7月19日(金) 言葉・ある詩・ invictus 4

         新聞によります( 南アフリカ・ヨハネスブルク )

    朗報 <   「  容体、著しく改善  」 と 家族。  >

        マンデラ氏は

      「  ヘッドホンを着けてテレビを見ており、笑顔を浮かべた。
           目や手の動きで意思疎通している。  」
               ・ 人工呼吸器が使用されているという。

       数週間前ですか、氏の< 墓地 >をどこにつくるか?
     で、御家族の間で、裁判になっていましたね。
       私たち人間の、考えたり行ったりする事は、
     世界中、共通ですね。  無事、決定したそうです。
     よかった。 ( 微笑 )

       「  英雄を  必要とする国民は  不幸である  」
     マンデラ氏は、まさに、英雄でなく、
         独裁的 暴君でなく、
       『  我らが  良き隣人( りんじん ) となりの人  』
         なので、ございます。
           そのように、語られています。
         だからこそ、良き仕事が、達成されたのでしょう。

    
          私たちが、めざすものは、
        この 「  良き 隣人  」 なので ございます。
           どのような、公的立場につこうとも。

           <  隣人とは仲が悪いものである  >を、
        十二分に、ふまえて、
       できるだけ、精一杯にでございます。
       相手から観れば、こちらが、まさに、
          <  やっかいな  隣人  >なのでございます。

       君子の交わりは、水の如く淡い 。  
          君子( くんし )( 目指したい 理想の人間  )
          人との、付き合い、交流は、
          水の如く・ように・  淡い( あわい )
          べたべた しない。
          べたべた、 甘えあって ケンカする。 当然。 ( 大笑 )
          甘えない、できることは自分でする、 そして、
                 助け合う・ 支え合う。

          水の如く淡い、しかし、そして、  < 長い >。

          人間関係における、

              『  和  』  と  『   同   』

            のちがいを、各自、わからなければ ならない。
          識別できなくては、ならない。
          失敗・ 痛い目に合いながら、体験を積んで、
            体得しなくては、ならない。 (  儒学  儒教 です )

          映画 「 インビクタス 」 の監督は、
        クリント・イ―ストウッド氏で、ございますね。
        何も、語る必要もない、スター俳優さまですね。
      素晴らしい映画を、次から次え、作られてます。

          日本とアメリカの戦争を、
        各々の立場から、視点で、制作されてますね。
       小生、恥ずかしながら、まだ、観てません。
          努力不足です、覚悟不足、反省。 ( 笑 )

           とにかく、
       <  魂( たましい  )の  自由  >
       <  心( こころ ) の  平安  >
       <  身( からだ ) の  健康  >
       <  他( みんな ) の  幸福  >
       <  食( たべもの ) の 安定 >
       <  住( すまい ) の 安泰 >
           、、、、、、、、
          、、、、、、、、、、
        世界中、日本中、わが町において、
     ( おとなりさん )たちと、
     ( 身近な  なかま  )と
         家庭・学校・職場・地域・業界
         学級クラス・ 工場 ・ 事務所
        あらゆる尊き現場において、

     お互いに、心から願い、
    ( あきらめては  いけないのです 、 つらくとも )
     共に、築きあげて行きたいものに、ございます。

       むずかしい、むずかしい、
     だから、わたしたちは、なしていくのです。
       古人・先人に、学びながら。

          またしても、駄弁です。  でも、喜びとともに。
                   残月    合掌

   <   今日  一日が  しあわせで  ございますように  
           心 の 強さ
             魂 の 自由、あればこそ。
                 みんな、お互いに。      >
   <    御病気・ 御ケガの
            ( なかま )の
               一日でも早い、ご回復を。  >

            走りながら、失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です