7月28日(日) <無限の身体><無限の心>7

      < 無限の身体 >< 無限の心 >
      < 永遠の身体 >< 永遠の心 >

    昨日は、< 身体 >を中心に、考えてみました。
    今日は、< 心 >について、考えてみたいと存じます。

       <  無限の心  >とは、何か?
       <  永遠の心  >とは、何か?

     厳密に考えてみたいです。
     (  分からないかも、知れない。
     (  納得いかないかも、しれません。
     (  でも、各自がきちんと、在る程度まで
           考えてみなければ、
              いつまでたっても、
          分からないに、安住してしまいそうです。(笑)
        曖昧( あいまい )に、逃げてしまいそうです。(大笑)
        それは、それで、いいのでしょうが、

           私たちが皆、( 大笑 )
        この苦しく、この悲しみ事が多く、
         大変なこの世を、
           生き抜くきたいと覚悟を決めた場合、

        どうしても、   <  強い 心  >
                  <  自由な  魂 >
                   が、必要であり、

            < やさしい愛の人 >にならなければ、
                   おもしろく、ないではありませんか?

           不平・不満・不服 ばかり、ブツブツいって、
             この世を、過ごして、よいのでしょうか?
                全然、おもしろくない、つまらない。

           また、 ブツブツいってる人と、仲良くできませんね、
           いっしょに、ブツブツ言わないかぎり。( 笑 )

          とにかく、このような思考・考察において大切なことは、
            < 解決したい ・ 納得したい  という意志 
                  を、持ち続ける事が とても
                       大切でございます。 >

            自分を ごまかす事は、いくらでも できます。
             たくさんの、方法・手段はございます。( 笑 )

         でも、≪  ねがい  ≫を、もったのであれば、
          つまり、<  強い 心  >
               < 自由な 魂  >
               < やさしい愛 >を、持ちたいと
                    願ったのであれば、
                    欲を出したのであれば、(笑)

                覚悟をきめなくては、ならないと存じます。
          「  自分を、ごまかさない。
              人さまを、( 自分以外 )を、ごまかさない。 」と。

       それと、私たちは、世界を広げていかなくてはならないです。
            <  自分の世界  >を広げたいものでございます。
      学校でいう、「 地理 」 「 歴史 」でございます。
       世界は大きい。  広く深い。  学ばなければならない。
           本気で、学ばなければ、ならない。
             まさに( 無限 )を相手の、学びです。
         この世を、 この世界を  愛さなければならない。
            もうすでに、愛していますか。( 笑 )
      
            学ぶ事と、愛する事は同じです。

             愛すれば、愛するほど、
           関心・興味をもてば、もつほど、
          この世の、この世界の、苦しみ・悲しみが、
        感じられて、なりません。
           どうしたら、よいのであろうか?
           どう、考えたら、いいのであろうか?
           何故、なぜ、そうなのか?
              解決の方法は、ないのであろうか? と。

                         つづく

     
   < 無限の 心 >を考えるための、「 まえがき 」 のつもりが、
       駄弁を弄しています、おゆるしくださいませ。

                      残月       大合掌

   < 今日という  貴重な  一日が
          充実した  しあわせを、味会えますように。
       全てに、感謝しつつも、
          自分の( つとめ ) を 
              きちんと できますように。
       
          逆境のお方も、いらしゃる事でしょう。
             お役に、たてませんが、
               暑いので、御無理なさられず、

          ( 無限なる何か )を、
               お信じいただき、
                お信じいただき、
                 のりきっていただきたく存知ます。

               ここに、 ささやかな、御祈りを
                        ささげます 。 
                                     >

                         失礼いたします。
        

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です