8-31 嵐山より

  本日より、大悲閣境内から、お話させてもらいます。  半年かかってしまいました。  なんという遅さ。なんでも遅い、よく今まで世間でやってこれたと、つくずく思います。  多くの人々の愛情とたいへんな忍耐の
たまものと、感謝いたしております。  知恩そして報恩行とは、この事をいうのでしょう。  実践あるのみ。   (急用につき、失礼いたします。)         
                           道忠    合掌