2012-11-1 準備(本日より、新客殿一般開放)

   新しい畳がすぐに傷むと、皆様がおっしゃる。それで、上敷きを敷くことにしました。  あるお寺から戴いてきました。15畳分です。   購入すると大変だなと思っていましたら、またまた有難い事になりました。仲間二人はそれぞれ、そうじ清掃・安全のために竹の仕事しています。とてもよく手伝いをしてくれます。またまた有難し。
   夜9時から1時まで、敷きと止めと拭く事にかかりました。  2・3日前から、参詣者が増えて来ています。 畳の上にお座りいただき、ゆっくりとしていただきたい。  目を閉じると、風を感じることができます。自分の思いを忘れると、水の流れている音が響いてまいります。  (人が居ないと眠れそう)
   懸け作り・入母屋つくりの、宝物、大切に守りかつ活用していきたいと存じます。 元翁が100年もつように改修内容を考えてくださいました。有難し。  36000日。 今、生きている人は、おそらく、たいがい、誰ももういない。 この世は、大変だ、辛い事・悲しい事・苦しい事がとても多い。  でも先人がなさって下さったように、私たちも精一杯努力したいものです。  時とともに変化しない、<真><善><美>を求めて。

        博士、宇宙における一瞬とは、どのくらいでしょうか?
                     君、地上の100年くらいだよ。

                                                残月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です