7月31日(水) <無限の身体><無限の心>10

        思えば、私たち人間は、

      < 無限の身体 >< 無限の心 >
      < 永遠の身体 >< 永遠の心 >
       の感知・感得を、
       究極的・根本的、
       本能・ 欲求・ 欲望・ 目的・ 理想
       として、
       「 戦争 」をおこし
       「 文化 }をうみ
       「 文明 」をきずいて、来たのかもしれません。

       「 ケンカ を する  」
       「 言葉 を つかう 」
       「 道具 を つくる 」  。

       熟考すれば、
   < 無限大の( 自分の )身体 >< 無限大の( 自分の )心 >
    と表現する事ができます。

       すると、私たちは、根本的本能として、
 < あらゆる存在を、自分自身の身体ように、自由自在に使いたい >
 < あらゆる存在を、自分自身の心のように、自由自在に使いたい >
     と、欲望しているのかもしれません。

       すると、まさに、
    人間の悪い面である、(  いい面も ございますが  )
 < 支配・被支配 の 世界 >に、なってしまいます。

    人間の悪い面である、
 ≪  権力  けんりょく  ≫
 ≪  権威  けんい    ≫の、暴走・横暴が生じます。

    いい面として、
  集団・組織・社会・国家・世界の 
      調和・平衡・安定・秩序ある
          発展・成長・繁栄のためには、
      
            どうしても、
            必要な事 のようですが。

     とにかく、
   私たちが、幸福をもとめる場合、
 < 無限の身体 >< 無限の心 >を求める場合、
  本質的にも、 歴史的にも、  ≪  悪い面  ≫も、
 『  あるのだ、また、あったのだ、今でも、あっているのだ。 』
  と、頭に入れていながら、共に考えていかなければ
      ならないか、と存知ます。

                       つづき  ます。
                   ( 人間の純度などに ついて )

     駄弁でございますが。       残月     合掌

 <  今日  一日が   しあわせで  ありますように >

<  悲しみ  苦しみが  すこしでも  へりますように  >

< 御病気・御ケガの( なかま )の、
       一日でも お早い   ご回復を   >

             走りながら、失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です