6月19日(木)  信仰とは ?  5

   宗教は
  アヘン麻薬と
  人のいう
1 「 自己の快楽
   全てを捨てる 」

2 「 今を楽しみ
   明日を捨てる 」

3 「 現実のみで
   理想を捨てる 」

4 「 悲苦なれど
   感覚を捨つ 」

5 「 自分のみかな
   家族を捨てる 」

6 「 中毒になり
   からだを捨てる 」

   正しく
  受けること、
  「 正受 」
 ( しょうじゅ )を
 大切な事として
 時々、語って
 まいりました。

  しかし
 次がございます。

  禅宗の修行者を
 < 雲水 >
  ( うんすい )と
  よびます、
  まさに、
  自己否定
  のすばらしさ、
  なのですが、
  自分を捨てる
  ことが、
  自己放棄
  無責任に
  なりかねません。

  悪くなれば、
  悪くすれば、
  命令次第
  権威のママ
  権力のママ

  に、
  なりかねません。

  あらゆる
  宗教に、
  あてはまる事
  と存じます。

  現実を受け入れる
  だけで、
  現実を変革しない、

  恵まれた方々の
  ご趣味に
  なりかねません。

  また、
  宗教信仰は
  知性がおとる
  人々や、
  奴隷のために
  あるのだ、とも。

  でも、
  本当はちがいます。

  そのような
  側面・弱点は
  ございますが、

  本当は、
  真の意味は
  ちがいます。

  「 正受 」の次が
  あるので
  ございますから。

   つづき ます

 駄弁ながら
   天地のために
  敬と愛をこめて

 残月   合掌

<  つらい
   かなしい
   くるしい
   不平
   不満
   不服

 1 自分の成長
       改革
       改造
       変化

 2  自分以外
     ( 宇宙 )
     ( 地球 )
     ( 世界 )
    ( アジア )
    ( 日本 )
    ( 東北 )
    ( 九州 )
      ・・
      ・・
    ( 町内 )
    ( 親族 )
    ( 家族 )
    ( 友人 )

    の成長
     改革
     改造
     変化

  自分と自分以外は
  本来、一つ
  ですが、
  、、、、

  1 を第一に
    そして
    第二段階で
    2 へ
  やはり、
    2 からだ
  どうしても
    2 からだ

  1 しか できない
    死、
   「 個人の死 」は
    1 である。

  1 と 2 の
  バランス
  調和が
  大切
  なのでしょうか?

    つづき ます >

  飛びながら
   失礼
    いたします。
  末筆ながら
   よき一日で
  ございますように。

 愚僧   萬拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です