を
一日おきに、
しようかなと存じます。

 ここ数日、
二つでしたが、
やはり、時間がかかり
すぎます。
( 微笑 )
( 今の小生では )
( 大笑 )

 海外の方々
アメリカの旅行者との
真剣な対話、
楽しい交流が
この秋から再開され
たら、
毎回、picture 
と共にご報告
いたしたく存じます。

 すると、やはり
二つになるかも
しれません。 むむ。

 もっと、
現代技術、
パソコンの機能を
使いこなさなくては
なりません。
 ( 微笑 )
 あくまで、
お互いの幸福の
ために。
 ( 微笑 )

駄弁を弄しました
  おゆるしを
  敬と愛を
   こめて

 残月  合掌

<「 あたえる心 」
   とは何か ?

   てもあしも
  いただきもので
  ございます
  ことばというは
  あいのかたまり

   あたえられ
  あたえてもらい
  うまれきた
  さあさあ、なんじ
  どこまで、きづく

   もしかして
  あてえられたと
  きづくひと
  あたえることが
  らくかもしれぬ

   きづくこと
  じかくすること
  たいせつさ
  しずかにいのち
  みつめあじあう

  「 神仏や
  命・心を育てます
  神に感謝し
  仏を念ず 」
  ( 24日 )  >

 失礼いたします。
  よき一日で
   ございます
    ように。

 愚僧  萬拝

8月26日(火)   雑感 随想

 昨日を、27日と記述
して、しまいました。
ちょと疲れたかなと、
甘い思いをもったりする
昨日今日でございます。
 ( 微笑 )

しかし
ゆっくりと
足をのばして、
静かに、数時間眠れ
たら、この世の
至福でございます。

 あわただしい
8月の、盂蘭盆
     地蔵盆
が終わり、
9月の御彼岸の準備の
前までの数日間、
ふつうの寺院・僧侶の
方々は、しばし休息・
骨休みのことでしょう。

 弱小寺院は
休めない。
いえ、休んでます。
 坐禅も至福です。
    大休息です。

 山寺の
大工仕事に
清掃整理を
しなくては、
その資金のための
托鉢もいかなくては。

 里寺は
彼岸の準備も。
ここでは、
毛筆を使うので
悪筆も、徐々に成長し
ているような気が
いたします。( 笑 )

 この8月、20数年ぶりに
歯科医院へ、行きました。
伝統道場に入る直前に
行ったきりでした。
  治療の所ですが、
先生いわく
 「 よくもったなー 」
としみじみ、
おっしゃられました。
 「 ほんとです。
   先生の
   おかげです。 」
     ありがたい。

  海外の
 アメリカからの
 ツワーは、1度だけ
 でした。
  9月10月11月に
 来てくださいます。
  ありがたい事で
 ございます。
 「  お茶と
    坐禅の体験 」
 です。

   ブログの
 < picture  >は、
 英語が苦手な
 拙僧の窮余の一策
 でございます。
  しかし、
  「 写真を入れて 」
 といってくださった、
 長崎の従姉に
 やっと
 お応えできました。
  おそくなり
 すみませんでした。

 ( すべてに
 おいて、
 おそすぎます。
 おゆるしくださいませ。

   おおくのかたがた
 に ごめいわくも
 おかけしていると
 ぞんじます。

   ほんとうに
 すみません。
 ぐそう、わすれている
 ことも あるかも
 しれません。
  どうぞ、
 きびしく、ちゅういを
 おねがいいたします。

  ごじひのこころで
 おねがいもうしあげ
  ます。  )

 駄弁です
   すみません
 残月  合掌

<「 坐禅のすすめ 」の
  57577 の 短歌は
   つづき ますが、

   どうぞ、
   ご実行を。

   ・ 5分間
    死んだふり、
    かわいい虫
    みたいに。
     ( 微笑 )

     イスで
    いいですよ。

     全てから
    離れて、
    深呼吸を。>

 失礼いたします。
  敬と愛を
   こめて。

   末筆ながら、
 よき一日で
  ございます
    ように。

 愚僧  萬拝

picture < no, 7> 8-26-2014

    MEMORIAL FESTIVAL   of     SENKOJI   TEMPLE 
                    on    river    at   arasiyama.

