4月26日(土)  たけのこ

  竹の子や
 どうしてこんな
 うまいのか
 のびゆくちから
 いのちのちから

  竹の子や
 水でゆがいて
 そのまんま
 春の命が
 からだにみちる

  五十五すぎ
 いのちのちから
 よわくなり
 竹の子われを
 たすけささえる

  アスパラや
 どうしてこんな
 うまいのか
 のびゆくちから
 いのちのちから
   ( 微笑 )
 

  竹の子や
 アスパラガスは
 兄弟さ
 姉か妹か
 おんなじ命

  あらしやま
 おおくの命
 ささえます
 ひとにさるしか
 新緑うまし
   ( 笑 )

  新緑や
 おおくの命
 ささえます
 さるしかひとよ
 おんなじ命

  うつくしや
 山の新緑
 うまかろう
 うまさすまなさ
 命のせかい

  ひといきる
 うまさすまなさ
 ありがたさ
 ひとをおもいて
 おひとにつくす

 駄歌なれど
   敬と愛をこめて
  残月  合掌

<  この世から
 悲しみ
 苦しみ
 つらさ
 痛み
 不安
 いらいら
 いらだち
 うらみ
 にくしみ
 けんお
 、、、、、
 、、、、、

 すこしでも
 へっていき
 あらゆる
 命が
 その生を
 全うできます
 ように。

 ふりかえり
 はんせいし
 ひび
 けんきょに
 そして
 ゆうかんに
 いきていきます。

 どうか、
 おまもり
 くださいませ。

 まちがい
 てちがい
 かんちがい
 を
 あまり
 しでかさないように
 おみちびき
 くださいませ。
 しょうせいを、
 ぐそう、
 ざんげつを >

失礼いたします。
末筆になりましたが、
 よき一日で
 ございますように。

 愚僧  万拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です