2012-11-2 参詣者  (1)

   今秋・新客殿の大悲閣への参詣者第1番目はお方は、松江出身の92歳・85歳の御夫婦でした。なんと、60年前新婚旅行でお参りなさったそうです。   なんと、まあ、言葉にならない。
   しみじみと、思いました(改修できて、本当によかった。みなさま・万物のおかげです。神さま・仏さま。)85歳の奥様は、なんと、真言を唱えながら登山なさられて来るではありませんか。   なんと、おそれいります。 ありがたや・ありがたや・ありがたや・ありがたや・・・・・・・・御参詣のみなさま。

  < 渡橋月から1000m・そして200mの階段>     
拙僧も30年前に、学生時代に初めて入山した時の喜びと驚きは、忘れられない。  また雲水時代、自由時間を持てて大悲閣へ用事で向かう時に、感じた距離の長さ。                            

   ともかく、 江戸時代のあの豪商・角倉了以翁選べし、土地・霊勝地・天然勝境なのである。

   だいひかく  うつらうつらに のぼりきて  おかのかなたの
  みやこをぞ  みる             会津 八一

                                           嵐山  残月     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です