               very   important   person
                            in    KYOTO,
                            in    this   TEMPLE.
                 (   the  temple  was   founded
                       in   1614   by   suminokura    ryoui  )

        ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

 
suminokura    ryoui 
   角倉  了以       
  ( 1554?1614 )   400 年祭
  (    in   picture   )

   「  ・ 了以忌
      ・ 川施餓鬼
      ( かわせがき )  」

  399回忌( 2年前 )に、
 途絶えていた法要行事を
 「 小川 貴子 先生 」の支援により、
 復活させていただく。
  ありがたし、大感謝。

  来年からは、
 秋に開催厳修いたしたく存じます。
 多くの方に、参加していただきたく
    存じます。

 大堰川( おおいかわ )
 渡月橋上流にて

 屋形舟による法要
 は、実にすばらしいです。
    

751.JPG

762.JPG

765.JPG

8月27日(月)  地蔵盆  10

  餓鬼道
 餓鬼の世界は、

 水がない、
 食物がない、
 という
 生活・世界は、

  まだまだ、
 地球上の人類
 人間社会には
 あるようです。

 この事を考えると、
 死後の世界の事より

 現実の
 「 餓鬼世界
   地獄世界
   畜生世界
   修羅世界 」を

  解決
  解消したいもので
  ございます。

 『  戦争  』は
 地獄・修羅の世界を
 うみだしている
 事でしょう。
 餓鬼も。
  もしかして、
 天上も ?
  人間の悪だ。

  、、、、、、、、、、、

 目連尊者の
 母上さまが、

 どなたにも
 やさしく、
「 あたえる心 」で

 接することが
 できたら、
 よかったのでしょう。

「 あたえる心 」とは?

何ももってないよ、
余分なものなの
ないよ、
人が、喜ぶものなど
ぜんぜん持ってないよ、
と、
思いがちです。

  でもちがいます。
『 おもい 』
『 えがお 』
『 ことば 』
『 まなざし 』
『 おてつだい 』
 ・・・・
 などは、
何もいりません。

 いや、この
≪  心  ≫は
どのようにして、
つくったらよいので
しょうか ?
 人間の仕事・使命
は、 この心を
自覚することかも
しれません。

  そして
少しづつの実行。

  つづき ます

駄弁ながら
  敬と愛を
   こめて
 残月  合掌

<  5、
   じぶんとは ?
 なにものなのか
 なんなのか
 てとあしすてて
 かんがえつくす。

   6、
   じぶんとは ?
  なにものなのか
  なんなのか
  なにをどれだけ
  たべているのか?
     
   一歩一歩
   すすみたい >

 失礼いたします

  ゆっくりと
   息して
     心を
     念を
    こめて

   よき一日で
  ございますように。

 愚僧  萬拝

 

picture < no,6> 8-25-2014

003.JPG

  kyoto   arasiyama
  togetukyo-bridge ,  yesterday.

 yakatabune(  boat  with  roof  )
 cannot   move  to  our   temple.
because    heavy    rain

002.JPG

8月24日(日)  地蔵盆  9

  お釈迦さまの
 十大弟子の一人
 目連尊者の母親は
 何故、
 「 餓鬼 」道・世界に
 おちたの
 でしょうか?

   私たちも、
  おちてしまいそう。
 でも、どうして ?

  それは、

 「 心に

   ものおしみ
   ねたみ

   がうまれて

   他の人に
   食べ物を、

   ほどこし
   与えようと
   しなかった。 」
  
  からだ、
  そうです。

  反省です。

  つづき  ます

  、、、、、、、、

  今から
  東山の方の
  ある立派な庭園に
  ございます
  地蔵堂に
  お参りに
  行ってまいります。

ご説明です
  敬と愛を
   こめて

 残月  合掌

<  4、
   なにもせず
  ゆっくりすわり
  かんがえる
  せすじをのばし
  かんがえつくせ

    5、
   じぶんとは ?
  なにものなのか
  なんなのか
  てとあしすてて
  かんがえつくす >

 失礼いたします。
  呼吸をととのえ
   念ず、
   よき一日で
   ございます
     ように。

 愚僧   萬拝