5月16日(金)  仏とは ? 2

   昨日の駄歌

 「  世と我を
   両方忘れる
   その時に
   無限の慈悲が
   われらをつつむ 」

   世の中に
  我ありてこそ
  楽しけり
  我ありてこそ
  苦しみ多し

   世の中の
  我らをてらす
  月あかり
  やさしき光
  心をつつむ

   世の中の
  我らをそだつ
  日のひかり
  あつき光よ
  命をつつむ

   世を愛す
  古人の言葉
  身にしみる
  この世は
 「 虚仮(こけ)」ぞ
 仏のみ「 真(しん)」

  虚仮とは?
 世間のことは
 変化する
 まさに無常の
 世界なりけり

  無常なる
 この世てらす
「 ほとけ 」さま
 あらゆるものを
 あいしてやまぬ

  無常とは?
 常( つね )
 なるものは
 ありませぬ。
 さびしきこの世
 かなしきこの世。

 駄弁の駄歌
  なれど
   敬と愛を
    こめて
  残月  合掌

<  午後

   「 坐禅する
   坐禅したいと
   人がくる
   世と我をかな
   すてる覚悟を

   坐禅したい
   この思いとは
   尊き心
   たいせつな人
   ほとけの心

   経を読む
   ただ一心に
   ひとすじに
   一時間だけ
  我すてるかな
   ( 微笑 ) 」

 飛びながら
   失礼いたします
  末筆ながら
   よき一日で
  ございますよう。
  一日一生、
 ほんとうは、
  一瞬一生。
  ( ああ、
   むずかしや )
   ( 大笑 )

  愚僧  万拝

 
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です