9月30日(月)  絵画( 絶景 )の完成、展示。

   客殿からの眺望の絵画が、完成いたしました。
< 絶景 >と、宣言いたしてます、景観でございます。
小生、数年前から、< 京都一 >とまで申しています。
( 笑 )( 大笑 )。

  でも、なかなか、いい写真が撮れません。
( パノラマ、広角レンズならいいのでしょうか? )

  すると、ありがたいことに、不思議な事に、
絵画を制作した経験のお有りの方が、身近に
いらっしゃるではございませんか。
  いつも、御寺を助けてくださっている御方です。
力仕事もおできですし、案内もしてくださいますし、
なんでもおできになる御方と、常日ごろ、
感謝てましたら、
なんと、< 日本画 >も習ってられて、
グループの展覧会にも、出品されてられるとの、
ことでした。

  
  御願することに致しました。
次の展覧会には、大悲閣客殿からの、
< 京都一の( 絶景 ) >を
えがいていただきませんか?と。
  すると、ありがたい事に、
「 いいですよ 」とおっしゃられるでは、
ございませんか。 ありがとうございます。

  先の冬から春、そして初夏に
御完成、展覧会、この秋≪ 展示 ≫と
あいなりました。 ありがとうがざいました。

  大きな絵画です。 ( 00号 ? )
どこに展示されているのでしょう。

  渡月橋、正確には渡月小橋から、
始る< 大悲閣道 >1200メートルの
最初の階段の横でございます。

  つまり、小寺院の真下でございます。
画伯の御理解・御了解のもと、
傷みを覚悟の上にて、
屋外展示とさせていただいて、ございます。

  どうぞ、皆さま御覧くださいませ。
ここから始まる、階段と坂道が、
体力的に困難な御方は、
 < 絵画 ( 京都一の絶景 ) >
を、あじあってくださいませ。

  足腰が、標高100メートルを
問題になされない方々は、
御自身の御目にて、あじあってくださいませ。

  10年ほど前は、京都タワーがよく見えて
ましたが。樹木が、大きく成り過ぎて、
残念ながら、見えなくなってしまいました。
  海外の方々には、京都の全体像が
つかめると、好評でした。
  公有林です。
行政の方々の、御理解をいただきたい点で
ございます。  むずかしいでしょうが、
どうかよろしくお願い申し上げます。
(  陳情になってしまいました )

                 つづき   ます

  大悲閣の画伯に、感謝をこめて。

                残月     合掌

<  清き光が  伝わりますように  >

<  悲しみ   苦しみが
      少しでも  へりますように  >

<  御病気の  ご回復を    >

            失礼いたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です